MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【東京湾・走水沖】早朝出船で束釣り100匹!夏アジ絶好調!

【東京湾・走水沖】早朝出船で束釣り100匹!夏アジ絶好調!

いよいよ夏本番。走水沖ではブランドの夏アジが絶好調!連日30cm前後のジャンボサイズ主体に、束釣り(100匹)を達成して早揚がりもある。別格な美味!走水沖のビシアジは初心者やファミリーにもオススメだ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

早朝出船で午前中にアジを狙う! 良型アジにマダイのサプライズも!!

当日は走水沖の水深40m前後を狙った

関東地方がようやく梅雨明けすると、いよいよ夏本番。
走水沖では、ブランドの夏アジが絶好調に釣れている。

恵まれた環境で育ったアジは、体高があり肉厚で黄金色に輝き、脂の乗りが抜群。
この美味さに通い詰めるファンも多いのだ。

連日30cm前後のジャンボサイズ主体に、束釣り(100匹)を達成して早揚がりもある。

お土産率ナンバー1、食べてナンバー1、引き味も爽快な
三拍子揃ったブランドアジを楽しみに走水港「吉明丸」に向かった。

前日もその前も早揚がり!

早朝、「吉明丸」の船宿では釣り談議に花が咲く。
鈴木雅之・若船長に挨拶すると「先日釣果を確認したら、イヤ~恥ずかしくて言えない」と言いながら
「74匹でしただって」と好調な釣果に盛り上がる。

「船頭は魚のいる場所に連れて行きますけど魚を活性化させるのはお客さんですよ」とニッコリ。
つねに道具を動かして誘うことが釣果を左右するようだ。

仕度ができたら、鈴木茂則・大船長はロープをほどいて、夜明けとともにポイントを目指す。
魚探で反応を見つけると、迷うことなくイカリを投入する。
「はい41mです。下から2mくらいでやってください」と開始の合図が告げられる。

常連さんは上のハリにアカタンを付けて、下バリにアオイソメで様子を見る作戦。
コマセが効くと、右舷トモの八王子市の立川さんにファーストヒット。
シャープな引きを見せると、海面には30cmオーバーの良型がタモに収まり素敵な笑顔。

そして、左舷トモでも同サイズが抜き上げられる。
「コマセは小さく強く振ってください。そして必ず食う間を取ることが大切です」と船長。

コマセを小さく振ることでアジがまとまりやすいという。
アタリがなければ、もう一度ビシを落として同じ動作を繰り返す
「クン! クン!」と決まって返事がやってくる。

船内にはアタリが連発するが
「まだまだこんな食いじゃだめだよ。昨日もその前も早揚がりだよ」と船長も本気モード突入。

アジ釣りで真っ黒に日焼けした国立市の秋田さんは35cmオーバーを見事釣り上げる。

アジの活性が上がると、ダブル、トリプルが連発してあっと言う間に足元のバケツはアジで真っ黒になった。

付けエサはアカタン。アオイソメも各自で準備できれば万全

ハリス3号も納得! 掛かるアジはサイズがいい

この様子を見て「やんなよー!上げ潮が効いてきたよ」と船長の嬉しい一言に道具を出す。
「ほら、下のハリにはこのアオイソ付けなよ」とパンチパーマの優しい船長である。

ビシにはコマセを8分目入れる。ギューギューに入れると目詰まりするためNG。
ビシが着底したら道糸の目盛りを見てシッカリ2m巻き上げる。
小さく強く3回コマセを振ったら竿先に集中する。

すると、すぐに「ギューン」と教科書どおりの返事がくる。
ハリ掛かりを確認したら電動リールの中速で巻き上げ開始。

電動リールが唸るほどに重い!海面が黄金色に輝くとデカイ!
それも開始早々30cmオーバーの一荷達成だ。

その後も「グリグリグリー」と青物のような強い引きを見せると、
40cmちかい特大サイズが船内を盛り上げた。

想像以上に強い引きは、スリリングで心地よく癖になる感動をくれる。
ハリスが切れることもしばしばで、ハリス3号の常連さんにも納得できる。

コマセはイワシミンチ。ビシは150号

筆者にスペシャルゲストのサプライズヒット!!

大アジの高い活性を楽しむと、次第に潮が緩くなってきた。
そして竿先が「モゾッ」と今までにない変化を見せる。

半信半疑で竿を聞き上げると「ゴンゴンゴンー!」と竿先が一気に海面に引っ張られた。
「何だ!何だ?」今までにない衝撃に心臓はバクバク。
ドラグを緩めて、とにかく慎重にやり取りする。絞り込まれる強い引きを、竿と膝で必死に吸収する。

何とかビシが見えると、その先には赤く滲む魚体を確認。
仕掛けを手繰ると「タイだー!」と周囲も身を乗り出す。
無事にタモに収まると「凄いじゃん!タイもよく食うけど切られちゃうんだよね。
ここのタイも美味いんだよ」と船長も笑顔。1.5㎏級の綺麗なマダイサプライズに興奮する。

潮が緩くなると早朝ほどの活性は一段落するが、
一定のリズムでコマセをまき続けて着実に釣果を伸ばす。

太陽も真上に昇ると沖揚がりの合図。
クーラーボックスは満タンで楽しい釣行となった。

渋滞を避けて帰宅したら、その日のうちに釣りたてのブランドアジを味わえる。
たくさん釣れたら、ぜひ干物にも挑戦していただきたい。

脂の乗った肉厚干物はスーパーでは味わうことのできない高級感が堪能できる。

走水沖のビシアジは初心者や夏休みのファミリーフィッシングにもオススメ。
この夏は、走水のブランドアジで決まり!

取材者はマダイを釣り上げた

早朝出船、正午沖揚がり!東京湾・走水沖の美味アジ釣行レポート

掛かりどころが悪ければ、タモで取り込もう

30~35㎝の良型主体にアタった

良型のブランドアジ

体高があって美味しそうなアジ

走水沖のアジは好調続き!

美味アジゲット!

40cmに迫る良型

美味な良型アジにゲストのマダイ!
釣果の一部。これでもお土産としては十分!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水「吉明丸」

「吉明丸」では夏の期間限定(6月~8月末まで)で早朝釣りが楽しめる。
5時に出船して12時沖揚がり。日の出とともに出船して炎天下を避けて釣りが楽しめるシステムだ。

竿は1.5m前後の硬めの調子がコマセを振りやすくタナがとりやすいと鈴木茂則・大船長。
安定した釣果を求めて、速潮にも対応できるビシ150号を使用する。

仕掛けはハリス2号の2本バリが基本で、慣れてきたら3本バリで釣果を伸ばそう。
良型に備えて、常連さんはハリス3号を使うこともある。

この釣りは、タナ取りとコマセワークが釣果を左右する。
アタリが多くて、手軽に誰にでも楽しめることが人気の秘訣。

そのうえ、走水沖の恵まれた環境で育ったブランドアジの味は別格な美味さと定評がある。
刺身やタタキ、ナメロウはもちろん。
ジャンボアジフライはフワフワ、ホクホクでキンキンに冷えたビールとの相性はバッチリ。
釣り人の特権と言える美味しさである。

食欲増進には、締めアジや南蛮漬けが夏バテにはもってこいと常連さん。

「今年の夏は調子がいいですね。夏休みに是非遊びに来てください」と船長も太鼓判を押す。

走水沖のブランドアジを釣って、夏休みの素敵な思い出を作っていただきたい!

以上の記事は「つり丸」2019年9月1日号の掲載記事です。

関連記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
御前崎沖のマダイ五目に注目。海はまだ高水温秋の様子でいろんな魚たちが高活性!新たなメインターゲット!?のメイチダイにも注目だ!ハリス全長8m・2本バリで釣ろう!
城ケ島沖〜沖ノ瀬でクロムツ&アカムツが好調!この時期は高確率でダイヤをゲットできる。黒から赤の夢のダイヤリレー!今シーズンもダイヤはザクザクだ!!
最新記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル