MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
脂たっぷり激旨タチウオ!大型釣りの仕掛けと合わせ方【図解】

脂たっぷり激旨タチウオ!大型釣りの仕掛けと合わせ方【図解】

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・新安浦港「義和丸」。いよいよ観音崎沖の80~90mラインでタチウオが始まった。この秋から冬にかけてのタチウオ釣りの魅力は、数こそ夏の浅場の釣りには及ばないものの、なんといってもサイズがいいこと。脂がたっぷりと乗った良&大型がターゲットだ。

塩焼き、刺身、フライ…夕飯を想像しながら釣るのが楽しいっ! タナを探り誘いアタリを出してアワせる…プロセスがまた楽し!!

ターゲットは銀色に輝く憎いヤツ、凶暴な顔だが味はピカイチだ。

バタバタっ! と暴れるタチウオに驚くコジレイ。「歯は大変危険なので気をつけてね」。

「やった~!」とコジレイも思わず声を上げてしまった4本オーバーの大型。

ちょっとクーラーボックスちっちゃくないですか? 半日船で10本以上釣れれば十分!

9月下旬のアベレージは指3~3.5本。

これから寒くなるにつれさらに太くなるよ!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・新安浦港「義和丸」。

東京湾の釣りでもトップクラスの人気を誇る「タチウオ」が、観音崎沖の深場に落ち始めて大型シーズンを迎えている。
「指4本以上の大型がかなりまじってきました。10~11月は水深が80~100mとそれほど深くないので釣りやすいですよ」と新安浦港「義和丸」村上義人船長。冬場になれば150m以上も攻めるというから、まさに今が狙い目だ。
なんといっても、これからの時期の大型は脂たっぷり。塩焼き、刺身、フライなどと夕飯を想像しながら釣るのもまた楽しい!
楽しいといえば、この釣りはタナを探って誘い、アタリを出してアワせるまでのプロセスが楽しい!!
「アワセのコツは、シャクったときにモタレたらその時点でOK。竿先がチョコチョコしているときはもう遅いんです」とのこと。ん、これはどういうことだ?
ますます頭が熱くなる!!

手間を惜しまず、状況に合った仕掛けをセレクトしよう

ハイパワー&シンプル機能の「MAG MAX 300」(ダイワ)は、小型軽量なので手持ち竿で誘い続けるタチウオ釣りには最適!!

この「NEW 船天秤」(エヌ・ティー・スイベル)は仕掛けも絡まらず、アタリの感度も抜群。タチウオ釣りに最適。

エサはサバの切り身。ハリまわりはシンプルに夜光チューブだけが村上船長のおすすめ!

深場のタチウオ釣りのタックルは、オモリが重くなり終始手持ちで誘い続けることを考えれば、竿は短く軽く、電動リールも小型で軽く、といったようにバランスよくセッティングしたい。「疲れた…」と置き竿にしていては、脂たっぷりおいしいタチウオは釣れない。
「タチウオはエサを動かさなければ釣れません。待っていては絶対にダメです」と村上船長も言う。
よって竿は、1.8~2.4mと短いものがおすすめだ。最近は軟らかめの竿を使う人が多く、釣果もいいようだ。
仕掛けは市販品を使用しても自作してもOKだが、魚の活性に合わせてハリスの長さや太さを変えていくことは重要のようだ。
というのも、当日乗り合わせた常連さんは、魚の活性が低く短いハリス(1.5m)ではアタリが出にくいので、長いハリス(2m以上)のほうがいいと分かっていながらもそれを使い続けたところ、やはりアタリ数は少なく釣果も伸び悩んだ。
一方で、2本バリで3mという長い仕掛けを使ったコジレイは、渋い状況ながらもアタリ頻発。結果、半日で10本以上を釣り上げ竿頭となった。
ちなみに常連さんの釣り座は右舷ミヨシ、コジレイは左舷ミヨシ。北風だったので、釣り座の優劣はそれほど関係ないといっていい。
常連さんのように釣れないことを分かって実験的に試してみるというのならよいが、確実な釣果を望むのなら、このようなちょっとした手間は惜しまないほうがいいだろう。

ガツガツ明確なアタリの前に“モタレ”で合わせる

ポイントは観音崎沖80~90m。状況はかなり渋かったが、ヒットパターンを探り次々とハリ掛かりさせていく。「タチウオ、ホント楽しい!」とコジレイはかなりご満悦!

多くの人が悩むといわれる「アワセ」について書いてみたい。村上船長にそのコツを聞いてみると、
「シャクったときに竿先がクッとモタレますので、そのときにアワせてください。モタレたときにはもうハリまで食ってます。竿頭になるような人は、モタレた瞬間にアワセていますよ。ただ、慣れないとのこのモタレは分かりづらいんですよね…。実は、みなさんがよく“なかなか食い込まない”と言う竿先がチョコチョコしている(明確なアタリが出ている)段階ではもう遅いんです」
では、そのモタレを理解するためにはどうするのか?
「慣れるしかないですよね、こればかりは…」
習うより慣れろ。つまり、通うしかないってことですね…。これはかなり熱くなれそうだ。脂たっぷりのおいしいタチウオを求め、みんなで観音崎沖に通いましょう!

以上の記事は「つり丸」2012年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読