脂たっぷり激うまタチウオ、大型シーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

脂たっぷり激うまタチウオ、大型シーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

いよいよ観音崎沖の80~90mラインでタチウオが始まった。この秋から冬にかけてのタチウオ釣りの魅力は、数こそ夏の浅場の釣りには及ばないものの、なんといってもサイズがいいこと。脂がたっぷりと乗った良&大型がターゲットだ。


塩焼き、刺身、フライ…夕飯を想像しながら釣るのが楽しいっ! タナを探り誘いアタリを出してアワせる…プロセスがまた楽し!!

ターゲットは銀色に輝く憎いヤツ、凶暴な顔だが味はピカイチだ。

バタバタっ! と暴れるタチウオに驚くコジレイ。「歯は大変危険なので気をつけてね」。

「やった~!」とコジレイも思わず声を上げてしまった4本オーバーの大型。

ちょっとクーラーボックスちっちゃくないですか? 半日船で10本以上釣れれば十分!

9月下旬のアベレージは指3~3.5本。

これから寒くなるにつれさらに太くなるよ!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・新安浦港「義和丸」。

東京湾の釣りでもトップクラスの人気を誇る「タチウオ」が、観音崎沖の深場に落ち始めて大型シーズンを迎えている。
「指4本以上の大型がかなりまじってきました。10~11月は水深が80~100mとそれほど深くないので釣りやすいですよ」と新安浦港「義和丸」村上義人船長。冬場になれば150m以上も攻めるというから、まさに今が狙い目だ。
なんといっても、これからの時期の大型は脂たっぷり。塩焼き、刺身、フライなどと夕飯を想像しながら釣るのもまた楽しい!
楽しいといえば、この釣りはタナを探って誘い、アタリを出してアワせるまでのプロセスが楽しい!!
「アワセのコツは、シャクったときにモタレたらその時点でOK。竿先がチョコチョコしているときはもう遅いんです」とのこと。ん、これはどういうことだ?
ますます頭が熱くなる!!

手間を惜しまず、状況に合った仕掛けをセレクトしよう

ハイパワー&シンプル機能の「MAG MAX 300」(ダイワ)は、小型軽量なので手持ち竿で誘い続けるタチウオ釣りには最適!!

この「NEW 船天秤」(エヌ・ティー・スイベル)は仕掛けも絡まらず、アタリの感度も抜群。タチウオ釣りに最適。

エサはサバの切り身。ハリまわりはシンプルに夜光チューブだけが村上船長のおすすめ!

深場のタチウオ釣りのタックルは、オモリが重くなり終始手持ちで誘い続けることを考えれば、竿は短く軽く、電動リールも小型で軽く、といったようにバランスよくセッティングしたい。「疲れた…」と置き竿にしていては、脂たっぷりおいしいタチウオは釣れない。
「タチウオはエサを動かさなければ釣れません。待っていては絶対にダメです」と村上船長も言う。
よって竿は、1.8~2.4mと短いものがおすすめだ。最近は軟らかめの竿を使う人が多く、釣果もいいようだ。
仕掛けは市販品を使用しても自作してもOKだが、魚の活性に合わせてハリスの長さや太さを変えていくことは重要のようだ。
というのも、当日乗り合わせた常連さんは、魚の活性が低く短いハリス(1.5m)ではアタリが出にくいので、長いハリス(2m以上)のほうがいいと分かっていながらもそれを使い続けたところ、やはりアタリ数は少なく釣果も伸び悩んだ。
一方で、2本バリで3mという長い仕掛けを使ったコジレイは、渋い状況ながらもアタリ頻発。結果、半日で10本以上を釣り上げ竿頭となった。
ちなみに常連さんの釣り座は右舷ミヨシ、コジレイは左舷ミヨシ。北風だったので、釣り座の優劣はそれほど関係ないといっていい。
常連さんのように釣れないことを分かって実験的に試してみるというのならよいが、確実な釣果を望むのなら、このようなちょっとした手間は惜しまないほうがいいだろう。

ガツガツ明確なアタリの前に“モタレ”で合わせる

ポイントは観音崎沖80~90m。状況はかなり渋かったが、ヒットパターンを探り次々とハリ掛かりさせていく。「タチウオ、ホント楽しい!」とコジレイはかなりご満悦!

多くの人が悩むといわれる「アワセ」について書いてみたい。村上船長にそのコツを聞いてみると、
「シャクったときに竿先がクッとモタレますので、そのときにアワせてください。モタレたときにはもうハリまで食ってます。竿頭になるような人は、モタレた瞬間にアワセていますよ。ただ、慣れないとのこのモタレは分かりづらいんですよね…。実は、みなさんがよく“なかなか食い込まない”と言う竿先がチョコチョコしている(明確なアタリが出ている)段階ではもう遅いんです」
では、そのモタレを理解するためにはどうするのか?
「慣れるしかないですよね、こればかりは…」
習うより慣れろ。つまり、通うしかないってことですね…。これはかなり熱くなれそうだ。脂たっぷりのおいしいタチウオを求め、みんなで観音崎沖に通いましょう!

以上の記事は「つり丸」2012年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


初夏の名物ジャンボカサゴが釣れる! 東京湾カサゴ釣り(新健丸)

初夏の名物ジャンボカサゴが釣れる! 東京湾カサゴ釣り(新健丸)

今シーズンも東京湾のカサゴは、連日好調が続いている。今回、取材した金沢八景「新健丸」は、夏場はカサゴにターゲットを絞ったこだわりの船宿だ。


トップは50匹オーバー! 東京湾LTアジの仕掛け(つり幸)

トップは50匹オーバー! 東京湾LTアジの仕掛け(つり幸)

脂が乗っていて美味しいと話題の横浜沖周辺のアジ! 平日なのに10隻以上のアジ船が集まっている人気ポイント。その美味しいアジを狙って、4月23日に川崎「つり幸」さんの午前LTアジに乗ってきた。


仲間と楽しもう! 夏の仕立てにオススメ! 東京湾のLTアジ(健一丸)

仲間と楽しもう! 夏の仕立てにオススメ! 東京湾のLTアジ(健一丸)

夏が旬のアジ。これからの時期は身に脂が乗り、最も美味しくなる季節。手軽に狙えるので、とても人気があるターゲットだが、LTで狙えば道具も軽く気軽に楽しめる。


初夏のグルメ派釣行にオススメ! 旬のアジ釣り(猿島沖・義和丸)

初夏のグルメ派釣行にオススメ! 旬のアジ釣り(猿島沖・義和丸)

昨年来ずぅーっと好調続きだった東京湾猿島沖のアジだが、3月に入ってペースダウン。ほぼ周年猿島沖を狙う新安浦港の「義和丸」でも、他エリアでの釣りを余儀なくされていた。ようやく4月中旬になって復活の兆しが出始め、猿島沖の30m前後の浅場で食い出したと聞き釣行した。


夏の東京湾のお手軽ターゲット! 良型カサゴゲットだぜ!(五朗丸)

夏の東京湾のお手軽ターゲット! 良型カサゴゲットだぜ!(五朗丸)

東京湾のカサゴが好調に釣れている。鴨居大室港の「五郎丸」が狙うのは鴨居沖が中心。根を知り尽くしたベテラン、福本清行船長が案内してくれるポイントは、港のすぐ前から行程15分ほどと近い。午後から出船の半日釣りでもトップで20~30匹と十分な釣果が続いている。


最新の投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読