MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾のコマセキハダ・カツオ開幕!今シーズンは確実に獲る!!

相模湾のコマセキハダ・カツオ開幕!今シーズンは確実に獲る!!

相模湾のコマセカツオ&キハダが開幕。今シーズンはかなり良さそうだ! 開幕当初こそコマセにつかなかったが、「思った以上に湾内に魚が入っています。今年は期待できますよ」と小坪港「洋征丸」の高木洋征船長。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

【相模湾一帯】今年はかなり良さそうだ! 基本のポイントさえ押えれば 誰でも釣れるぞ!

事前情報はバッチリ 今シーズンは良さそうだ

相模湾のコマセカツオ&キハダが8月1日に開幕した。

今年はコマセ開幕に先立ちルアー船やライブベイト船が好調に釣っていたため、
かなり期待が高まっていたが、群れはいるもののコマセへの反応が悪く、
初日、2日目とも型を見られない船がほとんどだった。

これは開幕当初によく見られるが、やがてコマセを食いだすので心配はいらないだろう。
それよりも、魚は例年以上に多いと予測されるので、とにかく期待は大きい。

「ちょっと敷居が高い」とか「大物は無理だ」なんて思っている人もいるかもしれない。
でも、「釣ってみたい」という気持ちがあればぜひ挑戦してみよう。

道具立てや仕掛けは太くなるが、
単純に考えたらビシアジやコマセマダイの延長くらいに考えればそれほど難しくないはず。

これだけ押さええておけば、というポイントがいくつかある。
これらの基本を理解して挑んでみよう。 

1日手持ちで頑張ろう それが上達&好釣への条件だ

まず、この釣りは一日中手持ちで釣ると考えよう。

詳しい釣り方は後述するが、手持ちでやるのと置き竿でやるのではまるで釣果が変わってくる。
もちろん上達具合も早い。

ただし、タックルは結構重たい。これを一日手持ちでやるのは結構大変だ。
でも、正しい持ち方さえ身につければ意外に楽ができる。

まずは、タックルを左脇で抱え込む。
この時になるべく重たいリールの部分を脇と胸に押し付けつけるような感じで、重心を上げてやる。

竿尻のデカあてを前方に押し込むようにする。
こうしておいたら、あとは左手でリールをホールドし、右手はリール手前のグリップ部分に添えればいい。

脇でしっかりと固定すると、両手は軽く添えるぐらいでいいので楽になる。
この持ち方で、竿先を海面に下げた状態がアタリを待つ姿勢になる。

竿先を下げた状態なら幾分楽になるし、アタリがあったら素早くアワせることが可能になる。
キハダは1日にアタリが1回かもしれないし、全くないかもしれない。

ただし、集中して手持ちでやればその1回をモノにできるかもしれないのだ。

釣り船のシステムを理解しておこう

相模湾一帯から三浦エリアまで多くの船宿が出船しており、
中には1軒の船宿で3隻、4隻と複数の船を出船させているところも。

多くの船の場合は、「カツオ・キハダ船」という名前として出るが、
「キハダ船」、「カツオ船」とするところもある。
まずはどんな形態で出船しているのかを知ろう。

①カツオ・キハダ船
カツオを釣りながら様子を見てキハダも狙うというもの。
反応によっては1日のうちでコロコロと狙いが変わることもあるし、
いきなりキハダから狙うことも。

また、「カツオを狙う人は20m、マグロを狙う人は40mなどと、
同じ投入でも好きなように狙いわけることができる。

「いまこの時、どんな状況なのか?どちらを狙うのがいいのか?」という判断で釣果が変わってくる。
群れによって臨機応変にどちらの仕掛けでも素早く投入できるようにしておくことが重要だ。

②キハダ船
1軒の船宿で複数の船で出船している場合、「キハダ専門」の看板を出す船もある。
シーズン当初はどちらも釣れることが多いが、
中盤以降はキハダのみの反応を追うようになることも。

仕掛けの太さ、長さ、タナも深場メインであくまでキハダを狙っていくため、
カツオのお土産はないこともある。

逆に、カツオをメインで狙う船もあるが、
こちらの場合はキハダの仕掛けも用意していこう。

多くの場合は、どちらも狙う①のカツオ・キハダ船だが、
予約時に確認しておくと安心だろう。

どんな狙い方があるか? 今どんな釣りをしているのか?

一口にカツオ、キハダ釣りといっても、狙い方は様々だ。
追いかけて釣る釣りもあれば、待ちの釣りもある。

これは時期や狙い、その時々の状況によって変わってくるが、
「今この状況はどういった釣り方か」ということは理解しておきたい。

これが釣るための早道にもなる。

①ストップ&ゴーの釣り 群れに先回りして スピード勝負だ!

シーズン初期から中盤ごろまではこのストップ&ゴーの釣りになることが多い。

この釣り方は、ソナーで群れを捉え、
その群れの進行方向を読んで船で先回りして仕掛けを落とす、というものだ。

カツオ、キハダは無茶苦茶早いスピードで泳ぐ。
仕掛けを入れる間も無くあっという間に通過することもあるし、
船下に入らず避けて行ってしまうこともある。

ヒットしなかった場合、すぐに回収の合図が出る。
だいたいこういった場合、「すぐに投入できるようにしておいてね。今群れを追うからね」などと
アナウンスがある。コマセを入れて付けエサを付けて合図を待とう。

この釣り方はとにかくスピードが重要になる。
船長から投入の合図があったと同時に仕掛けを入れられるようにしておくのが
最重要ポイントだ。

コマセを素早くまいてタナにセットする。
ちょうどコマセをまいたタイミングでカツオが通過すると、
全員の竿にヒットすることも珍しくない。

ただし、モタモタしているとあっという間に魚はいなくなってしまう。
カツオ、キハダともにコマセの濃い場所に突っ込んでくる傾向にあるので、
胴の間にアタリが集中することも多い。4隅に近い場所が好まれるが、
この釣りに関して言うと、アタリは胴の間の方が多いこともある。

コマセに突っ込んでくるので、ハリスは太く短めがいいだろう。
いちいちハリスなど見ないので、キハダの仕掛けにもカツオが食ってくる。

基本の釣り方は船長から出る指示ダナよりもハリス分沈めて、
2、3回に分けてコマセをまいてタナにセットする。

コマセは竿を振らずにリールを巻いてくるだけでもOK。
もし、この釣り方で間に合わないようなら指示ダナでビタ止めして、
その場でコマセを一まきするだけでもいい。

カツオはエサだけ取っていく場合も多い。
置き竿にしていると完全に食い込んだ時にしかアタリが出ない。
手持ちで、小さいアタリを取ってアワせていくと確実に掛けることができる。

アワせてハリ掛かりしたら、カツオはギューンと疾走する。
ここで走らせないことが重要だ。
食った瞬間に巻き上げを開始し、引こうが走ろうが御構い無しに強引に巻き上げる。
特に3㎏未満の時はガンガン巻き上げる。

慣れていない人は、食った瞬間にロッドキーパーに竿を掛け、
ゴリゴリと巻いてきてもいい。
最後の取り込みはビシを竿の下、いっぱいまで巻き上げ、竿を立ててハリスを掴む。

ここで走らせると厄介だ。頑張って手繰り、魚の顔を海面から出してやる。
ここまでできたらあとはタモですくうだけ。タモが間に合わなければ抜き上げてもいい。

推奨の仕掛け。
カツオの場合はハリス14~16号2m。
ハリはヒラマサ系の13~14号程度を。

ハリスはナイロンを使う場合はフロロよりも太めを。
もし、入れ食いになったらハリスは1.5mもあれば十分。
オマツリも軽減し、取り込みも楽になる。

エサはオキアミ1匹をハリ先を隠すように丸掛けするのが基本。
キハダの場合は、ハリス20~30号を3~4.5m。
ハリはキハダ系の14~16号。エサはオキアミ1匹掛け、抱き合わせ、白エビなど。

いずれの場合も短時間の勝負となるため、コマセは少なめでいい。
ビシは細身のステンカンなどがオススメ。

この釣り方でドバドバとコマセをまいてしまうと、
あっという間に3㎏のコマセを使い切ってしまうので注意が必要だ。

②流し込みの釣り 魚がコマセを食いにくるのを待つ 自分のタイミングで打ち直しを

ストップ&ゴーの釣りは群れを追いかける釣り方で、
カツオ、キメジ、キハダのいずれも釣れる釣り方だ。

流し込みの釣りとは、コマセをまいて魚を船下に寄せて釣る釣り方で、
シーズン中盤からの大型キハダを釣るときにこの釣り方が多くなる。

このため、追っかけ釣りとは異なり、少しゆったりとしたペースの釣りになる。
船も間隔をあけて広範囲に広がっていることが多い。

指示ダナが40mの場合、魚は最初からその場所にいるわけではない。
コマセをまくことで、深い場所から魚がコマセを食いに上がってくるのだ。

船長はソナーや魚探を見て群れが船下に入ってくると、
「群れが入ってきたよ!」と教えてくれる。
この時がチャンスタイムとなる。

コマセを食いに寄って来ているのだからヒットする可能性が高くなるのは当然のこと。
この釣り方は比較的長めの時間流すので、自分の判断で仕掛けの回収、再投入を行う。

コマセがどれくらいでなくなるのか回収時にチェックして、
つねにコマセがある状態にしておき、その瞬間を待つ。

ビシは出来るだけ動かさずに静かに待ったほうがいい。
基本はハリス分落とし、2~3回に分けてコマセをまいてタナにセットする。
竿をなるべく動かさずに静かに待つ。

キハダがメインになることが多いが、
キハダと一緒に大型のカツオが回遊していることが多い。アタるカツオも大型が多い。

この釣り方の時は待ち時間が長いので置き竿にしたくなるが、
「絶対に釣る!」という強い意志を持っているなら必ず手持ちで待とう。

キハダのアタリは最初は竿先に小さな変化が出るだけのことも多い。
フケているハリスが張っていき、ギューンと本アタリが来る。

本アタリの前にアワセを入れられると、ハリを飲まれにくくなりカンヌキに貫通しやすい。
前アタリを取れると、獲れる確率がグーンとアップする。

これは手持ちで待たないと無理だ。
慣れないうちはこれが「アタリかな?」と躊躇してしまうが、勇気を出して大アワセしよう。

キハダは歯が鋭く、ハリが飲まれるとハリスが歯に当たって切れる可能性が高くなる。
飲まれる前にハリを引き出して口の周りの硬い場所にフッキングさせてやるのだ。

キハダを狙う場合はドラグはやや強めに設定しておこう。
ファーストランは負荷をかけた状態で走らせ、止まったら巻き上げ開始。

一昔前はドラグをゆるゆるにして自由に走らせていたが、
時間をかけるほど獲れる確率が減っていくため、
最近はファーストランは100mほどになるぐらいのドラグ調整を。

自分で判断できないときは、船長や仲乗りさんの指示を仰ごう。

推奨の仕掛け。
カツオ、キハダ狙いの場合はハリス18~20号3~4.5m、ハリは14~16号。

キハダ狙いの場合は、ハリス20~30号4.5~6m。
シーズン終盤には8~10mのロングハリスを推奨する船も。

コマセカゴは青物専用のポロポロと出す量を調整できるものがオススメだ。

相模湾の キハダ・カツオ 開幕!釣行レポート

帰港中に突如現れた鳥山。フルスロットルで急行だ

最後の最後に渾身の力を振り絞ってキャスト!

8月1日、失意の帰港中に急展開! 本当のラストチャンスにヒット!!

ルアーでほぼ3人同時にヒット。いずれもかなりのサイズのようだ

エサ釣り師の平山さんにも同時ヒットしてかなりの時間ファイトしたが、
ラストはラインブレイク。もう1本はPEが切れてしまった。いずれも大型だったようだ

長時間のファイトの末、ようやく姿を現した! ヒレの長さからデカさがわかる

一発でネットイン。高木船長も歓喜の雄叫びを上げる!

無事にあがって見守った戦友たちと握手。船上は一体化した

ゲームセットのコールが鳴り響いた後にまさかの大逆転劇が起こった。
「船長はじめみなさんのおかげでとれました!」と古山さんはルアーで38.2kgゲット!

血抜き後軽量で38.2kgだった

「今年も狙っていきますよ」と侍ドクター・近藤惣一郎さん

解禁日はコマセへの反応悪くノーヒットに。今後に期待だ。
ドクターのタックルはダイワ「マッドバイパースティング」と「シーボーグ800MJ」

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小坪港「洋征丸」

誰もが「初日だしこんな日もあるさ」と思いながら帰港する途中、
突然船は全速力で走りだした。

目の前には「今日イチ」とも言える巨大なナブラ。
海面にボコンと浮上する魚体にはイエローラインが見て取れる。

「でかいキハダだ!」
すぐさまルアーをキャストするとたちまち3人にヒット。
2人はラインブレイク。20人余りの乗船者は最後の一人を見守る。

一進一退。少しずつではあるが確実に距離を縮めていく。
魚体が見えた。デカキハダの象徴である大きな2つのヒレ。

38・2kgのビッグワン。船長の執念と船上の気持ちが一つになってあがった1本となった。

コマセ釣り解禁初日。
魚はいたがコマセへの反応は薄く型見ずに終わったが、最後にドラマが待っていた。
「思った以上に湾内に魚が入っています。今年は期待できますよ」と小坪港「洋征丸」の高木洋征船長。

さあ、今年は盛り上がるぜ!

以上の記事は「つり丸」2019年9月1日号の掲載記事です。

関連記事
駿河湾・沼津沖のタチウオゲームが面白い。タチウオの群れは濃い!夕マヅメから楽しむゲームはいろいろ。ジギング、エサ釣り、テンヤサーベルテンヤなんでもOKだ!
相模湾の定番メニューになりうる、タチウオゲームのタックルとは!?ロングランで楽しめている相模湾のタチウオジギング。エキスパート2人のタックルセレクトを中心に紹介する。
絶好調の湧きをみせる東京湾の美味しいマダコ。テンヤと餌木のどちらもOK!本牧港「長崎屋」のマダコは年内いっぱい狙う予定。お正月用のマダコを釣りに行こう!
茨城エリアのテンヤマダイがベストシーズン!アタリ多く数釣りが楽しめ、良型&大型もヒット!青物や根魚などゲストも豊富!タックルやラインシステムは万全の態勢で!
相模湾の新スタンダード?!サビキ、テンビン何でもアリ!イナダ・ワラサ・アジ五目!その時の状況に合わせてチェンジ!興奮必至で楽しさ無限大!ルアー釣りもOKだ!
最新記事
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル