MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【渥美半島・大山沖】シャクリで攻める黄金イサキ!スパーク中!

【渥美半島・大山沖】シャクリで攻める黄金イサキ!スパーク中!

東海エリアのブランドイサキとして知れ渡る愛知県大山沖「脂ノリノリイサキ」が大フィーバー中!ポイントの水深は30〜40m。メリハリあるシャクリで攻めるのが効果的!今後はゲスト多彩で、さらに楽しさ倍増だ!

大山沖メチャうまブランドイサキ!ゲストも多彩な釣行レポート

ポイントは、渥美半島の先端を回り込んだ位置にある大山沖だ

小刻みに入れたシャクリで食いダナをチェック。
発見したら直撃して、追い食いさせよう

グルメツウも頷く激うまイサキだけに、
大事にタモで取り込むアングラーも多い。その際は、頭からすくおう!

釣り方の基本はタナ内でコマセを振って待つだけ。
ビギナーやファミリーでも楽しめる!

釣れているサイズは、良型が中心

脂ノリノリ!

「良質な脂を全身にまとったイサキの数釣りが楽しめますよ」と常連さん

おいしそうなイサキ肥えている!

ハナダイ、ソウダガツオ、大アジ、ワカシすでに五目要素の兆しアリ!

ロッドは2〜2.4m程度の長さで7:3〜6:4調子。
リールは小型両軸か電動。道糸はPE3号が標準だ

カゴにサブマリンを使うのが当地流。仕掛けの長さは2.5mまでで、付けエサは配られる。

受付は、港の近くで漁師料理のランチも味わえる民宿旅館「松新」にて。
「リーズナブルな宿泊2食付きの釣りパックも用意しています」とは松下文弘代表の声

今回、取材にご協力いただいたのは、愛知・知多半島片名港「まつしん丸」

東海エリアのブランドイサキとして知れ渡る愛知県大山沖の脂ノリノリイサキが大フィーバー中だ!

「今期は食い出しが遅れていたので心配してたんですが、
7月に入るとイッキにスイッチが入ってスパーク。ここにきて落ち着きましたが、
第二段、三段の群れが産卵のために当地の魚礁周りへやってくるからね。当分楽しめますよ」と話すのは、
県下最大級・45人乗りのバーベキュー船を筆頭に3隻でお客さんを案内している
片名港「まつしん丸」の綿木耕一船長だ。

現在、釣れているサイズは、ご覧のような良型が中心で、アベレージは35㎝と言ったところだが、
体高があり、丸々太ったメタボ体形なので、それ以上に大きく見える。

ポイントの水深は30〜40m。関東同様のアミコマセを使ったシャクリ釣りで攻め、
船長のアナウンスする指示ダナの間で食わせるスタイルだ。

「最近は、止めをしっかり入れたメリハリあるシャクリで攻めるのが効果的ですよね。
今後はイサキと一緒に大型青物やハナダイなんかも入ってくるので一層楽しくなると思いますよ」と船長が微笑んだ。

釣って楽しく、食べて絶品の大山沖のイサキ。釣行するならイマですよ!!

以上の記事は「つり丸」2019年8月15日号の掲載記事です。

関連記事
剣崎沖のイサキは6月から開幕!釣れるイサキは極上の美味魚で、ジャンボサイズもまじる!ウイリー仕掛けを使ってシャクって食わせよう!!
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
南房洲崎沖は岩礁帯が多く、根魚の魚影が濃い!洲崎港「北山丸」はカサゴのサイズが魅力。25㎝は当たり前、30㎝クラスの超大型が連発!また、マハタやアカハタなど、まじりも多彩で、根魚五目が楽しめる。
ズシーンッ!と訪れる引きが魅力のスルメイカ釣り!暑くなるといよいよ本番!魅力はズラズラと連なる多点掛け!しっかりと準備をして、楽しんでいただきたい!
最新記事
剣崎沖のイサキは6月から開幕!釣れるイサキは極上の美味魚で、ジャンボサイズもまじる!ウイリー仕掛けを使ってシャクって食わせよう!!
波崎港の「信栄丸」ではキハダフィーバー中!少し沖合となる犬吠崎沖の黒潮流域を狙っており、キハダ(キメジ)やカツオが回遊!大海原のナブラを独り占め!キャスティング&ジギングで攻略しよう!!
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
「第11回 日本さかな検定(愛称:ととけん)」6月21日に開催 受検者募集
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読