MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【福島・富岡沖】ライトゲーム船で高級根魚&大判ビラメ!

【福島・富岡沖】ライトゲーム船で高級根魚&大判ビラメ!

福島の海が回復。豊穣な海となって多くの釣り人を楽しませてくれている。釣れるのはヒラメ、マゾイ、クロソイ、メバル、アイナメ、マダイ、カレイ、青物etc。おいしい高級魚ばかり。半日も釣ればお土産十分。

perm_media 《画像ギャラリー》【福島・富岡沖】ライトゲーム船で高級根魚&大判ビラメ!の画像をチェック! navigate_next

福島県富岡沖のライトゲーム船!釣行レポート

富岡港の全景。復興の港だ

夏はおだやかな海上で釣りが楽しめる

使用するライトゲームのジグのサイズはポイントの水深から40〜80gがメイン。
さまざまなものを試すことができる

タイラバに来たクロメバル。マゴチゲームの使用するテンヤ&ワームもオーケー

SLJを満喫する地元アングラー。
ロックフィッシュをメインに中型クーラーがいっぱいになるほどの好釣果を得ていた

食べておいしい良型マゾイがロックフィッシュのメインターゲット

ジグにはさまざまな魚がヒットする

イナダやワラサも回遊中

近年あまり姿を見せなかったアイナメが多くまじるようになっている。
これもジグでキャッチ

大ビラメの取り込みは中乗りさんにおまかせ
ヒラメのサイズはきちんと計測する

「おっ!ナイスサイズ!」といいたいところだが、
ここでは50cm未満はオールリリースがルール

テンヤタックルにテンヤ&ワームの組み合わせでヒットした83㎝5.6kgの大ビラメ。
ヤリトリはかなりスリリング!!これが高確率で味わえるのが魅力である

2枚目も80㎝オーバー。5kg以上だ

ジギングに大ビラメが来た。取り込みは慎重に行う

これもジギングでヒットした80㎝オーバー。
持ち帰りは5枚までというルールも納得できる

クーラーのなかは高級根魚でいっぱいになる

大型ヒラメをゲットした人に配られるステッカー

今回、取材にご協力いただいたのは、福島・富岡港「長栄丸」

福島の海が回復している。
しかも、さらに豊穣な海となって多くの釣り人たちを楽しませてくれている。

この豊かな海を未来永劫守っていきたい、と強く願い少しでも多くの釣り人たちに
いまの福島の海や魚の現状を伝えたいと遊漁船の立場で活動しているのが、
福島県富岡港「長栄丸」の石井宏和船長だ。

ようやく本拠地である富岡港に戻り6月29日よりここから出船している。

「震災前も富岡沖は魚資源の豊富な海域でしたが、いまはさらに魚が増えてます。
少しでも長くこの海でたくさんの人たちに釣りを楽しんでもらいたいと思い、
ヒラメの持ち帰りは5枚までいうルールを作りました。50cm未満はリリースしてもらってます」。

エサ釣りでヒラメ釣りをこの周辺海域で経験した人は、尾数制限はどうして?と思う人もいるだろうが、
実際にこのライトゲーム船に乗船してみると、ルアーゲームを思う存分、
想像以上に楽しむことができるので、大満足感を味わえるのだ。

飽きることのないアタリの数、
釣れるのはヒラメ、マゾイ、クロソイ、メバル、アイナメ、マダイ、カレイ、青物etc。
みなおいしい高級魚ばかり。半日も釣ればお土産は十分すぎるくらいになる。

釣り方は、道糸PE1.5号以下のものでルアーゲームならほぼなんでもオーケー。
メインはSLJ(スーパーライトジギング)とタイラバだ。

水深が30〜50mと浅いのでそれに対応するサイズのルアーならなんでもよいという。
テンヤにワームを装着してもよい。

これからがまさにヒラメの好シーズン。
ライトタックルでの5kgオーバーのヒラメの引きは半端なく楽しめるぞ。

以上の記事は「つり丸」2019年9月1日号の掲載記事です。

関連記事
マルイカやイワシ類に付いた野性的なマダイを狙うのが「たいぞう丸」の「タイラバ五目」。広大なポイントを片舷限定のドテラ流しで攻められるメリットを生かして、年々新たなポイントが開拓されている。
東京湾のマダイが好機突入中!タイラバを使ったマダイゲームは安定感抜群。二大好機の春は大型が出やすいのが魅力!基本釣法をおさらいして大ダイをゲットしよう!
ナイトゲームのシーバス乗合はシーズン前期の最終盤に突入中!夜のキャスティングゲームでシーバス&メバルと遊ぶ!ぜひ一度体験してほしい。
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
最新記事
幸昌丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
ヒシダイ(スズキ目ヒシダイ科ヒシダイ属)国内では福島県でも見つかっているが、千葉県外房以南、富山湾以南に生息。
マルイカやイワシ類に付いた野性的なマダイを狙うのが「たいぞう丸」の「タイラバ五目」。広大なポイントを片舷限定のドテラ流しで攻められるメリットを生かして、年々新たなポイントが開拓されている。
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル