MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
世界で一番カジキに近い海へ!マレーシアで憧れの大物を釣る!

世界で一番カジキに近い海へ!マレーシアで憧れの大物を釣る!

一般の沖釣り師にとっては、あまり縁がないカジキ。マレーシアのクアラロンピンへ行けば、なんと普段使い慣れたライトなタックルで手軽に憧れの大物を釣り上げることができる。夢のカジキとの2ショットを是非!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

セイルフィッシュパラダイス マレーシア・カジキ釣り大会釣行レポート

マレーシアの首都、クアラルンプールに聳え立つツインタワー。
ここ周辺には近代的な高層ビルが立ち並ぶ。東南アジア経済の中心都市でもある

空港からロンピンの往復、現地の移動はツアー会社が案内してくれる

現地での宿泊は、ホテル「ゴールデンビーチ&ゴルフリゾート」ホテルのビーチでは美しい朝陽があがる

大会初日、一斉にスタートした40艇のボート

エサの小魚はリーダーに道糸に風船を付けて沖へ流す

ライブベイトはこの小魚!大型魚のクイーンフィッシュであるこの幼魚や小アジがカジキのエサだ。東京湾などで使用する小アジサビキで釣る

このカジキ釣り大会には、アジアだけでなくヨーロッパやアメリカなど世界中のアングラーが集結

タックルは、PE3〜4号を300m収納する中型スピニングもしくは両軸リールと近海用ジギングロッドなどで十分。

普段使い慣れたライトなタックルで手軽に憧れの大物!

ヒットしてからのファイトタイムは平均10〜20分ほど。

大会開催中は1本釣り上げることに船内はもちろんこの周辺の海上が盛り上がる

カジキは大会だけでなく、この海域ではすべてオールリリースがルール

日本人チーム「サムライジャパン」の選手でありリーダーマンとして活躍した土屋さん。昨年に続き見事セイルフィッシュをキャッチ

セイルフィッシュは一年じゅう釣れるが、ハイシーズンは9月と10月。

エギングでアオリイカキャッチ!この海域ではさまざまなイカが生息する。ヤリイカやケンサキイカも餌木に乗る

総合2位となったチーム「ペンバトル」。27本釣り上げ1位との差は1本

ロンピン沖を舞台に9月24日25日の二日間で行われたカジキ釣りの国際大会。優勝はマレーシアとシンガポールの混合チーム「ロンピンオーシャン1」が28本を釣り上げ優勝

次回の大会は2017年9月15日〜17日に開催される

表彰会場では、さまざまな催しが行われた

取材協力・問い合わせ:マレーシア政府観光局

カジキといえば、ふだん近場で楽しんでいる沖釣り師にとっては、あまり縁がない、むしろ、釣る機会がないと思う人も多いだろう。

マレーシアのクアラロンピンへ行けば、なんと普段使い慣れたライトなタックルで手軽に憧れの大物、10〜40㎏のカジキ、セイルフィッシュを釣り上げることができる。

どんな釣りかというと、ボートからの、ズバリ〝小魚エサの泳がせフカセ釣り〟だ。

まず、エサとなる魚は、小アジやサバに似たクイーンフィッシュの幼魚などを東京湾などで使われている小アジサビキで釣る。

それをイケスで生かしておき、エサにしてフカセ釣りをするのだ。

タックルは、PE3〜4号を300m収納する中型スピニングもしくは両軸リールと近海用ジギングロッドなどで十分。

これなら海外といえども専用のものを用意する必要はない。普段使い慣れたものでよいのだ。

ヒットしてからのファイトタイムは平均10〜20分ほど。

つまり、誰にでも手軽にエントリー可能な大物釣りなのである。

夢のカジキとの2ショットも意外なほど簡単に実現可能だ。

マレーシアへは日本からは片道約6時間ほど。

クアラロンピンは首都クアラルンプールから車で約4時間。

ツアー会社を利用して行くのが現実的。

セイルフィッシュは一年じゅう釣れるが、12月から3月は季節風によるシケが多いためシーズンオフとされ、ハイシーズンは9月と10月。

気になる現地の食事は、日本人の口にも合う。

釣りだけでなく、観光地も充実している。意外と遠いようで近いマレーシア。

ぜひ、この機会にセイルフィッシュ釣りを体験してみてほしい。

以上の記事は「つり丸」2017年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
最新記事
超高輝度!深海専用集魚フラッシュライト 仕掛け屋本舗「超! 高輝度 LED深海専用集魚フラッシュライト」
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル