MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
キハダ&カツオ!環付きバリとタタキバリの強い結びを紹介!

キハダ&カツオ!環付きバリとタタキバリの強い結びを紹介!

キハダ&カツオのオススメハリ結び!環付きバリとハリス結びは「ウエノット」。環付きではないタタキバリにハリスを結ぶ際は「南方ハエナワ結び」。強度アップなら、編み付け補強。それぞれを詳しく図解!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

環付きバリならこれ! 強度抜群なうえ簡単

ウエノット

環付きバリとハリスを結ぶ場合は、「ウエノット」がオススメだ!
この結びは釣り具のポイントに勤める上野晋平さんが考案した結びだ。

「仕掛けは、その日の状況に合わせて船で作るようにしているんです。
そのため簡単で強い結びがないか、いろいろ試して考え付いたのが『ウエノット』です」と話す上野さん。

上野さんはキハダだけでなく、大型のイシナギやブリなどもこの結びで釣り上げており、
強度も実績もバッチリなのだ!

そして、この結びを採用して、今まで結びがズレたり、回ったりしたことはないという優れた結びだ。
下に完成写真を掲載しているが、見てわかるように結び目があまり大きくならない。

コマセ釣りで、付けエサのオキアミを刺しやすい。
また、生きイワシエサのフカセ釣りで環付きバリを使う際にもオススメ。
結び目が大きくならないということで、エサのイワシの泳ぎを妨げにくい。

結びの手順のイラストを見てもわかるが、結び方も意外と簡単だ。
前述の上野さんのコメントにもあるように、手順を覚えれば、船上でも比較的簡単に結べる。

不意のラインブレイク、急な仕掛け変更にも対応しやすいのが、この結びの特徴でもある。

ウエノット完成形

「ウエノット」の完成形

「ウエノット」は環付きバリの結びにオススメ

タタキバリの結びなら 南方ハエナワ結び!

南方ハエナワ結び

「南方ハエナワ結び」の完成形

タタキバリの結びにオススメなのが「南方ハエナワ結び」だ!

環付きではないタタキバリにハリスを結ぶ際にオススメなのが、この「南方ハエナワ結び」だ!

上に示した手順のイラストを見るとわかるように、
「内掛け結び」と「外掛け結び」の2種類の結びを組み合わせているのが特徴。

違う種類の結びが組み合わされていることにより、
ハリスを引いたときに結び目の締まる(結び目に力が加わる)箇所が分散されてハリスが切れにくくなるのだ。

ちょっと結び方が複雑だが、慣れてしまえば船上でも結べるのでぜひ覚えておきたい結びだ。

この結びにはいろいろなバリエーションがある。
ここで紹介しているのは、チモト側が外掛け結び、フトコロ側が内掛け結びの組み合わせ。

この逆パターンでチモト側を内掛け、フトコロ側を外掛けにすることも可能で同様の強度がある。

ここでで紹介しているのは一般的な結び方。
タタキバリがよく使われる生きイワシエサのフカセ釣りでよく採用される結びだ。

安定した強度があるので、もちろん環付きバリに採用しても問題はない。

強度アップを狙うなら 編み付け補強!

南方ハエナワ結びの補強バージョン

「南方ハエナワ結び」の編み付け補強バージョンの完成形

キハダ狙いのコマセ釣りでは、食い渋り時にハリスを細くすることもある。
また重い環付きバリから軽いタタキバリに変更するときもある。

そんなときに南方ハエナワ結びを採用し、さらに強度アップを狙うなら、
上のイラストで示したように編み付け補強を施すといいだろう。

補強用の糸は、ナイロンかフロロカーボンの4~6号ぐらいが結びやすく、
強度もそれなりに出る。あまり太いと結びにくくなる。

補強用の糸が必要になり結び方がさらに複雑になるので、船上で結ぶのは困難だ。

この結びを採用する仕掛けは、あらかじめ作って準備しておくようにしたい。

以上の記事は「つり丸」2019年8月15日号の掲載記事です。

関連記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
最新記事
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル