MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
冬のイメージが強いけど、オニカサゴは夏も美味い【駿河湾・石花海】

冬のイメージが強いけど、オニカサゴは夏も美味い【駿河湾・石花海】

ブサイクな魚がほぼ例外なく美味なることは、皆様ご存知の通り。当然、オニカサゴもしかり。しかも、冬ではなく夏に食すオニカサゴ。オツですな。

石花海は“夏オニ”が安定して釣れる上に、サイズも大きいのが特徴

オニカサゴがヒットしたら水面近くまで、周期的に暴れる。硬めの竿を使うときは、手首のスナップを使って、引きを交わそう。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・焼津港ホテルシーパレス「ともわ丸」。

今回のターゲットはオニカサゴ。どちらかというと、鍋の美味しい季節に人気が集まる釣り物だが、海が穏やかな夏に、半袖姿に麦わら帽子で楽しむのもオツなもの。そんな“夏オニ”を狙って焼津港の「ともわ丸」で出船だ。
今回は焼津港から約1時間の場所にある石花海へと向かった。ここはオニカサゴの好ポイントが点在しており、安定して釣れるうえに平均サイズも大きいのが特徴だ。今の時期のポイントの水深は90〜150m。

駿河湾のオニカサゴはこうして攻略だっ!

オニカサゴ釣りのロッドは、全長2m前後で操作性がよく、元部から胴部にかけてしっかりとしたタイプが扱いやすい。探る水深とシンカー号数(120〜150号)に負けないパワーのあるロッドを選ぶように。
リールは中、小型でパワーのある電動タイプ。頻繁に底ダチを取り直すので、クラッチのON/OFFが片手で操作できると非常に楽だ。誘いが決め手となる釣りなので、ロッドとリールともに軽量タイプが好ましい。

オニカサゴは派手なエサがお好き!? 半日も真剣にやれば数釣り可能

激釣! 余談だが、オニカサゴのヒレ酒も美味い!

底ダチ取ったらすぐに同時ヒットしましたよ!

駿河湾の中央部に位置する石花海。ここで釣れる魚やイカはみんなおいしい。初夏は脂ノリノリの激うまイサキが知られるが、水深90〜150mで釣れるオニカサゴも絶品だ。
軟調子の竿を使って置き竿で釣るのが「ともわ丸」流。仕掛けとエサにこだわりがある。
デカエサなど、派手なエサがオニカサゴの好みのようだ。夏のオニカサゴは半日真剣にやれば数釣りも可能だ。
オニカサゴは魚屋では売っていない高級魚。毒トゲのある背ビレや尻ビレなど切って持ち帰ろう。
薄造りを紅葉おろしとポン酢で頂くのは釣り人ならではの最高の贅沢だ。

以上の記事は「つり丸」2012年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
5月後半から絶好調!鹿島沖のマゴチ!今期はまだまだ魚影も濃く、ロングランが予想される!ジグヘッド+当たりワームでぜひトライしてほしい!
今回はカンタンに製作できるツインアシストフックを紹介。アシストラインの両端でフックを外掛けで結び、溶接リングをセットしたシンプルなパターン。
今年はすでに鹿島沖のテンヤマゴチが開幕。テンヤにワームをセットして狙うため気軽に挑戦でき、よく釣れる!大人の夏休みはコレ!!
波崎沖のオフショアルアーゲームが超激アツ!波崎港「征海丸」が狙っている大根周辺では、ジギングでヒラマサが絶好調!取材日はワラサやヒラメなども加わり、船上は確変!大フィーバー状態だった。
東京湾人気ルアーターゲットのタチウオ!4月下旬、ロケットスタートを切ったのは横浜新山下「渡辺釣船店」。良型&メーターオーバーが連日登場!浅場と深場の両タックルを準備して、挑戦しよう。
最新記事
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読