MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
竹岡沖のカワハギは数釣り有望、肝パンパンです【東京湾・竹岡沖】

竹岡沖のカワハギは数釣り有望、肝パンパンです【東京湾・竹岡沖】

肝もたっぷり入って、いよいよカワハギのベストシーズンがやってきた。今回取材した竹岡沖は、海底が比較的平坦な砂地メインで、所々に根が点在している。水深は10~20mと浅く、根掛かりが少ないので初心者も釣りやすいのが特徴だ。カワハギのストック量も多く、トップ40~50枚という釣果は珍しくない。

ベストシーズンだ! 竹岡沖と剣先沖の特徴と対策

当日の最大! この状況でこのサイズは素晴らしい。

常連さんは見事な腕前で次々とヒットさせていく。だが、「今日はダメだね。こんなサイズばっかりだよ~」と苦笑い。

今年はこの23~25㎝サイズが多いとか。もちろん肝パンです!

砂地メインで根掛かりの少ない竹岡沖。数が出やすく初心者にもおすすめのフィールドだ。さあ、今期のXデーはいつ? 今後の動向は要チェックだ!

当日はこれでもいいサイズ…。

集寄はその字のごとく好奇心旺盛なカワハギに対する集魚効果は高いが、大きく重いものは水の抵抗を受けるためアタリの感度は落ちる。そこで、アタリを判別できない人は、動きを出すならシンカー、集魚アクセサリーをつけるなら「ケミホタル」がおすすめだ。

例年秋はこれよりも小さいワッペンが多い。これをいかに掛けられるかが釣果を大きく左右する。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・久比里「山天丸釣船店」。

竹岡沖は、例年11月頃には束釣り、または2束釣りなんていうとんでもない釣果が記録される超大場所である。
攻略方法としては、根掛かりが少ないということで「底」メインでOK。仕掛けを前方にキャストして広範囲に探るのも有効だ。
だが、エサ取りが多いときや、時として宙に浮いていることもあるので、数メートル上まで忘れずに攻めてみたい。
そしてもうひとつ、今回取材した久比里「山天丸」が攻めるポイントには「剣崎沖」がある。
剣崎沖は位置的に東京湾の湾口部にあたるため潮の流れが速く、海底は起伏に富んだ岩礁帯である。取材時は秋の大潮だったため、潮が非常に速く攻めることはなかったが、
「潮が落ち着けば、状況に応じて剣崎沖も攻めていきますよ」と臼井憲一船長も話ように、メインポイントのひとつである。
こちらはオモリを海底に着けて釣ると根掛かりしてしまうことが多く、また、この付近ではマダイ釣りなど他の釣りも活発に行われているので、カワハギは比較的浮いていることが多い。よって剣崎沖は、「宙」メインで釣りを組み立てるとよいだろう。
いずれにしても、
「これから水温が下がれば、群れが固まって釣りやすくなりますよ」と臼井船長。
どちらに行くかは、当日になってみなければわからず、一日でどちらも攻めることもある。よって、底にも宙にも対応もできるよう、タックルも技術も準備しておこう。

以上の記事は「つり丸」2012年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
寒さはいよいよ本格化して厳寒期に突入する。そんな状況ながらサイズがいいのが現在の特徴だ。上がってくるフグはいずれも30㎝オーバーばかり。鹿島沖のショウサイフグは水温10度切るぐらいまで釣れ続く。
鹿島沖のヒラメが絶好調!数はもちろん、大判の「座布団ヒラメ」も出現中!釣行日前半は、毎回の流しのたびに船中で連発ヒラメフィーバー。トップは7枚まで一気に数を伸ばし、平均5枚の爆釣ぶり。
東京湾のアジは、昨年の秋から広範囲で好調。1月前半の時点でも数釣りが継続しており好調だ。走水港「吉明丸」では走水沖〜下浦沖の広範囲を狙って、トップ40匹台、50匹台をコンスタントに記録している。
気持ちいい新年を迎えた関東周年。富浦沖は、高水温が続き、すべての魚たちが高活性!ナイスボディの個体がそろう!冬の落ちのマダイシーズンはこれから!良型マダイを求めて富浦沖へ行こう!
千葉・飯岡沖のヒラメが冬の好機を迎えようとしている。、イワシを追った渡りのヒラメは4㎏、5㎏といった大判サイズが多くなりますと「幸丸」実川和也船長。大型のチャンスだけでなく、食味も楽しみだ。
最新記事
パールカラー&ケイムラ発光のビーズ登場「ケイムラパール玉」
重郎平丸(伊豆諸島・神津島)の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
ちがさき丸(相模湾・茅ヶ崎)の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
寒さはいよいよ本格化して厳寒期に突入する。そんな状況ながらサイズがいいのが現在の特徴だ。上がってくるフグはいずれも30㎝オーバーばかり。鹿島沖のショウサイフグは水温10度切るぐらいまで釣れ続く。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読