MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型狙いならココだ! 東伊豆富戸沖のアカムツ【東伊豆富戸沖】

大型狙いならココだ! 東伊豆富戸沖のアカムツ【東伊豆富戸沖】

この時期、「ひろし丸」での紅い魚は、究極の深海釣り「ベニアコウ」、または大島沖の「キンメ&アコウ」、富戸沖の「オニカサゴ」、そして深海のルビー「アカムツ」と盛り沢山だ。で、今回は…狙うは「アカムツ」の首ひとつっ!!(大仁田厚調)。

狙うは「深海のルビー」アカムツ。あきらめかけたまさにその時、まばゆいばかりの宝石が浮上!

ポイントは城ヶ崎の灯台が見える、港から10分ほどの場所。港から近いが、水深は250mある。

この日は水深250m前後中心に狙った。

アカムツのアタリは比較的明確に現れる。竿先に注目。

この日良型2匹をゲットしたテル岡本。「サメがいなければ、もっと上がったはず。残念です…」 。

サメに追われながらも、無事アカムツをキャッチ。

クロムツも上がった。こちらもおいしい高級魚だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・富戸港「ひろし丸」。

例年なら幾度となく通う、深海釣りを得意とする東伊豆富戸港の「ひろし丸」だが、今年はこれが2度目の乗船となった。というのも「ひろし丸」日吉博船長は、今年4月に港での作業中に左足アキレス腱断裂の重傷を負い、9月15日に現場復帰したばかり。取材当日は、「実は、今日が復帰後2度目の出船なんです」と笑う。
快気祝いは深海釣りの夢、ベニアコウでドカン! と派手な花火を打ち上げたかったが、黒潮の接近で沖合いの潮が速く、前週末にはキンメ船が釣りをせずに引き返す始末。とても深海1000mには挑めそうもない。
しからば狙うは「深海のルビー」アカムツだ。富戸沖のアカムツはアベレージでも1~1.5㎏とビックサイズ、2㎏を超える大型も少なくない。
釣り場は航程10分弱と超近場の灯台前。しかし、この日はなかなか本命のアタリが到来しない。粘ること6時間半。あきらめかけたその時に、まばゆいばかりの宝石が浮上する。
サメの奪い食いをかわして取り込んだ1㎏と1.4㎏。シロムツとメダイで満杯のクーラーにひときわ煌くルビーレッド。日吉船長の復帰戦に華を添える一日となった。目の前が数百メートルの深海という富戸港、ベニアコウ、アコウ、キンメ、アカムツなど、今後もさまざまな深海釣りが楽しめる。

以上の記事は「つり丸」2012年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
相模湾はアマダイの本格シーズン!腰越港「多希志丸」では、11月に入りトップ10匹前後の好釣果が続き、40~50㎝級の大型もかなりまじって釣れている。美しくて美味しい冬の女王を釣りに行こう!
周年通してブランドアジを楽しませてくれる走水港「政信丸」。走水沖では連日のように50匹オーバーの釣果を更新。釣ってよし、食べてよしが、走水沖のアジ釣りの魅力。誰でも手軽に楽しめる人気ターゲットだ。
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
今期も駿河湾の絶好調の夜タチウオ。静浦沖でもドラゴンまじりで釣れている!研究熱心な船長は、大型率が高いタチウオテンヤでの釣りを推奨。釣趣バツグンのテンヤ釣りを存分に楽しみに行きましょう!!
最新記事
12月1日(日)、「第12回いすみ市大原港ふぐカットウ釣大会」(主催:夷隅東部漁業協同組合大原遊漁船部会)が千葉県大原港で参加者207人で開催された。
相模湾はアマダイの本格シーズン!腰越港「多希志丸」では、11月に入りトップ10匹前後の好釣果が続き、40~50㎝級の大型もかなりまじって釣れている。美しくて美味しい冬の女王を釣りに行こう!
周年通してブランドアジを楽しませてくれる走水港「政信丸」。走水沖では連日のように50匹オーバーの釣果を更新。釣ってよし、食べてよしが、走水沖のアジ釣りの魅力。誰でも手軽に楽しめる人気ターゲットだ。
大栄丸(小湊港)の釣果情報を掲載
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読