MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
手軽に気軽にライトに数釣り! 秋の美味アジ好釣です【東京湾】

手軽に気軽にライトに数釣り! 秋の美味アジ好釣です【東京湾】

手軽なライトタックルで簡単に楽しむことのできる東京湾のLTアジ。老若男女、多くの釣り人に人気の釣りだ。ほぼ周年楽しめ、比較的釣果も安定していている釣りだが、どうしたわけか今年の夏場は食い渋りが続いたが、秋の気配が色濃くなった現在の東京湾では、少し前の食い渋りがウソのように好調にアジが釣れているという。

釣れているアジは中小アジが主体。脂が乗っていて美味だ。 刺身やタタキ、塩焼きなど、小アジは丸ごと唐揚げなどにしても良し

小、中アジ主体の数釣りが続いている。2点、3点掛けも珍しくない。

水深は20mほど。タナは底から2m中心に探ろう。

LTアジは女性アングラーの姿も多い。

小さな女の子も楽しめる。こういう釣りはいいよね。

トップ50〜80匹という日も多い。半日船でも、おいしいお土産たっぷりだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・川崎「つり幸」。

東京湾の浅場でアジが絶好調。20mほどのポイントをライトタックルで狙い、数釣りが続いている。
午前、午後のLTアジ乗合で出船している、川崎「つり幸」では、このところ15〜25㎝主体に、半日でトップ30〜60匹前後。
さらに食いが立つと70匹、80匹の大釣りとなることもある。実質釣り時間は4時間ちょっとの半日船でこの数字、ほぼずーっと入れ食いといってもいい状態だ。
ビシ40号のライトタックルなので、非常に手軽。おいしい東京湾のアジが気軽に数釣れるので、仲間や家族とのレジャーフィッシングにもおすすめだ。
釣れているアジは中小アジ主体だが脂が乗っていて、とてもおいしい。
中アジは刺身やタタキ、塩焼きなど、小アジは丸ごと唐揚げなどにしてもおいしいぞ!

LTアジの仕掛け&釣り方はこうだっ!

手軽にライトなタックルで楽しめるLTアジ。しかも食べておいしい!

ビシはオモリ40号。コマセはイワシミンチ。

仕掛けはハリス2号、ムツ10号の2〜3本バリ仕掛け。

ビシはLT用の40号を使用するので、タックルはそのビシを背負えるものであれば、LTロッド、ゲームロッド、ルアーロッドなど何でもOKだ。
ただし、あまり軟らかい竿だとシャクってもコマセが振り出しにくいので、ある程度コシのある竿を用意したい。
もちろん船宿に貸し道具、貸しビシもあり、クーラーだけで釣行することもできる。
仕掛けはハリス2号、全長2m2〜3本バリ。普通のビシアジ用でオーケーだ。
付けエサは、「つり幸」ではアオイソメが配られるので、1〜1.5㎝ほどの長さに切ってハリに刺す。チョン掛けでもいいが、縫い刺しにして先の部分をタラシておくようにすれば、エサが取れにくく入れ食いのときなど手返しがよくなる。
「アオイソがクタクタになってもアジは食ってくるので、いちいち交換しないで手返しよく釣った方がいいですよ」と山本船長。
ポイントの水深は20m前後中心で、タナは底から2mが基本。
ビシが底に付いたら糸フケを取り、そこで糸が斜めになっているようならもう一度タナを取り直し、しっかり底ダチを取る。そして、コマセをまきながら指示ダナの2mに合わせてアタリを待つ。
食いがいいときはタナに合わせたとたんに食ってくるので、1匹掛かったらしばらく追い食いを待ってから上げるようにしたい。3本バリに3匹など、多点掛けで釣れることも珍しくない。
食いが渋いようなら、ゆっくり竿を上下してポロポロコマセをまきながら付けエサを躍らせてやり、誘いをかけてみるのもいい。
また、指示ダナは2mが基本だが、下のカコミの要領でタナの上下を探ってみて、食いダナを見つけるのも釣果アップの手だ。
現在LTで釣れているのは15〜25㎝前後の中アジと小アジが主体。LTで釣れる浅場のアジは中型はもちろん、小アジも脂が乗っていてとてもおいしい。中アジは刺身や塩焼き、小鯵は丸ごと唐揚げなどにすると、おいしく食べられるぞ!

以上の記事は「つり丸」2012年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
最新記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読