MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
南房・太海港 早朝出船!クロムツ・スルメをリレー仕掛けで!

南房・太海港 早朝出船!クロムツ・スルメをリレー仕掛けで!

真夏に超早朝出船する南房・太海港「聡丸」。前半はフラッシャーサビキでクロムツを狙い、後半はスルメイカ!グルメ釣り師も納得のリレー釣りをタックル&仕掛けから釣り方まで徹底解説!

暑さ知らず! 渋滞知らず! 真夏にオススメ早朝出船

3時出船で9時帰港。暑さも帰りの渋滞も避けられる!!

前半フラッシャーサビキでムツを狙いその後スルメイカへとリレーする、
Fサビキリレーが好調と聞き南房太海港の「聡丸」へと釣行した。

「聡丸」はほぼ周年この釣りを看板とする船宿で、
時期によっては大サバや大アジ、オニカサゴやタチウオなどもそのメニューに組み込まれる。

「今年はムツがとくに良くて、前回来た時には2キロ近いのも結構釣れたよ」とは
駐車場で常連さんから聞いた話だ。

「聡丸」の朝は早く、この日の集合時間は2時半。遠征船や深夜船でもない限り、
”つり丸”取材エリア内で一番早い集合時間ではないだろうか。
私以外3名の釣り人は皆さん常連さんのようで、てきぱきと準備が進み、2時40分には出船となった。

真っ暗な中釣り開始 しかしムツのアタリは…

出船してすぐに仕掛けの扱いから釣り方まで丁寧なアナウンスがあって釣り場へと向かう。
ゆっくりと30分ほど走ったところで「水深92m。下から15mくらい誘って下さい。
根掛かりもあるから注意して下さいよ」で釣り開始となる。

辺りはまだ真っ暗闇の中仕掛けを投入、リールのカウンター80mくらいからはサミングし、
時々仕掛けを止めながら落とし込んで行くが、無事?仕掛けは着底する。

急いでオモリを底から切り、ここからはシャクリを入れながら上へ上へと誘う。
これにもムツからの反応は出ず、またサミングしながら…、
シャクリのパターンを変えて…にも空振りが続く。

当日は北の風が強く波ウネリもあるバッドコンディションも、
船べり下に設置してあるパイプ状の発泡スチロールにハリを刺しておけるので、手前マツリがなく助かる。

30分、1時間と経過し、腕も次第に疲れてきて置き竿での電動誘いに切り替える。
船中の誰にもアタリはなく「これは参った。今日に限って外したか?」の思いがよぎり出す…。

明るくなってから食い上昇! 40㎝オーバーまじりで好釣

しかし辺りが薄明るくなり始めた4時過ぎにようやくクククン!と初アタリ。
ムツにしては弱々しいアタリに「アジ?」と思いながら巻いたが、
上がって来たのは25㎝ちょいのムツでホッと一息だ。

次なるアタリはガタガタ!と派手に竿先を叩くムツ独特のアタリ。
「結構デカイかも?バレるなよ」と思いつつも、追い食いを待っていると、
心内を見透かされたかのようにアタリが消える。

その後しばらく待って同様の派手なアタリ。
今度は追い食いを待つ心の余裕なく巻き上げに入ったが、
40mほど巻いたところでまたもアタリが消えた。

2回連続のバラシに意気消沈。
それでも活性が上がって来たのか、再々度のアタリが出る。

三度目の正直?二度あることは三度ある?冷や冷やしながらの巻き上げは、
なんかムツとは違う引き込み。「?」マーク付きで仕掛けを手繰ると海面に姿を現したのはタチウオ。

ヘーこんなのも居るんだ?と聞くと「専門に狙っている船もあるよ」と船長だ。
ムツは40㎝オーバーもまじえてその後も好食い。私もバラシの呪縛から解き放たれて?
追釣する中、仲乗り役をこなしながら竿を出していた若船長はさすがの釣りっぷり。

「誘いでムツを寄せて、止めて食う間を作るのがコツ。あとは追い食いさせること」と言いながら
あっという間に20匹近くを釣り上げていた。

ピンクのフラッシャーサビキがオススメ/フラッシャーに思わぬゲスト、タチウオが食ってきた

イカがイマイチも お土産はタップリ

ムツの食いは続いていたが、6時を回ってスルメイカ釣りへ転進した。
釣り場はやや南下し江見沖あたりか。
「水深は150m。下から50mくらいまで」で開始するが、この日のイカは乗りが渋かった。

18㎝の直結仕掛けを電動釣法でウインウインやりながら広く探るがダメ。
デッドスロー巻きにしタナを探っても触りも出ない。

それならばと底中心にねちっこく誘い、度々巻き落としも入れて行くがイカからの反応はなかった。
結局スルメイカはブランコ仕掛けで釣っていた方2名が型を見ただけと、
南房でもこんなことがあるんだ?と逆に珍しいような釣果で、9時ちょうどに沖揚がりとなった。

「いつもならムツにアジやサバもまじってくるんだけど今日はあまり食わなかったねー。
イカは今年はムラがあるから、今後はオニカサゴと両にらみで狙って行きますよ」と船長。

それでも私のクーラーはムツの他、タチウオ、大サバで土産は十分だった。

超早朝出船の「聡丸」のFサビキリレー釣り、
夏の暑さが苦手、渋滞嫌い、旨い魚が色々食べたい、なんて方には特におすすめの釣りだ。

クロムツ数釣り!太海港「聡丸」のリレー釣りレポート

最近はアカムツ釣りが人気だが、このクロムツも極上の味。
脂が乗っていて、刺身はもちろん塩焼きや煮つけも絶品だ

好調な食いを見せている太海沖のフラッシャーサビキのクロムツ。
今シーズンは、こんなグッドサイズが数まじるという。
美味しい高級魚の数釣りもある!

このところ、クロムツはトップ20匹ほど釣る日もある。
早朝が好機なので、サビキのオマツリなどしないように集中!!

クロムツは良型まじりで数釣れてます。

フラッシャーサビキではクロムツやアジ、サバなどが食ってくる

リレーでイカやオニを狙う。
中深場竿、イカ竿、ビシアジ竿など、150号オモリが背負えれる竿ならば、
1タックルでもOK

この日はスルメイカ狙い

スルメイカは、いまのところ本調子にはなっていないが、ポツポツ乗ってお土産にはなる。
オニカサゴを狙う場合もあるのでオニ用のテンビン、仕掛けの用意

美味しい高級魚クロムツがたくさん釣れまてす!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・太海港「聡丸」

太海港「聡丸」のリレー釣りは暑さ知らず渋滞知らずでラ~クラク。
早朝3時に出船し朝9時にはすでに納竿する。

釣り場も近いからだいたい9時半頃には港に帰えれる。
真夏の灼熱の太陽も、その時間ならまだ本気を出していない。
つまり、炎天下の釣りを避けられるのだ。

しかも、昼前には帰路につけるので、
観光客などの道路渋滞が始まる前に帰宅することができるというわけ。
暑いのがキライとか、渋滞がキライなどというアナタに、まさにうってつけの釣りなのだ!

そして肝心の釣りの中身だが、前半はフラッシャーサビキでクロムツを狙い、
後半はスルメイカ(状況によりオニカサゴ)とグルメ釣り師も納得のリレー釣りなのだ。

「今年のムツはいいですよ。キロオーバーの良型も多いです。
7月に入って釣果に波は出て来たけど、トップ20匹と数釣る日もありますから今後も期待出来ますね。
後半狙うスルメイカは今年は数少ないのかなー。いい日があっても続かないんですよ。
イカがダメならオニカサゴを狙いますから、今後はオニの仕掛けも持ってきて下さい」と松下聡船長。

オモリは全魚種150号を使用するので、そのオモリが背負えれば共通のタックルでもOK。

「フラッシャーサビキはシャクリの誘いのあと仕掛けを止めてムツが食う間を与えてやるのがコツです。
食いのいい時には1匹食った後、そのまましばらく待ったり、5mくらいはゆっくりと巻き上げたりして、
追い食いを待って数付けてくださいね」と船長。

クロムツの味に関してはいまさら説明も不要だろう。
和風洋風、煮るなり焼くなりお好きにどうぞ‼

以上の記事は「つり丸」2019年8月15日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のLTアジは年中狙える超優良ターゲットだ。現在、大きなムラもなく安定して好調が続いている。20cmクラスの良型を上目のタナで勝負!基本を押さえれば誰でも数釣りできる。そんなLTアジのタックルセレクト&基本の釣り方を解説。
更新: 2019-09-19 07:00:00
南房のオニカサゴが好調キープ! 冬の釣り物と思われがちだが、じつは周年狙うことのできるターゲットだ。「1kg級主体に、浅場でいい感じに釣れています。潮次第で数釣りも期待できますよ」と話してくれたのは、相浜港「安田丸」安田智浩船長。
更新: 2019-09-18 07:00:00
日帰りの遠征大物&高級五目釣りの聖地・銭洲では、いま泳がせ釣りでカンパチが激アツだ。この時期のエサはチビムロと呼ばれる小型のムロアジ。秋の銭洲は大型にも期待が高まる。銭洲の泳がせ釣りはこれからが絶好機だ!
更新: 2019-09-17 08:07:47
アングラーズアイドル2020 第11代 アングラーズアイドルオーディション10月13日まで参加者募集中
更新: 2019-09-16 12:00:00
部分解禁している片貝沖のヒラメが好スタートを切っている。2、3㎏の良型まじりで、アタリも多い。9月の部分解禁で釣り場拡大、10月には全面解禁で今以上に期待が高まる!今後がますます楽しみだ!
更新: 2019-09-15 07:00:00
最新記事
★動画★料理編「アジ釣り女子会」私を釣り~に連れてって!! 沖釣り専門誌「つり丸」と日本最古のスポーツ紙「日刊スポーツ」の共同企画!参加者を募集します(女子限定)。9月27日(金)出船!事前に太田屋さんに電話で予約を入れてくださいね。
更新: 2019-09-20 07:00:00
東京湾のLTアジは年中狙える超優良ターゲットだ。現在、大きなムラもなく安定して好調が続いている。20cmクラスの良型を上目のタナで勝負!基本を押さえれば誰でも数釣りできる。そんなLTアジのタックルセレクト&基本の釣り方を解説。
更新: 2019-09-19 07:00:00
細身軽量のパワーロッド登場!シマノ「バンディッド アオモノ」
更新: 2019-09-18 12:00:00
南房のオニカサゴが好調キープ! 冬の釣り物と思われがちだが、じつは周年狙うことのできるターゲットだ。「1kg級主体に、浅場でいい感じに釣れています。潮次第で数釣りも期待できますよ」と話してくれたのは、相浜港「安田丸」安田智浩船長。
更新: 2019-09-18 07:00:00
ハヤブサ60周年記念インスタフォトコンキャンペーン10月31日まで開催 参加者募集
更新: 2019-09-17 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読