MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【福島・富岡沖】ライトゲーム船で高級根魚&大判ビラメ!

【福島・富岡沖】ライトゲーム船で高級根魚&大判ビラメ!

福島の海が回復。豊穣な海となって多くの釣り人を楽しませてくれている。釣れるのはヒラメ、マゾイ、クロソイ、メバル、アイナメ、マダイ、カレイ、青物etc。おいしい高級魚ばかり。半日も釣ればお土産十分。

福島県富岡沖のライトゲーム船!釣行レポート

富岡港の全景。復興の港だ

夏はおだやかな海上で釣りが楽しめる

使用するライトゲームのジグのサイズはポイントの水深から40〜80gがメイン。
さまざまなものを試すことができる

タイラバに来たクロメバル。マゴチゲームの使用するテンヤ&ワームもオーケー

SLJを満喫する地元アングラー。
ロックフィッシュをメインに中型クーラーがいっぱいになるほどの好釣果を得ていた

食べておいしい良型マゾイがロックフィッシュのメインターゲット

ジグにはさまざまな魚がヒットする

イナダやワラサも回遊中

近年あまり姿を見せなかったアイナメが多くまじるようになっている。
これもジグでキャッチ

大ビラメの取り込みは中乗りさんにおまかせ
ヒラメのサイズはきちんと計測する

「おっ!ナイスサイズ!」といいたいところだが、
ここでは50cm未満はオールリリースがルール

テンヤタックルにテンヤ&ワームの組み合わせでヒットした83㎝5.6kgの大ビラメ。
ヤリトリはかなりスリリング!!これが高確率で味わえるのが魅力である

2枚目も80㎝オーバー。5kg以上だ

ジギングに大ビラメが来た。取り込みは慎重に行う

これもジギングでヒットした80㎝オーバー。
持ち帰りは5枚までというルールも納得できる

クーラーのなかは高級根魚でいっぱいになる

大型ヒラメをゲットした人に配られるステッカー

今回、取材にご協力いただいたのは、福島・富岡港「長栄丸」

福島の海が回復している。
しかも、さらに豊穣な海となって多くの釣り人たちを楽しませてくれている。

この豊かな海を未来永劫守っていきたい、と強く願い少しでも多くの釣り人たちに
いまの福島の海や魚の現状を伝えたいと遊漁船の立場で活動しているのが、
福島県富岡港「長栄丸」の石井宏和船長だ。

ようやく本拠地である富岡港に戻り6月29日よりここから出船している。

「震災前も富岡沖は魚資源の豊富な海域でしたが、いまはさらに魚が増えてます。
少しでも長くこの海でたくさんの人たちに釣りを楽しんでもらいたいと思い、
ヒラメの持ち帰りは5枚までいうルールを作りました。50cm未満はリリースしてもらってます」。

エサ釣りでヒラメ釣りをこの周辺海域で経験した人は、尾数制限はどうして?と思う人もいるだろうが、
実際にこのライトゲーム船に乗船してみると、ルアーゲームを思う存分、
想像以上に楽しむことができるので、大満足感を味わえるのだ。

飽きることのないアタリの数、
釣れるのはヒラメ、マゾイ、クロソイ、メバル、アイナメ、マダイ、カレイ、青物etc。
みなおいしい高級魚ばかり。半日も釣ればお土産は十分すぎるくらいになる。

釣り方は、道糸PE1.5号以下のものでルアーゲームならほぼなんでもオーケー。
メインはSLJ(スーパーライトジギング)とタイラバだ。

水深が30〜50mと浅いのでそれに対応するサイズのルアーならなんでもよいという。
テンヤにワームを装着してもよい。

これからがまさにヒラメの好シーズン。
ライトタックルでの5kgオーバーのヒラメの引きは半端なく楽しめるぞ。

以上の記事は「つり丸」2019年9月1日号の掲載記事です。

関連記事
手軽でゲーム性高く超楽しい!SLジギング「公布号」では、マダイ、ヒラメ、ヒラマサ、ワラサ、サワラ、マハタ、カサゴ、アイナメ…と、外房エリアに生息、回遊して来る代表的な魚はほとんどヒットしている。
千葉県長浦港「こなや」では、この時期シーバスジギングが活況。水温が上がり始めればグッと釣果も上向くのが例年のパターン。ここでは、基本的なタックルセレクトとベーシック釣法&釣行レポートを紹介する。
相模湾のサワラのルアーゲームは、イワシを追って跳ねればキャスティング、それ以外はジギング。タックルは2種類が必要となる。今回はタックルと釣り方の概要を紹介!極上サワラをぜひキャッチしていただきたい。
東京湾の冬の名物ジギングシーバスがシーズン佳境を迎える。川崎「つり幸」は古くからシーバス乗合を続けている船のひとつだ。タックル、釣り方の基本を押さえておこう!
全国的に人気のラバージグを使ったタイラバゲーム。ここでは希少な外房のタイラバ船、御宿岩和田港「長栄丸」でのタイラバゲームを紹介。エキサイティングな季節が到来する岩和田沖の釣り。ぜひ挑戦してほしい。
最新記事
チタントップと高感度ブランク採用のライトゲーム専用ロッド 「LG73」「LG82」
アブラボウズ。めったにお目にかかれない巨大魚だ。大きいと優に重量は100㎏を超える。この時期は、石廊崎周辺水深600mの根周りに産卵のためにアブラボウズが集結。深海モンスターゲットのチャンスだ!
東京湾では、2月1日からバル釣りが開幕!本牧港「長崎屋」では、2月から「エビメバル」と呼ばれるエサで狙うメバル釣りをスタート!小林名人の追い食いテクニックを参考にチャレンジしてみよう!
東京湾のイシモチが好期に突入。手軽な道具で小さな子どもたちも楽しめるが、ベテランも夢中になる奥深さもある。これから春先までが落ちの時期で大型狙いも有望。銀色に輝く魚体は見事なサイズが揃っている。
東京湾では、異例のタチウオ激釣が続いている。小柴港「三喜丸」では指4本サイズがアベレージで、メーター超え指5本サイズも多くまじる確変中!今が釣行チャンスだ!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読