MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣る前に、食べる前に、サクラダイという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、サクラダイという魚を知ろう!

サクラダイとは、スズキ目ハタ科サクラダイ属 桜の花びらをちりばめたような模様がある美しい魚。茨城県以南から宮崎県の太平洋沿岸、伊豆諸島、小笠原諸島に生息する。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

サクラダイ(スズキ目ハタ科サクラダイ属)の生態

茨城県以南から宮崎県の太平洋沿岸、伊豆諸島、小笠原諸島に生息する。
日本海西部にもいるが少ない。

ハタ科のなかでも生息域が狭く日本列島の温暖な地域に多い。

生まれてある程度育つまでは雌で、赤くてかわいいが地味。
成長すると見た目にも美しくなり雄に性転換する。

サクラダイの値段は?

本種は国内で流通したことはほぼないと思う。
なぜか体長15cm前後と小さいからである。

しかも美しすぎる。なぜか日本人は美しすぎる魚を食べようとしない。

これは黒いコイは食べるのにニシキゴイは食べないのと同じ。

釣り人のみなさん、せっかく釣れたなら、ぜひ持ち帰ってください。

「サクラダイ」の寿司…上品な白身で絶品!こりゃ最高の「小ネタ」だ!!

ある日、故郷のすだち持参で『市場寿司』ののれんをくぐると、
「クマさんがこれ渡してって」
それは御蔵島沖のシマアジだった。半身で一キロくらいありそう。

「やっぱり高い魚はうまいね」
「味もそうだけど、シマアジを釣ったというだけでも、すごいよ」

「それ、名人だってこと?」
「そうだよ。わざわざ御蔵島に行くのはシマアジを釣るためだからね」

刺身と握りでたっぷり楽しみ、改めて超がつくほど高いワケを知る。
一緒に来たクロメジナもよかった。
この白身対白身で、たかさんはクロメジナの方が好みだという。
冬の魚というイメージがあるが、
一キロ上もあった御蔵島沖のものは非常に脂がのっていたのだ。

「たかさん、ボクはシマアジが上かな。また釣ってきて欲しいね」

こんなことを言っていたら、
休み明けにクマゴロウがまたイサキをどっさり釣ってきた。
シマアジは空振りだったようだけど、すごい量だ。

市場の休みは水曜日と日曜日なのだが、
クマゴロウの場合、休みは全部釣りに行っている気がする。

御蔵島沖のいいところは、本命のほかに
ゴマテングハギモドキやクロメジナ、カツオなど獲物が多彩なことだ。
しかもボクが欲しいサクラダイとかナガハナダイなどの
市場では手に入らないものもくる。

この日は本命が釣れなくてイサキだけだったが、
ナガハナダイにアカササノハベラがやって来ていた。
さすがにイサキは脂が抜けているだろうと思ったら、意外にいける。

「たかさん真夏のイサキもいいね」
何気なくネタケースを見ると、
小振りのメバルのように見えて、少し色合いの違うネタがある。

たかさん、ボクの視線を慌てて遮って、「見ないで」と言った。
正体はサクラダイだった。
クマゴロウに渡された魚の仕分けをしていて、
きれいなので気になり、刺身にして食べてみたら、絶品だった。

それでネタに切りつけて、お客に出してみたら評判も上々。
クマゴロウが利島沖や新島沖に行きボクがいないとき、
魚はたかさんに預けている。

そこにサクラダイがあると以後、ずーっと店で使っていたというのだ。
片身か両身で一かんという大きさも、たかさん好みだったようだ。
「別に怒んないから言ってよ」

つけてもらうと本当にうまい。クセのない上品な白身なのに、
すし飯と一緒になると光るものがある。

「片身で一かんか両身で一かんだろ。
それがいいし、すし飯に負けない味がある。名前もいいしね」

さて、翌週もサクラダイが来た。

「なぜか、オレにだけコイツがくるんだ。でかいハリなのにさ」
 
釣り名人は不愉快そうな顔をするが、刺身にしても悪くはない。
しかも、握りにすると最高にうまい。
「たかさん、刺身は平凡なのに、なぜつけるとうまいのかな?」

たかさんが修業した店だけかも知れないが、
すしネタには、マグロの大トロやウニのように大ネタと、
小ダイや小メバルなど小ネタと言われるものがあるという。

すし職人、たかさんは小ネタが好きだ。
若い頃からそうだったようで、
今でも小振りのメバルや小イサキをよく仕入れる。
さほど味は強くないけど、なぜか惹かれる味。

その最たる物かも知れない。ついつい手が伸びる。
ネタの上に粗塩を乗せ、すだちを振ってもうまい。

「ウニ食って、その後に淡泊な小ネタ、
大トロ食って淡泊な小ネタという人もいるけど小ネタ自体がいい」

「やっぱりたかさんって、凄腕のすし職人だったんだね」
「やっとわかったのかよ」

「わかるのに三十年もかかった」

これ毎年言っている気がする。

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。
ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。
本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。
どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。
目標は1000種類の寿司を食べること。HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

以上の記事は「つり丸」2019年9月1日号の掲載記事です。

関連記事
オニヒラアジはスズキ目アジ科ギンガメアジ属。和歌山県から九州南岸の太平洋沿岸、鹿児島県南さつま市笠沙の東シナ海、屋久島、琉球列島。台湾、西太平洋、インド洋に広く生息域をもつ。全長1m前後の大型魚だ。
シマアジはスズキ目アジ科シマアジ属。本州以南に生息。意外に沖縄県ではあまり見られない。古くは南半球のシマアジは別種とされていたが、国内のシマアジと同種であることが判明する。
オオグチイシチビキはスズキ目フエダイ科イシフエダイ属。長崎県壱岐と五島・千葉県館山以南、インド洋、太平洋の熱帯域から温帯域に生息している。相模湾、駿河湾には幼魚が多い。
ヒラソウダはスズキ目サバ科ソウダガツオ属。北海道以南。世界中の熱帯・亜熱帯・温帯域のやや岸よりも表層域に群れを作る。群れは作るがマルソウダの群れと比べると個体数が少ない。
スズキはスズキ目スズキ科スズキ属。北海道から九州、朝鮮半島南岸・西岸。内湾、汽水域、淡水域にも侵入する。
最新記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル