MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
竹岡沖のカワハギは数釣り有望、肝パンパンです【東京湾・竹岡沖】

竹岡沖のカワハギは数釣り有望、肝パンパンです【東京湾・竹岡沖】

肝もたっぷり入って、いよいよカワハギのベストシーズンがやってきた。今回取材した竹岡沖は、海底が比較的平坦な砂地メインで、所々に根が点在している。水深は10~20mと浅く、根掛かりが少ないので初心者も釣りやすいのが特徴だ。カワハギのストック量も多く、トップ40~50枚という釣果は珍しくない。

ベストシーズンだ! 竹岡沖と剣先沖の特徴と対策

当日の最大! この状況でこのサイズは素晴らしい。

常連さんは見事な腕前で次々とヒットさせていく。だが、「今日はダメだね。こんなサイズばっかりだよ~」と苦笑い。

今年はこの23~25㎝サイズが多いとか。もちろん肝パンです!

砂地メインで根掛かりの少ない竹岡沖。数が出やすく初心者にもおすすめのフィールドだ。さあ、今期のXデーはいつ? 今後の動向は要チェックだ!

当日はこれでもいいサイズ…。

集寄はその字のごとく好奇心旺盛なカワハギに対する集魚効果は高いが、大きく重いものは水の抵抗を受けるためアタリの感度は落ちる。そこで、アタリを判別できない人は、動きを出すならシンカー、集魚アクセサリーをつけるなら「ケミホタル」がおすすめだ。

例年秋はこれよりも小さいワッペンが多い。これをいかに掛けられるかが釣果を大きく左右する。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・久比里「山天丸釣船店」。

竹岡沖は、例年11月頃には束釣り、または2束釣りなんていうとんでもない釣果が記録される超大場所である。
攻略方法としては、根掛かりが少ないということで「底」メインでOK。仕掛けを前方にキャストして広範囲に探るのも有効だ。
だが、エサ取りが多いときや、時として宙に浮いていることもあるので、数メートル上まで忘れずに攻めてみたい。
そしてもうひとつ、今回取材した久比里「山天丸」が攻めるポイントには「剣崎沖」がある。
剣崎沖は位置的に東京湾の湾口部にあたるため潮の流れが速く、海底は起伏に富んだ岩礁帯である。取材時は秋の大潮だったため、潮が非常に速く攻めることはなかったが、
「潮が落ち着けば、状況に応じて剣崎沖も攻めていきますよ」と臼井憲一船長も話ように、メインポイントのひとつである。
こちらはオモリを海底に着けて釣ると根掛かりしてしまうことが多く、また、この付近ではマダイ釣りなど他の釣りも活発に行われているので、カワハギは比較的浮いていることが多い。よって剣崎沖は、「宙」メインで釣りを組み立てるとよいだろう。
いずれにしても、
「これから水温が下がれば、群れが固まって釣りやすくなりますよ」と臼井船長。
どちらに行くかは、当日になってみなければわからず、一日でどちらも攻めることもある。よって、底にも宙にも対応もできるよう、タックルも技術も準備しておこう。

以上の記事は「つり丸」2012年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読