MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾ルアーゲーム!タイラバ&青物で楽しむベイエリア!

東京湾ルアーゲーム!タイラバ&青物で楽しむベイエリア!

マダイ&イナダからブリサイズを中心とした青物ゲームを中心に多彩なターゲットを楽しめる東京湾口ルアーゲーム。今後はサワラも期待!ティップランアオリイカもいい。船橋港「フレンドシップ」スタイルを紹介。

perm_media 《画像ギャラリー》東京湾ルアーゲーム!タイラバ&青物で楽しむベイエリア!の画像をチェック! navigate_next

年末年始のメインとなるのは タイラバゲームと青物

タイラバをやりながら周囲で気配があればキャスティング&ジギングで青物を狙う。フレンドシップ、お得意のパターンだ

千葉県は船橋港から出船、東京湾全域をフィールドにルアーターゲットを追いかけているのが「フレンドシップ」だ。

年末年始のターゲットも多彩。
安定感があるため、メインターゲットとなることも多いのがマダイ。

釣法はラバージグを使ったタイラバゲームだ。

水深40〜80m程度を攻める。潮回り、上げ下げを問わず、潮さえ流れていればいつでもヒットが期待できると田岡要司船長。

1㎏前後をアベレージに、2〜3㎏を目指す、というのが標準的なイメージだ。

イナダからブリサイズを中心とした青物ゲームも熱い。

こちらはジギング&キャスティングともに期待できる。

トリヤマが立てばキャスティング有望、反応が水面下で固まればジギングというのが一般的なイメージだ。

ジギングで狙う場合、ポイントの水深は30m〜70mくらいが多い。

「イワシがサイズも群れも小さくてね。いまのところはキャスティングで狙うことが多いかな」とは12月中旬、取材時の田岡船長の弁だったが、実釣ではジギングパターンでも結果が出た。

やはり両パターンへの対応は必須項目だ。

さらに今後はサワラへの期待もアップする。

これまでもまとまってヒットする日もあり、次第に気配は濃くなってきているのは確か。

しかし、まだまだ本格化には遠い状況。

年末以降はグッと盛り上がってくるはず!?だ。

ティップランでのアオリイカもいい。

こちらは次第に狙う水深が深くなっていくので、気軽な釣りを楽しみたいのであれば、早めの釣行がおすすめ。

水深40m程度、2月までは十分に狙えるというので挑戦してみるとよいだろう。

ほかにはシーバス、ロックフィッシュなども狙える。

チャーターの場合は船長との相談でいかようにも楽しめる。

乗合船の場合は、状況に応じてリレー的に狙うことも多い。

一回の出船で異なる釣り物を楽しめるのもの、同船の魅力のひとつだ。

乗合の場合は予約の早い人の要望を優先するとのことなので、「この魚を釣りたい!」という方は早めの予約を心掛けるとよい。

マダイと青物のタックルとは!?

タイラバはヘッドが80〜100g程度を使用。ラバーやネクタイは多彩で選択に迷ってしまうが、赤、ピンク、オレンジ系が安定度高し

マダイ、イナダからブリ、アオリイカなどは東京湾口一帯のエリアを小移動することで同時に狙うことができる。

「メインターゲットは2つまでにしています。それ以上を狙うとどっちつかずになることも多いので」と船長。

二兎ならぬ、三兎追うものは一兎も得ずというところだろう。

それでも、湾口エリアに向かう場合、これからの時期であってもマダイと青物は二大看板であり、これらに対応できるタックルセッティングは必携ともいえる。

そこで、以下に最低限必要な準備を紹介していくことにする。

まずはタイラバ用タックルをチェックしてみる。

ロッドは7ft前後の専用ロッドが理想的。
市販の専用ロッドのなかでもハードなタイプが東京湾口向きだ。

リールは小型のベイトリールを使用。

中級機以上であれば十分に楽しめるが、クラッチのオンオフ回数の多さはもちろん、ひたすら巻き続ける釣りでもあるので、スムーズな回転性能などは快適さを大きく左右する要素。

しっかりメンテナンスしておくことをおすすめする。

メインラインはPE0.8〜1号。
最低でも200mは巻き込んでおくとよい。

1mごとにマーキングが入ったものだと、着底の素早い把握に有効だ。

リーダーはフロロカーボンの4〜5号を、得意とするノットで3m程度結節しておく。

タイラバは遊動式が主流。
ウエイトは80〜100gが中心。

ネクタイやフックなどの消耗品は多めに用意しておき、劣化、消耗したらどんどん交換できるようにしておきたい。

ヘッドカラーは赤、赤金、ネクタイはオレンジやピンクが船長のおすすめだ。

ネクタイはストレートに加え、カールしたものの実績も高いという。

参考にしたい。

イナダからブリ、サワラを念頭においた青物用にはジギング&キャスティング両タックルを用意する。

ジギング用は長さが6ft程度、ジグの最大ウエイト表示が100g前後のものが使いやすい。

スピニングタックルを基本に、好みでベイトタックルを選択してもよい。

スピニングの場合はシマノ製なら5000〜6000番、ダイワ製は4000番前後を使用するのが標準的。

メインラインにPE2〜3号、リーダーはフロロカーボン製の30〜40 Lbをセットする。

ジグは100g前後がメインウエイト。

スライド幅の調節がしやすいセミロングタイプにフロントフックのみを装着するスタイルが使いやすいが、サワラの気配が濃厚なときは、ショートタイプのジグにフロントフック、テール側にトレブルフックを装着するのも有効だ。

キャスティング用には30〜40gのプラグやジグの使用にマッチした7ft前後のキャスティングロッドに、中型サイズのスピニングリール(ハイギアタイプがおすすめ)をセットしたタックルを基本とする。

ラインはPE2号前後、リーダーはナイロン製の30〜40 Lbをセットしたものを基準とする。

30〜40gのジグのほか、同じくらいの重さのシンキングペンシル、ヘビーウエイトミノーなどが使いやすい。

駆け足で紹介したが、タイラバを楽しみながらトリヤマが立ったり、僚船からの情報があれば青物狙いに急行するのが定番パターン。

タックルを万全にセットしておき、臨機応変な対応を心掛けることが大切だ。

青物用のジグは100g前後、プラグはペンシルベイトやヘビーウエイトミノーなどが使いやすい

東京湾ルアーゲーム タイラバ&青物釣行レポート

この日の集合は午前5時30分。帰港は16時を回った。一日たっぷり休日を楽しむ釣り人が集まった

冬は東京湾からも雪化粧を施した富士山がきれいに見える

イナダ&ワラサだけでなくサワラ狙いも同時に楽しめる。東京湾口の魅力のひとつだ

この日の船中初モノはグッドサイズのトラフグ。超がつく高級魚だが、残念ながら…

スロージギングでもイナダヒット!

「これに変えたらすぐに釣れたんです」と今中さん。タコベイト的なワームもあり、だタイラバ名人と船長が太鼓判を押す、松戸市の今中さん。男性陣があれこれ手を出すなかで、ひたすらタイラバに集中。ここが釣果の差か?

青物とファイト中! ライトなタックルでの駆け引きは楽しい

良型のイナダをキャッチ。食べておいしい

この日はジギングでイナダが連続ヒット!

東京湾のタイラバはいまや、釣れる!アイテム。釣れるを信じてリトリーブしよう

ラバージグのセレクト、微妙なスピードの差が釣果を分けるが、なによりも大事なのは集中し続けることかも知れない

タイラバのマダイの取り込みは必ずタモ入れを

中央区の大野さんは2枚キャッチ成功

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・船橋「フレンドシップ」

東京湾の多彩なルアーターゲットを、あの手この手!?で、楽しませてくれる、そんな船が船橋港の「フレンドシップ」だ。

田岡要司船長に出船予を確認すると、「今週末はマダイを中心に、イナダ、ワラサを中心とした青物の2本立て。

これにティップランでのアオリイカもやろうかと思っていますよ」と返ってきた。

サワラの可能性もあり、とのこと。
まさに東京湾口オールスター。

いざ!とばかりに同乗取材をお願いした。

取材日は、まずタイラバゲームからスタート。

満潮時の潮止まりのタイミングだったが、いきなりヒット!したものの、途中でサヨウナラ。

ここから2枚目のヒットまでは、しばらく時間を要したが、潮が効き出すと1㎏前後の綺麗なマダイが連続ヒットし一段落。

ここで僚船から着信。
そこでわずか5分ほどの移動で青物狙いのポイントに到着。

トリヤマ狙いは不発だったが、ジギングではイナダクラスを全員キャッチ成功!

アオリイカは状況いまひとつのため、短時間で切り上げ、再びのタイラバゲームを楽しんだ。

タイラバ後半戦は残念ながらバラシのみに終わってしまった。

「たられば」の話をすればナイスサイズばかりがバレてしまったイメージだ。

実際に僚船では2〜3㎏クラスのマダイが何枚もキャッチされていたので、不完全燃焼の一日となった印象だ。

しかしながら東京湾口の多彩なターゲットを満喫できるルアーゲームは魅力満点なことに変わりはない。

新年も同様のパターンで楽しめるので、挑戦してみてはいかがだろうか?

以上の記事は「つり丸」2017年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
秋の東京湾、ルアーゲームの主役は青物!イナダからワラササイズのブリサワラ、小型のカンパチまで!青物ゲームが面白い!
東京湾 秋のサワラ祭りが開幕!ドラグが唸りをあげるほどの「マッハ・ラン」を繰り返す1m超のファイトが東京湾で手軽に楽しめる!ぜひ体験してみよう!
べた凪ぎの海で根魚&タイと遊ぶ!晩夏のタイラバゲームは入門のチャンスだ!水深20m前後の「シャロー」では、アカハタが裏本命となる。ぜひ挑戦してみよう!
9月上旬の東京湾は、大型タチウオ、通称「ドラゴン」キャッチで沸いている!金沢八景「太田屋」でも、ドラゴンサイズ連発で期待十分の状況だ!
東京湾のシーバス五目!湾内にはターゲットがもりだくさん!シーバス、青物、タチウオ、マダイ、マゴチなどあらゆるフィッシュイーターたちを狙う五目ゲームに注目だ!
最新記事
タイラバ激戦区加太や明石エリアで鍛えあげられたタイラバロッド「タイゲームSSD C610L/FSL 15thアニバーサリーリミテッド」
カマスサワラ(スズキ目サバ科カマスサワラ属)本州以南、世界中の熱帯域から温帯域表層域を回遊している。昔は駿河湾・山口県以南にいたものが北上傾向にある。
人気の深海ジギングの救世主的両軸リール登場「マーフィックス」C3-RH/C3-LH
秋の東京湾、ルアーゲームの主役は青物!イナダからワラササイズのブリサワラ、小型のカンパチまで!青物ゲームが面白い!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル