MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【外房・大原沖】イワシ回遊で新春大型ヒラメヒートアップ!

【外房・大原沖】イワシ回遊で新春大型ヒラメヒートアップ!

新春の釣りモノに悩んでいる釣り人は、とにかく大原沖のヒラメがオススメだ!イワシの群れを探して、ダイレクトに仕掛けを落とす釣りがメイン。心して落とし込んで大型&数釣りを楽しもう!!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

外房・大原沖 新春大型ヒラメ!釣行レポート

「松栄丸」の仕掛けオモリは標準80号

大型はファイトも圧巻!ドラグ調整はしっかり行っておこう

タモ入れはお願いし、呼吸を合わせて頭からネットイン

常連サンは、船長のアドバイス通り“仕掛けの落とし直し”を実践し、良型含みの数釣りを堪能した

こちらもナイスサイズ!

活発にエサを追うヒラメは、どんどん身厚になってきている。食べてもかなりおいしい

引き味はもちろん、この時期のヒラメは肉厚で味も格別。「今後はモンスタークラスの寒ビラメが登場するので楽しみです」と常連さんはニッコリ

アタリを捉えたら、仕掛けを張り気味にしてイワシが逃げる演出で食わす!!

このサイズが数釣れる。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「松栄丸」

新春の釣りモノに悩んでいる釣り人は、とにかく大原沖のヒラメへGO!

なんたって、当地の浅場には待望のイワシが回遊。

そのイワシに着いた渡りの大型が釣れ出し、レギュラーサイズと合わせて数釣りが楽しめているのだ。

「イワシが入ると、居着きのヒラメの活性もグーンと上がるからね。ヒットチャンスは間違いなく増えるよ」とは、大原沖のヒラメを知り尽くす「松栄丸」の中井一也船長の声だ。

イワシの群れを探して、ダイレクトに仕掛けを落とす釣りがメインとなり、水深は概ね20m前後。

根掛かりするような場所はなく、ポイントはフラットな地形が多いという。

「釣り方は、たまにオモリが底を叩くタナで待つスタイルで良いが、要所で仕掛けを水面まで上げ、エサの状態や絡みなどを確認。
再度、落として欲しいよね。ヒラメは落ちてくるエサを見ているので、良い誘いになるからさ」。

ヒットは落とした直後にやってくることが多いので、心して落とし込んで大型&数釣りを楽しもう!!

以上の記事は「つり丸」2017年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
最新記事
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル