MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【東京湾・猿島沖周辺】真夏のタチウオ”好釣”シーズン継続中!

【東京湾・猿島沖周辺】真夏のタチウオ”好釣”シーズン継続中!

夏の好シーズン突入中!東京湾のタチウオ。猿島沖~観音崎沖~第二海堡沖周辺の浅いタナで狙える!誘いとアワセを工夫してアタってからのタチウオとのかけひきを楽しもう!基本を押さえて、お土産バッチリだ!!

大型もまじる! タナも浅くなってくる

今年は春のシーズンオフがなく、ずっと釣れ続いている東京湾のタチウオ。
7月に入って、アタリが多くなり、数釣れだしている。

今回の取材は7月中旬に新安浦港「義和丸」の午前タチウオに乗船。
当日は猿島沖を狙ったが、日によってもう少し南に位置する観音崎沖のほか、第二海保沖を狙うこともある。

「最近は中小型が数釣れるなかで、時々大きなのがまじっていますね」と村上義人船長が話すように、
指3本幅のサイズがコンスタントに釣れるなか、時おり指4~5本幅の大型がまじる展開となった。

取材時のポイントは概ね水深50m前後で、タナは海底から15m前後までの範囲。
取材後は釣れる水深がじょじょに浅くなっている。

浅いタナで狙えるので、アタってからのタチウオとのかけひきがますますおもしろくなるだろう!

ライト用、ゲームロッドなど 7対3調子竿がオススメ

竿は7対3調子のライト用、またはゲームロッド

取材当日、「義和丸」での指定オモリは80号と60号。
水深50mでは80号を使用し、もう少し水深が浅いときは60号を使用するという指示。

そのため、竿はオモリ60~80号に対応するもの。
近年ではいろいろなターゲットに使用できる汎用性が高いライト用、
またはゲームロッドを使用する人が多くオススメだ。

調子は7対3を基準に、軟らかめが好みであれば6対4、硬めが好みなら8対2をセレクトしよう。

リールは小型電動、または手巻きの小型両軸。
この時期は比較的タナが浅いので、手巻きリールでも苦ではないだろう。

2タックル用意できるなら、深ダナ用に電動タックル、
浅ダナ用に手巻きタックルを使い分けるのもオススメだ。

道糸はPEラインの2号以下。200m以上巻いてあればOK。
道糸が細いほど、潮の影響を受けにくくなり、微妙なアタリが分かりやすくなるだろう。

仕掛けはシンプル エサ付けはていねいに!

仕掛けは上のイラストのとおり。
近年はエサの動きを重視して、シンプルな1本バリ仕掛けが主流となっている。

ハリスは5~6号。ドラゴン級の大型が多いときは7~8号でも可。
ハリスの長さは1.5~2mぐらい。ハリスは短いほうが、エサが確実に動きやすい。
ハリスの長さによってもアタリの数が変わってくるので、いろいろ試してみよう。

ハリはタチウオバリの1~2号、または1/0~2/0。
ケン付きタイプがエサがズレないのでオススメだ。
1号、または1/0が標準の大きさ。大型が多いとき、または付けエサが大きいときは2号や2/0を使おう。

そしてハリのチモト周りのアクセサリー類は、
装着するならエサの動きや食い込みを妨げないようなシンプルなものを使おう。

また水中ライトをつける人もいるが、タナが深いときに有効となりやすい。
タナが20~30mと浅いときはあまり必要ないだろう。

「義和丸」で配られるエサはサバの切り身。エサ付けは下のイラストのとおり。
この釣りでは、とくにエサ付けが重要。

ハリの軸に対してまっすぐ刺し、誘ってもエサがズレないことが大事。
曲がっていると誘ったときに不自然に動いてしまう。

またエサがズレても不自然に動くので、細心の注意を払うこと。

エサはサバの切り身。基本は縫い刺し
取材当日はオモリ60号と80号を用意した。オモリの号数は釣行前に必ず確認しよう

まずはタナの範囲を探る アタってからが腕の見せ所

見事にフッキング!タチウオの引きは強く楽しい

仕掛けを投入したら、指示ダナの範囲を誘い探ってアタリを出す。
取材当日は村上船長から「底から15mぐらいまで」というタナ指示が出た。
海底まで仕掛けを落としてから、15m上まで誘い探ろう。
また「20~30mまで」という指示の場合は、30mまで落としてから20mまで探る。

アタリの出方はいろいろ。コツンと小さいアタリだったり、
モタレるような重いアタリだったり、またはガツンと強いアタリのときもある。

アタってもそのまま誘い続けるのが今の主流の釣り方。
誘い続けているとハリ掛かりするのだ。または誘い続けて、強く引き込んだらアワせる。

アタってからの誘い方だが、より小刻みに誘ったほうがいい場合もあれば、
よりシャープに誘ったほうがいい場合もある。
また、誘うスピードをスローにしたり、速くするなど、その日のパターンを早く見つけることがカギだ。

そして、アタリダナが決まってきたら、その前後を集中的に探ると効率がいい。
タチウオは歯が鋭いので、取り込み後の扱いに注意すること。

猿島沖〜 観音崎沖〜第二海堡沖 夏タチ好調!釣行レポート

好調に釣れていると船団ができる

猿島沖〜観音崎沖が目下のメインポイント

夏の好シーズンに突入した東京湾のタチウオ!好調続きで今がオススメだ

常連さんは着実に掛けていく!

当日もメータオーバーの大型が取り込まれた!

永井名人も良型を手にした!

かけひきを楽しんでうまく食わせよう!

お土産バッチリ!!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・新安浦「義和丸」

東京湾のタチウオが夏の好シーズンに突入している。アタリが多く、数釣りができる日も多い。
今回取材で乗船したのは新安浦港「義和丸」。

当日狙ったポイントは猿島沖。このほか観音崎沖、第ニ海堡沖なども狙っている。

「タチウオは良くなってきましたよ!今日みたいに中小型が釣れ続くなかで、
時々大型がまじっているので楽しめます」と話すのは「義和丸」の村上義人船長。

取材時は水深55〜70mを狙ったが、取材後は水深30mの浅場でも釣れた日もあった。
今後は水深、タナともに浅くなる日が多くなるだろう。
使用オモリの号数が変わることもあるので、釣行前には必ず確認しよう。

タチウオは釣って楽しいだけでなく、食べても美味。刺身、塩焼き、テンプラなど、
上品な味わいでいろいろ楽しめるのも魅力だ。

好調な今なら基本をしっかり押さえれば、お土産は堅い東京湾の夏タチ。
ぜひチャレンジしてみよう

以上の記事は「つり丸」2019年8月15日号の掲載記事です。

関連記事
いよいよ夏本番。走水沖ではブランドの夏アジが絶好調!連日30cm前後のジャンボサイズ主体に、束釣り(100匹)を達成して早揚がりもある。別格な美味!走水沖のビシアジは初心者や夏休みのファミリーフィッシングにもオススメだ。
更新: 2019-08-17 07:00:00
新子安恵比須橋の「だてまき丸」マゴチが宿の看板。一年の多くの期間をマゴチ乗合で出船しており、今シーズンも好釣果を出し続けている。これからの照りゴチシーズン!パワフルな夏マゴチの引きが堪能できるぞ‼
更新: 2019-08-15 12:00:00
平潟沖のアカムツ五目は、比較的浅場をライトなタックルで狙う波崎沖寒猫根と同様の、かなりお手軽カンタンなスタンスのアカムツ釣りだ。マゾイやアラなどプラスアルファも魅力!この夏はお好みのターゲットにチャレンジ!
更新: 2019-08-15 07:00:00
今夏は東京湾のマダコが絶好調。小柴沖のマダコは場所により小型もまじるが、2kg以上も多く、連日3〜4kg級が上がっている。最大は5.8kg!久々の爆釣シーズン!伝統的な手釣りはシンプルでビギナーにもチャンス大!!
更新: 2019-08-14 07:31:22
飯岡のシロギスは震災以来、かつての大釣りは影を潜めてしまっていたが、昨年頃から魚影復活の兆しがあり、今シーズンは爆発釣果が連発!ビギナーでも十分楽しめるので、夏休みのファミリーフィッシングにもオススメだ!
更新: 2019-08-13 07:00:00
最新記事
「アジ・サバ釣り体験教室」(主催:日本釣振興会東京都支部)が9月28日(土)に東京都平和島「まる八」(TEL 03・3762・6631、東京都大田区平和の森公園)で開催される。
更新: 2019-08-19 12:00:00
福島県小名浜沖水深120~150mの泥地でアカムツが開幕中だ。アカムツのポイントにミズダコもいるんですよ。と船長が話すのでいま流行りの2個餌木スタイルでボトムを叩くと、それがビンゴ!おいしそうなミズタコが海底から浮上してきた。
更新: 2019-08-19 07:14:43
カワハギ釣りの頂点を決めるトーナメント「ステファーノグランプリ2019」(主催:シマノ)が 9月7日(土)から関東3地区で開催される。
更新: 2019-08-18 12:00:00
大物&高級魚たちがひしめく大物釣りの聖地・銭洲が、今期も好調持続中だ。チビムロの泳がせで 良型カンパチが爆裂中!開幕から例年以上の釣果があがっている。もちろん高級五目も好調キープ。爆釣ワンダーランドの銭洲へGOだ!!
更新: 2019-08-18 07:00:00
デュエルではDUEL、YO-ZURI対象商品を2本購入するとオリジナルグッズがその場で当たる キャンペーンを7月よりスタート。
更新: 2019-08-17 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読