MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾・浦賀沖のビシアジ連釣!良型マダイも連日まじる!

東京湾・浦賀沖のビシアジ連釣!良型マダイも連日まじる!

今回は東京湾のアジ釣り。タックルはビシアジ専用竿やシマノ「ライトゲーム」シリーズの7対調子で、130号のオモリに対応したロッドを使用。リールは小型電動がオススメ!道糸はPEライン3〜4号が基準。仕掛けはハリス2号の2〜3本バリ。

東京湾・浦賀沖ビシアジが数釣り好調!基本をマスターすれば美味アジのお土産高確率

ビシアジは 初心者にもオススメ

大衆魚として馴染みの深いアジ。
歴史を振り返れば縄文時代の遺跡からも骨が発見されるなど、
古くから日本人の食卓を豊かにしてきました。

味が良いから「アジ」というのは嘘か真かわかりませんが、季節を問わず天下一品の食味です。
長年キャッチ&イートがメインの僕がここに宣言します。

今回は東京湾のアジ釣り、130号ビシを使用したノーマルタックルの釣りを楽しんできました。

近年流行りのLTアジより道具立てはゴツくなりますが、
ビシが重く安定しているので追い食いを待っても、手返し重視でガンガン釣っても、
これから旬を迎える丸々と肥ったゴマサバが掛かっても、
ラッキーヒットのウフフの「アレ(後述、乞うご期待!)」が掛かっても、
魚の暴れを押さえて疲れさせるので安心して対応できます。

そういった意味では若干の体力はいりますが、初心者向けとも言えるかもしれません。

当日は港前の水深40m前後でアタリが続いた!

専用竿や汎用竿に 小型電動の組み合わせ

それではタックルのご紹介から。
ビシアジ専用竿やシマノ「ライトゲーム」シリーズの7対3や8対2調子で、
130号のオモリに対応したロッドを使用します。

ほかに東京湾の深場タチウオやオニカサゴ、アマダイなどにも使えるので、
グルメ釣り師は1本持っていて損は無いでしょう。

また、ビシが重く深場を攻める場合もあるので、電動リールをオススメします。

道糸はPEライン3〜4号を基準に、太くても5号ぐらいまでです。
ラインの太さを制限している船宿さんもあるので、事前に電話確認してください。

ちなみに取材当日は「フォースマスター600DH」にPEライン3号でした。
ビシアジでもパワーがあり、手返しの回収時も速くストレスなく釣ることができます。

さらに「アレ」がヒットした時も、
ドラグ性能が良いのでスムーズな糸の滑り出しでやり取りできます。

飯田さんが取材当日に使用した竿は、シマノ「ライトゲーム」シリーズの7対3調子

仕掛けはハリス2号の2〜3本バリ

ビシアジ用の仕掛けは、いろいろ市販されています。
最近はLT用の細ハリスの仕掛けもよく使われていますが、
もしもの大物が来た時のことも考えると2号ハリスが安心です。

口切れ防止のクッションゴムもあるといいです。太さやサイズは使用ロッドの調子で変えましょう!
硬調なら細めで軟調なら太めです。「アレ」の確率が高い釣り場なら、少し長めでカバーしましょう。

ビシアジ釣りは1日船も多く、乗船時間が長いぶん、その時々で状況も変わります。
そのため2本バリと3本バリの仕掛けを用意し、使い分けるといいと思います。

使い分けるといえば、いろいろ種類があるハリのカラー、チモトの夜光玉やビーズです。
明らかに効果が出る場合がありますので、いくつか違う種類を用意しておきましょう。

仕掛けの種類が多くて何を使えばよいかわからない…。
そんな仕掛け迷子さんは自分の定番を決めて、その仕掛けからスタートすることをおススメします。

ちなみに僕の定番はシンプルな2本バリ仕掛け。
状況に合わせて釣れ具合を見ながら、
そして釣れている人の仕掛けを横目で見ながら交換していくやり方です。

仕掛けはハリス2号の2〜3本バリがオススメ

釣り座を整頓したら エサとコマセの準備も

さて、タックルと仕掛けの準備が完了です。さっそく釣行しましょう。
受付を済ませ、釣り座に着いたら、まずは道具のセッティングです。

自分のコマセバケツの場所からミヨシ(船首)側1mくらいのところにロッドキーパーをセットします。
魚を入れるオケはコマセバケツの足元のそばがアジを入れやすいでしょう。

手返しのみ考慮するなら、右巻きの方は右舷、左巻きの方は左舷がやりやすいです。
出船まで時間があれば、エサの準備もしてしまいましょう。

イワシミンチのコマセは、ビシの7分目くらいまで詰めてコマセバケツに入れておきます。

船宿から「アカタン」と呼ばれるイカの付けエサを配られるので、
適宜米粒強くらいにカットし、ハリのフトコロ部分まで刺し通します。

必ずハリ先は出しておくこと、落ちないようにセットすること、
これを守ればエサ付けはそれほど神経質にならなくて大丈夫です。

コマセはイワシミンチ。ビシには7〜8分目くらい入れる

付けエサはアカタン。小さく切ってハリに刺す

タナ取りと コマセのまきかた

ポイントについたらコマセバケツを船べりの外に出し、船長からの指示ダナのコールを待ちます。
タナ取りは海底からで、指示ダナは海底からのビシの位置となります。

ビシ着底後、糸フケを巻き取り、竿の上下で余分なイトフケが出ていないことを必ず確認してください。
さて、船長から3mの指示が出ました。

PEラインのマークを見ながらビシを2mほど巻き上げて竿を2〜3回シャクリ、コマセの煙幕を一気に作ります。
さらにリールを巻いて、指示の3mに合わせてアタリを待ちます。

付けエサがコマセの煙幕に包まれるようなイメージです。
ビシアジは潮の速い場所での釣りが多いので、コマセを一気にまいて活性のあるアジを狙いましょう!
しっかり食い込めばバラシも防げます。

状況で仕掛けや 釣り方を変える

釣行当日も定番の2本バリからスタートしました。
1匹目はアタるものの、なかなか追い食いさせられず、
痺れを切らして3本バリにしたところダブル連発!

3本バリ仕掛けのほうが若干長かったので、
コマセの広がるスピードとハリの位置がマッチしたのではないかと思われます。

ただし、潮止まりや低活性時は指示ダナでのコマセまき&置き竿に分がある場合もあります。

とくに潮止まりは仕掛けが立ってしまうので、
ハリがアジのいるタナより下になるとアタリフリー状態になってしまいます。

こんな時は、ビシの位置を50cm〜1mほど上げて調整するのも効果アリ。
状況に合わせた釣り分けはほかにもいろいろあります。

手返し、コマセの出方 ハリ先チェックなども重要

アジ釣りの一番のセオリーは「釣れている人が釣る人」です。
釣れているということは、それだけ手返ししています。

アタらないからといって仕掛けを入れっぱなしでは、いつまでたっても釣れないループから逃げ出せません。
仕掛け回収時には、どのくらいコマセが残っているかを確認してください。

自分のコマセが出ていなければカゴの掃除、コマセが出すぎているならシャクリを調整しましょう。
こまめなチェックと調整が釣果につながります。

またアタってもハリ掛かりしない、途中で何度もバレることがあれば、
ハリ先が甘くなっていることが多く、仕掛けの交換時期かもしれません。

アジといえど、ある程度釣るとハリ先が甘くなるのでチェックしてください。
これも釣りのテクニックの一つです。

そうそう、先述のラッキーヒットの「アレ」とは同船の方が釣った3kg後半のマダイ。
こんなプレゼントがあると思えば、シャクリにも力が入りますよね。

ハリ先のチェックやハリスの傷確認だってこまめにやっちゃいます。
そしてドラグは、いざという時に滑り出す設定です。

「前田丸」では連日のようにマダイがまじっている!
当日は3.8kgの良型が取り込まれた

【浦賀沖】港前の近場ポイントで夏のビシアジ釣行レポート

飯田さんは良型一荷!

30〜35㎝の良型が主体だった/飯田さんは11時の時点でこの釣果!

常連さんはダブルで着実に数を伸ばした

アジは口が柔らかいので、取り込みはタモを使うのもアリ。
この写真で下に掛かったのはサバ

美味しそうなアジをゲット

美味アジが活発にアタる!

丸々ふとって体高がある浦賀沖のアジ。
脂が乗ってとても美味しかった!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・浦賀「前田丸」

東京湾のアジも、好調が続いている。

「日によって多少釣果が上下しますが、好調に釣れていますよ!」と話すのは、
今回取材した浦賀港「前田丸」の前田悦男船長。

取材当日は港前の水深40m前後からスタート。
コマセが効いて、船中でアタリが出始めると、そのままコンスタントにアタリが続いた。

途中2回ほど船をズラす程度に移動したが、ほぼ同じ場所で好調に釣れ続いたのだった。
しかも釣れたアジは30〜35㎝の良型主体。飯田純男さんは、11時の時点で25Lクーラーがほぼいっぱいに!

その後、ペースを落としてノンビリ釣っても60匹オーバーの釣果だった。
釣れたアジは、脂が乗ってとても美味。近所に配っても喜ばれるだろう。

ビギナーもベテランも、夏のビシアジはオススメだ!

以上の記事は「つり丸」2019年8月15日号の掲載記事です。

関連記事
いよいよ夏本番。走水沖ではブランドの夏アジが絶好調!連日30cm前後のジャンボサイズ主体に、束釣り(100匹)を達成して早揚がりもある。別格な美味!走水沖のビシアジは初心者や夏休みのファミリーフィッシングにもオススメだ。
更新: 2019-08-17 07:00:00
新子安恵比須橋の「だてまき丸」マゴチが宿の看板。一年の多くの期間をマゴチ乗合で出船しており、今シーズンも好釣果を出し続けている。これからの照りゴチシーズン!パワフルな夏マゴチの引きが堪能できるぞ‼
更新: 2019-08-15 12:00:00
平潟沖のアカムツ五目は、比較的浅場をライトなタックルで狙う波崎沖寒猫根と同様の、かなりお手軽カンタンなスタンスのアカムツ釣りだ。マゾイやアラなどプラスアルファも魅力!この夏はお好みのターゲットにチャレンジ!
更新: 2019-08-15 07:00:00
今夏は東京湾のマダコが絶好調。小柴沖のマダコは場所により小型もまじるが、2kg以上も多く、連日3〜4kg級が上がっている。最大は5.8kg!久々の爆釣シーズン!伝統的な手釣りはシンプルでビギナーにもチャンス大!!
更新: 2019-08-14 07:31:22
飯岡のシロギスは震災以来、かつての大釣りは影を潜めてしまっていたが、昨年頃から魚影復活の兆しがあり、今シーズンは爆発釣果が連発!ビギナーでも十分楽しめるので、夏休みのファミリーフィッシングにもオススメだ!
更新: 2019-08-13 07:00:00
最新記事
「アジ・サバ釣り体験教室」(主催:日本釣振興会東京都支部)が9月28日(土)に東京都平和島「まる八」(TEL 03・3762・6631、東京都大田区平和の森公園)で開催される。
更新: 2019-08-19 12:00:00
福島県小名浜沖水深120~150mの泥地でアカムツが開幕中だ。アカムツのポイントにミズダコもいるんですよ。と船長が話すのでいま流行りの2個餌木スタイルでボトムを叩くと、それがビンゴ!おいしそうなミズタコが海底から浮上してきた。
更新: 2019-08-19 07:14:43
カワハギ釣りの頂点を決めるトーナメント「ステファーノグランプリ2019」(主催:シマノ)が 9月7日(土)から関東3地区で開催される。
更新: 2019-08-18 12:00:00
大物&高級魚たちがひしめく大物釣りの聖地・銭洲が、今期も好調持続中だ。チビムロの泳がせで 良型カンパチが爆裂中!開幕から例年以上の釣果があがっている。もちろん高級五目も好調キープ。爆釣ワンダーランドの銭洲へGOだ!!
更新: 2019-08-18 07:00:00
デュエルではDUEL、YO-ZURI対象商品を2本購入するとオリジナルグッズがその場で当たる キャンペーンを7月よりスタート。
更新: 2019-08-17 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読