MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【福島・小名浜沖】浅場でアカムツ&餌木でミズダコ開幕中!

【福島・小名浜沖】浅場でアカムツ&餌木でミズダコ開幕中!

福島県小名浜沖水深120~150mの泥地でアカムツが開幕中だ。アカムツのポイントにミズダコもいるんですよ。と船長が話すのでいま流行りの2個餌木スタイルでボトムを叩くと、それがビンゴ!おいしそうなミズタコが海底から浮上してきた。

新ポイント2シーズン目の乗っ込みアカムツに注目!新ターゲットのミズダコは2個餌木釣法で!

未知の新ポイント 2シーズン目に期待

福島海域の夏〜秋のアカムツ釣りは、昨年からスタートし、今期で2シーズン目を迎える。
そのきっかけを作ったのは、福島県小名浜港「第八光勝丸」の松原光平船長だ。

今期の様子を聞くと、
「昨年は8月にボチボチとアカムツ探索に出てお盆ころからいい釣果を出してました。
今期は6月末から探索を開始しましたが、群れはあまり固まっていないようで、
毎日毎日、どうにかアカムツを探し当てている状況です。
いないわけではないので、茨城海域同様、8月後半ころから群れが固まり釣りやすくなっていくと思います。
とはいえ2シーズン目ですからね。どうなることやら…」とのこと。

このアカムツは回遊魚。しかもアジやメバルのように魚探に反応をださない。
そして、ポイントも起伏ある根ではなく平坦な泥場がほとんど。
船長泣かせのターゲットでもある。

現在は「光勝丸」単独ではなく、僚船同士で連絡をとりあい、
ポイントを共有するようになってきているというので、
8月後半以降は昨年同様釣果を期待できるとの予想だ。

タックルは茨城海域と同じ 胴付き2本バリ仕掛けが主流

この季節のポイントの水深は120〜140mほど。
昨年のパターンから予想すると使用オモリは120号と軽くなる。

仕掛けは、胴付き2〜3本バリ。ハリス5〜6号40〜50㎝。
ハリはホタ16〜17号。またはムツ16〜17号。
幹糸は8〜10号。枝間は1.2m。ステ糸6号1〜1.2m。

中オモリは8〜10号でなくてもよい。
昨年は3本バリが主流であったが、今期は茨城同様2本バリが主流になりつつある。

オモリの大きさは船宿により異なるのでまずは船長に使用するオモリのサイズを確認しよう。 

竿は長さ2m前後の7対3もしくは8対2調子の中深場専用竿。
東京湾や相模湾のビシアジ用でもよい。手持ち竿で操作性のよいものを選択しよう。

リールは中型電動リール。
シマノ社製なら800番〜3000番、ダイワ社製なら300番〜500番、エイテック製なら500番が適合。

電動リールに収納するPEラインは3号で十分。
ベテランはPE2号を使う人もいる。
道糸は最低でも300mはほしい。高切れも想定して400mあればなおよい。

ボトムで静かに誘い エサのフォールで食わそう

さて、エサはホタルイカと魚の切り身の組み合わせ、いわゆる、アカムツエサの基本形でいい。
身エサはさまざまなものが使える。

サバの切り身が基本だが、サケ皮、ソウダ、イカタン、ヒラメの皮、ワームなど
エサ持ちがよいものならなんでもよい。

釣り方は茨城海域と全く同じだ。
ポイントのボトムは泥地。起伏は少なく根掛かりもほとんどない。

オモリが底に着いたらゼロテンションでアタリを待ち、
アタリがなければ、50㎝〜1mほど竿先を海面に送り込みタルマセる。

道糸が張るまで静かに待つか、意図的に張ってやり再びゼロテンションでアタリを待つ。

これでもアタリがなければ、
オモリを移動させるために竿を静かに聞きあげてゆっくりと竿をもとに戻し底ダチを取り、
再びゼロテンションでアタリを待つ。という一連の動作を繰り返す。

いずれもエサのフォール&静止の状態を作るための動作。
アカムツはフォールしてくるエサに強い反応をしめし、静止したときに捕食するからだ。

魚の活性が高いときは、オモリの着底直後にヒットする。アタリが出たら即アワセは禁物だ。
そのまま、アタリを静かに眺め一呼吸おいてから竿をゆっくりと聞き上げよう。

テンションを張った状態で重みを感じたり、グングングンと引くようなら、電動スイッチオン!
中速程度で手持ち竿のままで巻き上げよう。
アカムツなら定番である残り100mを超えたあたりからガクガクガクと引くハズだ。

アカムツポイントでミズダコ釣りが可能

ポイントやターゲット開拓に熱心な松原船長はこの春からミズダコを試行錯誤しながら試釣している。
「アカムツのポイントにはミズダコもいるんですよ。ジグにヒットしてくるくらいですからね。

釣り方はよく分からないので、
エサのサンマだけうちで用意してお客さんに工夫してもらって釣ってもらってました。
オリジナルのテンヤを作ってきたひとは、なんと7杯もあげてましたよ」と船長。

使用オモリは120〜150号、つまりアカムツと同じ。
船長オリジナルのタコテンヤは、タコカンナの間にオモリを挟むというもの。

しかし、相手はタコ。いま流行りの2個餌木釣法でどうにか釣れないかと試してみると、
これが正解。短時間で見事一人で5杯ものミズダコをキャッチできた。

その仕掛けとは、2個餌木用サルカンに120号オモリ、に通常の2個餌木、
もしくは餌木とタコテンヤの組み合わせ。

結果的には、2個餌木のみでも乗るが、
サンマエサを餌木やテンヤに巻きつけたほうが断然乗りがよかった。

餌木やテンヤには生エサをタコ糸や針金でくくりつけることで
タコへ高アピールが可能になるのだ。

タックルはアカムツ用そのままでオーケー。
ただし、道糸のPE2号はパワー負けするかもしれないので避けたい。
タコ狙いの場合は道糸は最低でも3号以上を使いたい。

船長が考案したミズダコ専用テンヤ。船でレンタル可能

エサ巻きの餌木とテンヤの組み合わせが効果大

釣り方はカレイと同じ。 仕掛けをボトムで小突くのみ

釣り方はカレイ釣りと同じと思ってよい。ボトムで仕掛けをひたすら小突いてタコにアピール。
たまに、仕掛けをスーとボトムから上げて移動させるだけ。

小突くといっても水深も深いしカレイに比べてタックルもヘビーなので、
オモリがあまり浮かないように1秒間隔くらいで竿をしっかりとシャクルとよい。
カワハギのようなタタキ動作をしても、糸フケがあるので仕掛けにはその動きは伝わらないので注意しよう。

アタリはかなり明確だ。簡単にいうとガツっと根掛かりした感じだ。
その根掛かりが外れずっしりとした重みが竿にあれば、ほぼミズダコ確定だ。

サイズはさまざまだが、大きいものはゆうに5kg以上はあるので、
巻き上げには電動のパワーが必要になる。

水面での取り込みは必ずタモ網を使用。ここでバレることが一番多いからだ。
取り込み後は、ネットに入れてイケスなどで生かしておくとよい。

小名浜沖のアカムツ&ミズダコ シーズン開幕!釣行レポート

ナイスボディの個体がそろう小名浜沖のアカムツ。味もいい

今期の6月7月中は、波崎沖と同じくアカムツはムラがあったが、
昨年も本格化したのは8月半ば以降。これからに期待しよう

アカムツの状態はこれからますます乗っ込みに備えよくなっていく

ミズダコは大きいのはむろん、水面でハズレやすいので取り込みは必ずタモ網を利用する

ミズダコのポイントはまだまだ未知だ

アカムツタックルをそのままでタコ仕掛けに変えただけでミズダコが狙えた

高級ダコの浮上のたびに船上には歓喜の声が響きわたる

初めて釣りました!

2つ餌木を使ったシンプルな仕掛けで見事2杯目のミズダコゲット

スロージギングにはミズダコが連発中

エサ巻き餌木とテンヤのダブルアイテムの小突きにきたミズダコ

ジャンボユメカサゴがきた。この魚は場荒れのバロメーター

高級魚マゾイが多くまじった。良型ばかりだ

今回、取材にご協力いただいたのは、福島・小名浜港「光勝丸」

茨城海域と同じタイミングで福島県小名浜沖水深120~150mの泥地でアカムツが開幕中だ。
なんとってもこのエリアのアカムツ釣りは歴史は浅い。
初夏から秋の浅場シーズンは今期で2シーズン目だ。

「昨年から開拓し始めたこの海域のアカムツですから、毎日毎日今シーズンも手探りの状態です」とは、
福島海域のアカムツ釣りに火をつけた小名浜港「光勝丸」の松原光平船長。

アカムツが乗っ込む水深は茨城海域、カンネコ根や高萩沖とほぼ同じ。
常磐エリアの延長線にこの海域があると思ってよい。
そのためタックルも釣り方も茨城海域とほぼ同じだ。

「とりあえずオモリは150号を使ってもらってます。
昨年と同じように水深120~130mラインにアカムツの群れが入ってきて数釣れるようになったら
オモリは120号に変更するかもしれません」と松原船長は話す。

「この春から試してるんですけど、アカムツのポイントにミズダコもいるんですよ。
どうにか釣れないかと思っていろいろ試してます」と船長が話すので
いま流行りの2個餌木スタイルでボトムを叩くと、それがビンゴ!
おいしそうなミズタコが海底から浮上してきた。

「オリジナルの仕掛けを使って7杯釣った人もします。
今後もアカムツの様子をみながら、ミズダコを狙っていこうと思ってます」と、
状況次第でこの大ダコを狙う機会が増えていきそうだ。

アカムツは昨年のパターンから予想すると8月の後半以降からさらに上向くだろう。

以上の記事は「つり丸」2019年9月1日号の掲載記事です。

関連記事
今年の伊豆諸島周辺のカンパチは当り年。群れが濃く、エサのムロアジの湧きもよい。釣れるカンパチのアベレージはなんと10kg前後で20kg前後も顔を出す!近年稀に見るカンパチ当たり年の今秋、東海汽船利用で三宅島一泊釣行にぜひチャレンジしてほしい。
更新: 2019-10-12 07:00:00
駿河湾・清水「大宝丸」の夜タチが、港内で爆釣している!釣り方はスーパーライトジギングでオーケー。ルアーだけでなく、エサ釣り同船も。長橋船長は今回、このポイントで2.8㎏のドラゴンを上げた!記録魚も狙える湾内ナイトゲームを満喫しよう。
更新: 2019-10-09 19:47:27
平塚港「庄三郎丸」では、周年ライトウイリー五目で出船。現在はイナダが好調なため、ライトイナダ五目船としてイナダをメインに狙っている。丸々太ったイナダのほか1.5〜2㎏のカンパチも!バケ仕掛けが有利だ!
更新: 2019-10-05 22:03:54
鹿島旧港「義心丸」では、現在2便態勢でひとつテンヤマダイに出船。ハナダイ、青物、根魚、ヒラメやホウボウなどゲストも多彩。テンヤ&タイラバタックル、釣り方の基本を押さえて食味も最高の「紅葉鯛」を手にしよう!
更新: 2019-10-03 07:00:00
飯岡沖のテンヤマダイが好調。現在も魚礁周りでコンスタントに大ダイがヒット中。大型を取り込むには多少の運も必要となるが、太めのラインを使って、ドラグを緩めすぎず、強気のやり取りをするのが取り込む確率を高めるのだ。
更新: 2019-09-27 07:00:00
最新記事
茨城エリアのテンヤマダイは、年内いっぱいぐらいがベストシーズン!例年、この時期は数、型ともに楽しめる。またゲストも豊富で、定番の根魚をはじめ青物もヒット。日立久慈港「大貫丸」でも本命を含めアタリが多く、今後も爆釣が期待できる!
更新: 2019-10-15 12:00:00
CLUE OFFSHORE GAMES 番外編 九十九里片貝港プレミアムライトジギング(PLJ)10月20日に開催 参加者募集
更新: 2019-10-15 07:00:00
3000番でキハダ20kgクラス、スルメ15点掛けにも対応する2019年限定モデル「フォースマスター リミテッド3000」
更新: 2019-10-14 12:00:00
東伊豆、伊東沖で秋のマダイが好調!今回の取材でも良型2.5㎏、2.4㎏、4㎏と型物が連発している。釣り場が近く、豊富なゲストも魅力で特大アジやカイワリはレギュラーゲスト。今後も爆釣の期待大だ!
更新: 2019-10-14 07:00:00
魚を掴んだときのロック作業を簡単にできるフィッシュグリップ がまかつ「フィッシュグリップ GM-2501」
更新: 2019-10-13 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読