MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【茨城・鹿島沖】好調!青物ジギング!ヒラマサ&サワラ回遊中!

【茨城・鹿島沖】好調!青物ジギング!ヒラマサ&サワラ回遊中!

イナダやワラサ、ヒラマサ、サワラといった青物たちが回遊中の鹿島沖で青物ジギングが好調だ!1セットだけの持参であれば、大型に備えてPE3号を巻いたスピニングリールをセットしたタックルをオススメする。

ジギングメインにキャスティングも

例年であればこの時期の鹿島沖はカツオやキメジ(キハダ)のゲームで盛り上がっているが、
7月中旬現在、今年は潮の関係か未だ大きな群れでの回遊は見られない。

その代わり、イナダやワラサ、ヒラマサ、サワラといった青物たちが我々アングラーたちを楽しませてくれている。

そんな鹿島沖の青物ジギングで使用するタックルは、1セットだけ持参するのであれば、
PE3号を巻いたスピニングリールをセットしたタックル。

取材ではワラサとイナダがメインだったが、今回乗船した鹿島港「不動丸」小塙吉行船長によると、
ここでは過去に20kg級のヒラマサやブリがキャッチされている。
10kgオーバーのヒラマサは年に何本も顔を出している。

イナダやワラサだけしか釣れないのであれば2号タックルでもよいが、
ここでは大型の可能性もあるので、無闇やライトタックル化は避けたい。

もし2本以上用意できるのであれば、前述のイナダ用PE2号タックルがあればよりゲーム性が高くなる。

さらに、海では何が起きるか分からない。キャスティングタックルも持参できればより攻略の幅が広がるだろう。
青物ジギングで使用するジグは、ここ鹿島沖ならずとも実績が高いのがセンターバランスのセミロングタイプ。

その他、ベイトが小さいときなど用のショート系もぜひ持参しておこう。

ウエイトは120〜150gが中心となるが、
極端に潮の流れが速いときや群れの移動が速いときのために、200gまで用意しておきたい。

今回の鹿島沖のみならず、青物ジギングで実績の高いジグ。必携だ

コンビネーションを 試してみよう!

取材当日は、イナダやワラサは速めのアクションに反応がよかった。
速めのワンピッチはもちろんだが、
この海域で高い実績が出ているコンビネーションジャークもぜひ試していただきたい。

取材日はこの方法で、イナダ主体のなかワラサやサンパク(ワラサとイナダの中間サイズ)をキャッチしている。
その方法は、グルグルっと数回転高速でリールを巻いたらピタリとストップ。

そして1秒ほど間を取ったらワンピッチで誘うというもの。
これを水深の半分ほどまで繰り返す。ワラサ狙いでは非常に効果的なので、ぜひ試していただきたい。

最後に、ひとつ船上で気がついたことがある。
それは、本来であれば直線のジグが曲がったまま釣りをしているアングラーが案外多いこと。

というのも、イナダやワラサといった青物は船上に取り込むこと激しく暴れる。
このとき、口にぶら下がったジグは甲板や船べりに激しく叩きつけられ、曲がってしまうことが多々あるのだ。

曲がったままではジグ本来の動きが出ていないことが多いので、突然釣れなくなってしまうことがある。
これまで連続ヒットだったのに、なぜかヒットしなくなってしまったら、
ぜひジグが曲がっていないか確認していただきたい。
真っすぐに直してやれば、案外あっさりと再びヒットし始めるだろう。

好調!! 茨城・鹿島沖のワラサ・イナダ 青物ジギング釣行レポート

大型で広々とした船上の「第7不動丸」。
ポイントは港を出てスグ、鹿島沖の水深40m前後を主に攻めた

ジギングのタックルはスピニングがメイン。
キャスティング用タックルもあると攻略の幅が広がる

ジグはセミロング系を中心に、ショート系も。
カラーはシルバーの他にもゴールド系もぜひ持参しておきたい

ジギングのアシストフックは1本でOK。
イナダやワラサは船上に揚げると激しく暴れるので、フックの数は少ないほうが安全だ

「きゃ〜すごい引く〜!」海のスプリンターと呼ばれる青物のゲームはこれが楽しい!

ジギング初挑戦の女性が見事良型イナダをキャッチ!
イナダと侮ることなかれ。ゲーム性が高く、かなり美味!

タックルは青物用を。
この海では20kgクラスのヒラマサやブリまで取り込まれている

イナダサイズの取り込みは豪快に抜き上げる。この方が手返しが早いのだ

ジギングのタックルはスピニングがメイン。
キャスティング用タックルもあると攻略の幅が広がる

このイナダが案外美味なので大切に持ち帰ろう。
ワラサよりも脂が乗っている個体も

巻きが合えば連続ヒットも!
速めのアクションによくヒットしていた

女性や初心者も楽しみやすい。
カツオ・キメジ(キハダ)ゲームが始まるまでの出船となる予定なので、ぜひ早めの釣行を!

鳥山が立ち、一気にテンションが上がる!
ヒットしたのはイナダ。取材日はヒットしなかったが、サワラもヒット中だ

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「不動丸」

鹿島沖でイナダやワラサが、7月中旬の取材日には登場しなかったもののヒラマサやサワラまじりで好調だ。

「現在はイナダがメインとなっていますので、初心者や女性も手軽に楽しめます。
もちろんワラサも回遊していますし、サワラも連日ヒットしています。
また、この海は過去20㎏オーバーのヒラマサやブリもヒットしています。
大型の可能性もありますので、ぜひチャレンジお待ちしています!」とは、
鹿島港「不動丸」のルアー船を担当する小塙吉行船長だ。

釣り方はジギングが中心。ナブラが出るなどして魚が海面を意識していればキャスティングも面白いだろう。
「最近は速めのアクションにヒットしています」と小塙船長。

実際、取材当日も速めのアクションを行っていたアングラーが連続ヒットさせていた。
「この青物ゲームは沖のカツオやキメジ・キハダが始まるまでは続ける予定です」

例年であれば、この時期は沖のカツオやキメジ(キハダ)で盛り上がっている。
それが今年はまだ大きな群れでは回遊して来ていないのだ。

イナダ・ワラサやヒラマサの青物ジギングも魅力的だし、カツオ・キメジももちろん魅力的。

つまり、どちらのターゲットでも、魅力いっぱいで楽しいこと間違いなしの鹿島沖なのだ。

以上の記事は「つり丸」2019年8月15日号の掲載記事です。

関連記事
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
主役のアカハタはもちろん、オオモンハタの大型を高確率で狙える聖地西伊豆エリア!HRFゲームのパイオニア「ふじなみ丸」が提起するアカハタ&オオモンハタの遊び方!
荒根の中で根魚を狙うHRFゲーム!伊東港「たか丸」では谷洋平船長が、ソフトルアーを使ったアカハタゲームに、ジグやタイラバも併用し伊東沖の楽しい遊び方を提供してくれる!
金澤美穂さん!千葉県大原港の「長福丸」さんで、人気急上昇中のSLJを初体験!タダ巻だけでも魚種多彩に釣れるうえ、タックルもライトなので、ビギナーにも超オススメです!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
最新記事
東京湾、木更津沖のハゼ釣りが開幕!深川の「冨士見」では手慣れた人が二束、三束のハゼを釣り上げる。貸し竿に手バネ竿が用意されているのでァミリーフィッシングにもおすすめだ!
グラスソリッド2ピースロッドシリーズ「ショートアーム GS」
東伊豆の川奈沖でシマアジが連発中!伊東港「村正丸」では、連日トップ3~4枚の好釣果!ゲストとしてマダイ、イサキ、大アジとお土産も多彩!
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読