MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
三浦半島 剣崎沖 イシダイ五目爆釣!ゲスト多彩で楽しく旨い!

三浦半島 剣崎沖 イシダイ五目爆釣!ゲスト多彩で楽しく旨い!

剣崎沖のイシダイ五目。釣って楽しく食べて美味しい、大人気の釣りだ。今年は爆釣のピークが遅れぎみで始まったため、これからがピーク!繊細なアタリをとらえてアワせるこの釣りは、ゲーム性バツグン!

同船した常連さんとの差が歴然! 奥が深くおもしろいイシダイ五目

この釣りはおもしろい。
多くのエサ取りのなかから本命魚を狙い、アタリを見極めてアワせるゲーム性。

本命魚であることを確信する、巻き上げ途中の独特の引き。

そして、釣り上げるたびに炸裂する快感。

だから私はこの釣りが大好きだ。

過去にも何度か船を仕立て、その都度竿頭にもなった。

しかしそれが、じつは落とし穴にはまってしまっていたのだとは気づきもしなかった。

今回の取材は、剣崎間口港「育丸」のイシダイ五目だ。

7対3〜8対2の先調子竿がオススメ

「この竿じゃあ、軟らかすぎですよ」自信満々の出船前。

鈴木雄真・若船長が、私の竿を手にしてそう言った。

胴調子のワンピースゲームロッド。
コマセマダイにも使える、2・25mの竿だ。

「軟らかい竿だとアタリが出にくいし、長いとアワセが遅れますからね。2m以下で、ナナサンくらいの調子の竿がちょうどいいんですよ。ボクなんか、ハチニイでもいいんじゃないかと思ってるくらいです」

そうなのか…。この釣りの筆頭格である船宿の、若船長からの指摘。

いきなり自信が折れそうになった。

しかしこれは、これまで竿頭になってきた竿だ。

この竿で出したイシダイの釣果は、毎回「ツ」なんかもちろん抜けていた。

なんとかそう思いなおし、船に乗り込んだ。

しかし、周囲を見渡してまた愕然とした。

ほぼ全員が、1.5m前後のボートロッドを準備していたからだ。

「この釣りは、イシダイの微妙なアタリを見逃さないことが大事なんです。そして瞬時にアワせなきゃいけない。なので、いろいろやってみて、この竿に行きついたんですよ。まだ試してみてるところですけどね」

この日「育丸」を仕立てた同好会。
そのリーダーである狩野さんが、そう教えてくれた。

そしてここで、自信がポッキリと音を立てて折れた。

エサ取りとの勝負を繰り返すなかで、時おり本命のイシダイが釣れる。

だから、最後まで飽きずにあきらめずに釣り続け、その「時おり」の回数を増やしていけば本命の釣果が上がっていく。

それがこの釣りの極意なのだと思いこんでいた。

だが、そうではなかった。
この釣りは、「イシダイの微妙なアタリを察知して即座にアワせる」釣りなのだ。

「育丸」のイシダイ仕掛け

常連さんはゲストを含め次々と掛ける!

実釣がスタートすると、イシダイが釣れるペースは、私が知るそれとはまったく異なるものだった。

次々と釣り上げられるイシダイに、マダイやワラサなどの豊富なゲストまで、それこそ休む間もなく釣り上げられた。

私も竿を手にしたが、このペースにはまったく追いつかなかった。意気消沈。

しかし、持ってきちゃったものはしょうがない。

この竿で釣るしかないのだ。じゃあどうするか?

この長くて軟らかい竿で釣っていたときのことを思い出してやってみた。

下の指示ダナでビタ止めし、仕掛けがなじむのが早いかエサ取りにやられるのが早いかのタイミングで、身体が覚えている高さまですうっと誘い上げる。

そこでハリ掛かりを確認すること1〜2秒。

すぐに誘い上げた分リールを巻きながら竿先を下げ、また誘い上げる。

上ダナまでこれを繰り返した。

サニービシは、上の窓を全開にし、下はオキアミがギリギリ出るくらい開けてある。

つまり、コマセはドバまきだ。往復はできない。

仕掛けを巻き上げると、仕掛けの2本のハリは真っ裸になっている。

しかし、この繰り返しに嫌気がさしているようではイシダイは釣れない。

これまでも、根気だけで勝負してきたはずだ。

そう自分に言い聞かせ、何度も勝負を挑んだ。

周囲では、あいかわらずイシダイが釣り上げられている。

気持ちばかりがやけに焦った。
それでも気持ちを強く持ちなおして釣り続けた。すると…。

『やっぱり釣りが好き!!』

誘い上げる途中、竿がコツン!と響いた。

小さいが、固さのある感触だ。

とっさにイシダイのクチバシのような口が頭に浮かんだ。

これは!期待感いっぱいでリールを巻いた。

ガン、ガガン!とマダイの引きよりもやや金属的な引きが、ズルっとドラグを滑らせた。

慎重にやり取りをしながらリールを巻き続ける。

海面下に赤いサニービシが見えた。

クッションゴムをつかんで海面下に目を凝らす。

ゆらゆらと、銀と黒の横縞が横たわっていた。

イシダイだ!すかさずタモアミをつかんで海面に突っ込んだ。

付けエサはオキアミ

今シーズンは遅れている 1月、2月もイケそう !?

下船後に「竿が軟らかすぎたんだよ」と声をかけられること数回。

歓迎ムードで乗船させてくれた、同好会のメンバーたち。

だからこそ、余計に胸に響いた。

取材をしながらではあるが、私が釣ったイシダイは1.2㎏を筆頭に4枚。

メンバーたちのクーラーは、どれもほぼ満タン状態で、その差は歴然としていた。

釣り方の誤認によって、チョイスする竿を誤った。

しかし今回の取材で、この大好きな釣り物の釣り方を改めて覚えることができた。

近いうちにリベンジしに行こうと思っている。

なぜなら、操舵室の鈴木智一船長が、こんな話しをしてくれたからだ。

「海が冬になるのが遅いよね。今日もソウダなんか釣れてたでしょ?イシダイ釣りの旬っていつもは11月から12月なんだけど、
今期は間違いなくズレてるよね。1月…、ともすれば2月半ばくらいまでズレ込むかもしれないよ」

ゲスト多彩な剣崎沖のイシダイ五目 釣行レポート

今シーズンは遅れ気味。1月、2月も楽しめそうな剣崎沖のイシダイ五目

キロを超す良型も掛かる!

イシダイは引き味も抜群

当日は全員がイシダイをゲット!

高級魚イシダイが一荷で釣れることもある!

イナダやワラサもまじる

良型マダイもまじる

カワハギ、ウマヅラは定番ゲスト

これはメジナ

この時期のイナダは脂が乗って美味しい

イシダイでクーラーが埋まった

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎間口「育丸」

知る人ぞ知る、剣崎沖のイシダイ五目。

釣って楽しく食べて美味しい、大人気の釣りものだ。

しかし、ピークが短い、今年は計画しそびれた、と嘆いている釣り人もいるんじゃないだろうか?

そんなこの釣りのファンに朗報だ!

取材した12月半ばの時点で大爆釣の剣崎沖のイシダイ五目だが、この爆釣のピークが今年は遅れぎみで始まったというのだ。

「今日もソーダガツオなんか釣れてたけど、海が冬になっていくのが遅いよね。この釣りは毎年だいたい11月から12月がピークになるんだけど、そのせいかどうかはわかんないけど、今期は少なくとも一ケ月は遅れてるんだ。ということは、1月から、ともすれば2月の半ばくらいまで続くってことじゃないかな」

そう教えてくれたのは、今回取材した剣崎・間口港「育丸」の鈴木智一船長だ。

人気の秘訣を挙げてみると、まず、繊細なアタリをとらえてアワせるこの釣りは、ゲーム性バツグン!

そしてなによりイシダイは、バツグンに旨い!

さらにゲスト多彩で、一日を通してアタリが多く楽しめる。

「育丸」は仕立て専門船なので、まずは仲間を集めて釣行を計画してみよう!

以上の記事は「つり丸」2017年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
相模湾のターゲットを手軽にいろいろ釣って楽しむ!茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」LT五目!入門しやすく、ズバリ釣れる!シャクリとポーズをいろいろ試して五目釣りを満喫しよう!
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
最新記事
相模湾のターゲットを手軽にいろいろ釣って楽しむ!茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」LT五目!入門しやすく、ズバリ釣れる!シャクリとポーズをいろいろ試して五目釣りを満喫しよう!
鹿島沖のテンヤマゴチは、今一押しのターゲット。ガツンと強烈なアタリで40〜50㎝級が多く、60㎝級もまじる!暑さに負けず、照りゴチを満喫してほしい。
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読