MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
 こんなに釣れていいかしら? マゴチ戦線異常アリ【東京湾】

こんなに釣れていいかしら? マゴチ戦線異常アリ【東京湾】

「照りゴチ」の異名を持つマゴチ。真夏をイメージするこの釣りは、夏季限定で結成される蝉の合唱団が解散される頃に旬を終える釣りものだと認識していた。だが、その認識は誤っていたのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》 こんなに釣れていいかしら? マゴチ戦線異常アリ【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

超が付く高級魚マゴチ。洗いで食すとその旨みは上品でしつこくなく、身の弾力が歯ごたえを充分に満喫させてくれる

この日の最大は59㎝。数が出るだけでなく、平均してサイズもいい。

ポイントは富津~大貫沖にかけて。

女性にも人気のマゴチ。

前アタリが来ると心拍数が一気に上がる!

アワセが決まると、脳内にドーパミンが一気に分泌される。至福の時だ!

マゴチの夏はまだ終わらない。爆釣継続中!

こだわりの船宿仕掛け。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・本牧漁港「長崎屋」。

「今年のコチは異常だよ! マゴチ船を始めて以来の最高の状況だよ!」
マゴチ船操業三十余年の横浜本牧漁港「長崎屋」の長崎恵夫(よしお)大船長は興奮気味に話してくれた。
取材日の、もう9月も終わろうとしているこの時期に、例年の最盛期に引けを取らない釣果が得られた。しかしこれも「長崎屋」の今年9月の釣果としては決して特別良い釣果ではないというから驚きだ。今年の「長崎屋」のトップの最高は28匹という驚愕の釣果を叩き出しているのだ。
市場価格が一匹で四千円とも五千円とも言われる、超が付く高級魚マゴチ。洗いで食すとその旨みは上品でしつこくなく、それでいて身の弾力が歯ごたえを充分に満喫させてくれる。唐揚げやアラで取った出汁も絶品だ。
前アタリから本アタリまでのワクワクする駆け引き。そしてハリがかりした後の強い引きと重量感は、まさに釣趣満点だ。
大貫沖の〝マゴチの夏〟はまだまだ終わらない。去りゆく夏を惜しむ前に、横浜本牧漁港「長崎屋」でマゴチを満喫しよう!

以上の記事は「つり丸」2012年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル