MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【銭洲】魚影濃く激アツ反応!泳がせカンパチ!&高級五目!

【銭洲】魚影濃く激アツ反応!泳がせカンパチ!&高級五目!

大物&高級魚たちがひしめく大物釣りの聖地・銭洲が、今期も好調持続中だ。チビムロの泳がせで 良型カンパチが爆裂中!開幕から例年以上の釣果があがっている。もちろん高級五目も好調キープ。爆釣ワンダーランドの銭洲へGOだ!!

激アツの反応が至る所に! 入門者にもチャンスのカンパチ チビムロを見せて誘って食わせよう

今期もカンパチの魚影は濃く期待大!

大物、そして高級魚たちがひしめく大物釣りの聖地・銭洲。
釣り人なら誰もが一度は訪れたいと思う魚の宝庫に、昨年はカンパチの群れが次々と大回遊!
シーズンを通して泳がせ釣りを楽しめたが、
なんと、その勢いは今期も継続中で、開幕から例年以上の釣果があがっている。

その後も五目釣りと合わせて好調をキープし、ムロアジの泳がせシーズンを迎えた今、
さらにその勢いを増しているので、その釣り方を紹介しよう。

「実績あるポイントでの反応はバッチリでちょっとした起伏にも反応があって、
攻めれば結果も出てるよ。入門にも最適で、ぜひともビギナーにもチャレンジして欲しいよね。
カンパチとの骨太ファイトを経験したら病み付きになるくらい興奮するよ」と
笑顔を見せながら状況と魅力を話してくれたのが、
銭洲を知り尽くすエキスパート船長でもある下田港「龍正丸」の鈴木豊さんだ。

「現状ではチビムロ(25㎝未満の小型のムロアジ)を釣って生きエサとして使っているけど、
10月以降は中ムロ(30㎝まで)、その後は大ムロ(30㎝以上)と変わって行き、
それに応じてカンパチのサイズも上がって行くよ」とのことだ。

泳がせ専用の他キハダ タックルでも楽しめる

ひと昔前の泳がせ釣りのイメージは、ヘビータックルで強引に浮上させるってな感じだったが、
近年は道具の進化が著しく、ワンランク落とした細身のタックルでも十分楽しめるようになっている。

「理想を言えば、しなやかに食い込ませ、アワセもしっかり効くスタンディング専用竿に、
25㎏くらいまで圧をかけられる両軸リールがあれば万全なんだけど、チビから中ムロパターンでは、
今、相模湾あたりで流行っているキハダ用ロッドと大型電動リールの組合わせで十分対応できるからね。
エントリーしやすくなったと思うよ」と船長は言う。

道糸は最低でもPE8号。
「龍正丸」では、大型のモロコなども視野に入れているので、PE12号を推奨している。

リーダーは、使用ハリスより10号太いナイロンを使うのが一般的だが、
すべてを加味して60号を付けておけば安心できるといえ、
この時期のハリスは30~40号(フロロ、ナイロンどちらでも良い)でOK。

万全を期するなら50~60号までを用意しておくと良いだろう。
その他の道具は、仕掛け図通りだ。

泳がせ専用のタックルの他、キハダ用もOK。道糸はPE12号。

チビムロ釣り専用の のべ竿があると重宝

何はともあれ、生きたエサがなければ始まらない泳がせ釣りは、
当然ながらこのエサ釣りからスタートする。
この時期のエサはチビムロで、こいつを釣るには、専用のチビムロサビキが大活躍する。

「ムロアジの浮き方でタックルを変えた方が効率は良いよね。
オールマイティなのは、紹介してあるLT(ライトタックル)なんだけど、
チビムロはアミコマセをチャミング(上からまく)すると表層まで浮いてくるからさ。
こうなると、のべ竿の方が手返しも早く、数がまとまるんだよね」と
船長が必殺のアイテムを教えてくれた。

チビムロの数だけカンパチの期待が持てる泳がせ釣り。
釣り方は、上のイラスト通りで、チビムロサビキを使うが、
日によって良く食うサビキのカラーが変わるので、何タイプか用意して挑もう! 

これがチビムロ。使用する150号オモリと比べると大きさが分かる。

ド定番のチビムロサビキは、ピンク。ケイムラやグリーンなどがあると万全だ

コマセ釣りで高級魚のお土産も!

泳がせ釣りをメインに紹介しているが、銭洲の魅力は、近海ではなかなかお目に掛からない高級魚。
ウメイロやアオダイ、オナガダイなどの五目釣りもあるので、軽く触れておこう。

「高級魚だからといって構えることはないよ。こちらも普段近海で使用しているもので、
ビシ100号が背負える7:3~6:4調子か、腰が強目のマダイロッドと
中型電動リールのコンビでOKだから(仕掛け図参照)」と船長が微笑む。

対象魚はその都度アナウンスで教えてくれるが、
仕掛けは、市販のウイリー巻きorカラバリ3本の4.5mで通して良いという。

「ハリスは6~8号で、マダイ狙いの時だけ6mくらいにしても良いかな。
これからの次期はエサ取りが多くなるので、付けエサはオキアミの他にイカタンがあると有利だよね」。

釣り方は、図解の通りで、一般的なマダイのコマセ釣りでOKも、
銭洲は潮通しが良いので、その辺を頭に描きながらコマセワークを行おう。

タナを探りチビムロが暴れたら誘って食わす

ちょっとした起伏にも反応があり、攻めれば結果が出る今期の銭洲の泳がせカンパチ。
その反応は浮いていることも、しばしばあると船長は言う。

「そんな反応を見つけたら、必ず水深をアナウンスするので、
そこで止めて探りを入れて欲しいんだよね。浮いているカンパチは、
落ちてくるエサを虎視眈々と待ち構えているんで、見つけ次第、ガブッと食いつくことがあるからさ」。

カンパチ釣りはもちろん、
泳がせ釣りの鉄則は、ターゲットにエサを〝見せて・追わせて・食わす〟ことに尽きると船長。

浮いた反応のチェック時も、竿先がブルブルと震えるようなアクションが起きた時がチャンス。
チビムロがカンパチにロックオン(睨まれている状態)されて、逃げ回っている証なので、
その場で仕掛けをステイさせて様子を見て、
アタリが出ない時は追わせる誘い上げや下げを行い、捕食を促そう。

浮いた反応でヒットしなかったら、解説の通り底まで仕掛けを落とし、
中層まで探ることを繰り返し、チビムロが暴れる前アタリを探り出そう。

「誰よりも早く、そして誰よりも生きの良いムロアジを投入&使用することが
1匹への最短ルートとなるので、エサをマメにチェックすること。
そして回収時に弱っていたら即交換して自分でチャンスを広げることも積極的に行うこと」と
船長がアドバイスを入れて締めてくれた。

取り込みは、通常、仲乗りの渡辺和斗さんが担当。
タモアミを使い頭からすくうが、大型にはギャフをかけることもある

チビムロの泳がせで良型カンパチ爆裂!釣行レポート

銭洲を象徴する名礁・ネ—プルス。夏場は、この周辺にチビムロが集まる

カンパチが船下に走ったら、船底に道糸が擦られないようにロッドを船外に出して対応

この日の水深は30〜70m。どの場所も起伏が激しく、根掛かり必至。
底を取ったら直ちに底ダチを3mほど切ろう

今期は良型の数釣りも期待できる

「10kgクラスは太さが違う」と、釣り上げた常連さんはニッコリ笑った

5㎏クラスがチビムロパターンのアベレージも、今期は10㎏オーバーもコンスタントに出ている

今期は反応がバッチリ!

船長のアドバイス通り、ムロアジが暴れるタナで待っていればヒットしてくる

黒潮の影響を受ける銭洲。カツオ類など申し子たちも良く釣れる。

もちろん高級五目も!!

この日は泳がせ希望者が多く五目釣りの時間は短かったため、
ウメイロのみだったがコレ以外にアオダイ、オナガダイ、マダイなどが釣れる

この日は中層でキメジも釣れた

ルアーでもバッチリGET!!

ルアーマンも受け入れる「龍正丸」。釣りはミヨシで行う

快適なベッド、シャワーなどを完備した大型フル装備船の「龍正丸」。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・下田港「龍正丸」

大物の魅力と極上の五目釣りが楽しめる大物釣りの聖地・銭洲に、
夏を告げるムロアジの泳がせシーズンが到来!
五目釣りのスイッチも入ってイッキに盛り上がっている。

「今期の泳がせは、カンパチの当たり年だった昨年に続き、好調な滑り出しを見せてくれてさ。
現在は、チビムロパターン(25㎝までの小型のムロアジ)で攻めているんだけど、
その勢いがさらに増しててね。どのエリアに行っても反応がバッチリあるし、
良型の確率も高くなっているんで、泳がせフリークはもちろん、ビギナーにもチャンスがあるよ」と、
ニッコリ顔で状況を語ってくれたのは、銭洲を自分の家の庭のように走り、
大物を仕留めさせてくれるベテラン船長の下田港「龍正丸」鈴木豊さんの声だ。

例年なら3〜5㎏クラスのカンパチがメインとなるが、
今期はご覧のような10㎏クラスの良型がコンスタントにあがっていると言う。

「中層に浮いて、捕食体制(エサが落ちてくるのを待つ)に入っているヤツの水深をアナウンスするので、
その指示ダナでも一度探って見て。カンパチは喧嘩っ早く、見つけた瞬間、
ガブッと食い込んでくることがあるので要注意で!」とのことだ。

エサとなるチビムロの釣り方やカンパチ、五目の攻略法を参考にして、
爆釣ワンダーランドの銭洲へGOだ!!

以上の記事は「つり丸」2019年9月1日号の掲載記事です。

関連記事
今年の伊豆諸島周辺のカンパチは当り年。群れが濃く、エサのムロアジの湧きもよい。釣れるカンパチのアベレージはなんと10kg前後で20kg前後も顔を出す!近年稀に見るカンパチ当たり年の今秋、東海汽船利用で三宅島一泊釣行にぜひチャレンジしてほしい。
更新: 2019-10-12 07:00:00
駿河湾・清水「大宝丸」の夜タチが、港内で爆釣している!釣り方はスーパーライトジギングでオーケー。ルアーだけでなく、エサ釣り同船も。長橋船長は今回、このポイントで2.8㎏のドラゴンを上げた!記録魚も狙える湾内ナイトゲームを満喫しよう。
更新: 2019-10-09 19:47:27
平塚港「庄三郎丸」では、周年ライトウイリー五目で出船。現在はイナダが好調なため、ライトイナダ五目船としてイナダをメインに狙っている。丸々太ったイナダのほか1.5〜2㎏のカンパチも!バケ仕掛けが有利だ!
更新: 2019-10-05 22:03:54
鹿島旧港「義心丸」では、現在2便態勢でひとつテンヤマダイに出船。ハナダイ、青物、根魚、ヒラメやホウボウなどゲストも多彩。テンヤ&タイラバタックル、釣り方の基本を押さえて食味も最高の「紅葉鯛」を手にしよう!
更新: 2019-10-03 07:00:00
飯岡沖のテンヤマダイが好調。現在も魚礁周りでコンスタントに大ダイがヒット中。大型を取り込むには多少の運も必要となるが、太めのラインを使って、ドラグを緩めすぎず、強気のやり取りをするのが取り込む確率を高めるのだ。
更新: 2019-09-27 07:00:00
最新記事
茨城エリアのテンヤマダイは、年内いっぱいぐらいがベストシーズン!例年、この時期は数、型ともに楽しめる。またゲストも豊富で、定番の根魚をはじめ青物もヒット。日立久慈港「大貫丸」でも本命を含めアタリが多く、今後も爆釣が期待できる!
更新: 2019-10-15 12:00:00
CLUE OFFSHORE GAMES 番外編 九十九里片貝港プレミアムライトジギング(PLJ)10月20日に開催 参加者募集
更新: 2019-10-15 07:00:00
3000番でキハダ20kgクラス、スルメ15点掛けにも対応する2019年限定モデル「フォースマスター リミテッド3000」
更新: 2019-10-14 12:00:00
東伊豆、伊東沖で秋のマダイが好調!今回の取材でも良型2.5㎏、2.4㎏、4㎏と型物が連発している。釣り場が近く、豊富なゲストも魅力で特大アジやカイワリはレギュラーゲスト。今後も爆釣の期待大だ!
更新: 2019-10-14 07:00:00
魚を掴んだときのロック作業を簡単にできるフィッシュグリップ がまかつ「フィッシュグリップ GM-2501」
更新: 2019-10-13 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読