MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
青物・根魚&アオリイカ、五目ゲームのすすめ【新潟・柏崎沖】

青物・根魚&アオリイカ、五目ゲームのすすめ【新潟・柏崎沖】

秋の日本海はにぎやかだ。メインは青物ジギング、アオリイカ狙いのエギング、キジハタなどの底物狙いのジギング、浅場のロックフィッシュをテキサスリグで攻める釣りも面白い。ジギングタイムなら、漁具ING系の釣りやスロー系の釣りだって楽しめる。目移りするほどの多彩さが魅力だ。

イナダ、カンパチ、ヒラマサと目的の魚はすべてキャッチに成功

ショゴが回遊していれば、船上はカンパチ一色にそまる。

秋の青物の主役はこのカンパチ。小さくてもファイトも味も抜群によい。

イナダで遊ぶ秋。1匹のファイトを楽しもう。

ヒラメの魚影も濃い。ボトム攻略でゲットしよう。

アオリイカはティップラン&中オモリのシャクリ釣りでゲット。

青物の群れに当たれば、同時ヒット、トリプルヒットはザラ。

今回の実釣取材では、青物ジギングがゲームプランの中心となった。狙いはワラサ、ブリ、そして小型ながらカンパチ、ヒラマサの確率も高いという。いざ沖へ! という前に好調というエギングでお土産作りを目論んだ。
果たして結果は上々。ほんの1時間ほどの間に、トップはツ抜けを達成。小型ながら十分な釣果をおさめ、余裕を持ってのジギングタイム突入となった。ジギングタイムも好調! と行きたいところだったが、残念ながらこちらはなかなか苦戦を強いられた。とはいえ、釣れないわけではない。この日は型がそろわなかっただけ。イナダ、カンパチ、ヒラマサと目的の魚はすべてキャッチに成功した。
これからの日本海、柏崎沖はブリ狙いの本格シーズン。魚種は少し減るものの一発狙いの時期を迎える。ぜひ、気を入れての挑戦をおすすめする。

以上の記事は「つり丸」2012年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
全国的に人気のラバージグを使ったタイラバゲーム。ここでは希少な外房のタイラバ船、御宿岩和田港「長栄丸」でのタイラバゲームを紹介。エキサイティングな季節が到来する岩和田沖の釣り。ぜひ挑戦してほしい。
鹿島沖のワラサが好調だ。しかも今期のワラサは丸々と太っている個体が多く、腹周りの身は真っ白で、大変美味。巻きさえ合えば、ビギナーでも連続ヒットあり!鹿島沖のワラサは群れも多いので、今後も期待だ!
東京湾のマダイをタイラバ釣法で狙う羽田「TAKEMARU」の釣果が絶好調だ!タイラバでの攻め方は、細かい情報が取れ、戦略を組み立てやすいバーチカルスタイル!ばっちり防寒して出掛けよう!!
常磐沖・大根で青物ジギングが絶好調!ターゲットはヒラマサ、ワラサ・ブリ(イナダ)、サワラ、カンパチ。まさに青物勢揃い!波崎港「征海丸」では昨年12月は10㎏を超す大物が何本も取り込まれた。
千葉・外房エリアでは、キャスティング&ジギングで10㎏クラスのヒラマサが好調にヒット中!今後はサンマの南下でそれを追ったヒラマサやブリ・ワラサが急上昇の予感!ぜひこの機会にキャッチしていただきたい。
最新記事
広丸(御宿岩和田)の釣果情報を掲載
極限の陸上での使用を想定したマスターオブGシリーズからブラックをまとったモデル登場!G-SHOCK「マスターオブGブラックアウト」 GW-9400J
「千とせ丸」藤間船長がエスコートする網代沖はカワハギ、カサゴ、タイやイサキ、青物コマセ五目、夏のキハダ&カツオにヒラメの食わせサビキ、冬場のキンメなど…多彩なターゲットを有す、絶好のフィールドだ。
外房・大原沖では12月にイワシの群れが回遊するようになった。それにともなって大原港「LT広布号」はイワシに付いたマダイをひとつテンヤで狙っている。大型マダイが期待できるので、ぜひ挑戦してみよう!
大原沖のヒラメは好シーズンに突入!今後、イワシの群れがくれば良型の数釣りが期待できる!まだイワシパターンには突入していないが、「富久丸」では、今年の初出船でトップ6枚。3.6kgの大型もまじっている。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読