MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東北ヒラメパラダイスを味わうなら、いましかないぞっ!【仙台湾】

東北ヒラメパラダイスを味わうなら、いましかないぞっ!【仙台湾】

東北地方にはカレイ、メバルと同様に、ヒラメ釣りに熱狂的に打ち込む釣り人が多い。特に三陸沿岸から大場所の仙台湾はヒラメの魚影が抜群。ヒラメを釣らせる遊漁船が多く、ポイントを数多く知る腕利きの船長が存分に楽しませてくれる。

広範囲に散らばっていたヒラメたちが秋の気配を感じるとともに岩礁や魚礁に集まり、ポイントが定まり釣りやすくなったのだ

このサイズを1枚キャッチできれば御の字だが、かなりの高確率でヒットする。

「第一謙信丸」のメインポイントは閖上港沖の根周り。今期は絶好調だ。

根周りでは、ダブル、トリプル同時ヒットはザラ。それだけ、ヒラメは高活性なのだ。

大船長がアシスト。大ビラメのタモ入れは慎重に行う。

女性アングラーにも超オススメだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、宮城・閖上港「第一謙信丸」。

使用オモリは50号。ライトタックルで大型ヒラメと対峙可能だ。

ヒラメ釣り初チャレンジで5㎏クラスをゲットした結城市の山下英一さん。LTでダイレクトな引きを満喫した。

ヒラメ釣りのパイオニア、「大海丸」ではイケスでイワシを管理している。

エサはマイワシ。匹数制限があるので大事に使おう。

大型クーラー持参でちょうどよい釣果。

ちょっと食い渋りのこの日でもごらんの通りの釣果! 潜在能力の高さが伺える結果である。

今回、取材にご協力いただいたのは、宮城・亘理荒浜港「大海丸」。

仙台湾のヒラメが絶好釣だ。まさに、エサの数だけヒラメが釣れる! 勢いだ。いま、ここはヒラメパラダイスである。
「うちの看板のヒラメは、6月から出船してます。こんな感じで爆釣モードになったのは8月半ばくらいからです」とは、仙台湾のヒラメ釣りのパイオニア、亘理「大海丸」の山川大海船長の弁。メロウド(コウナゴ)の群れを追いかけ、広範囲に散らばっていたヒラメたちが秋の気配を感じるとともに岩礁や魚礁に集まり、ポイントが定まり釣りやすくなったという。
とはいうものの、アタリがあっても必ず釣れる、というわけではない。この釣りはアタリが出てからの駆け引きが魅力。早アワセは禁物だ。
「根の上にいるヒラメは大変高活性で大型ばかりです。慎重なやり取りが必要です」と語るのは、閖上港「第一謙信丸」の佐藤太船長。名取沖を得意とする「第一謙信丸」だが、激戦区の近場でも連日大判ビラメがキャッチされているという。
仙台湾のヒラメ釣りのスタイルは、横流し釣りではないので、ライトタックルの使用が可能だ。
関東からでも常磐道利用で便利になっている。ぜひ、この機会に仙台湾のヒラメパラダイスを味わいにお出かけいただきたい。

以上の記事は「つり丸」2017年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00
勝浦沖の浅場の根魚がおもしろい!「初栄丸」は、この時期、浅場のカサゴ・メバルで出船している。釣れる魚は良型のカサゴ、メバル主体にマハタ、アカハタ、ヒラメなども掛かるのが魅力。美味しい高級魚ばかりだ!
更新: 2019-05-24 07:00:00
最新記事
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00
勝浦沖の浅場の根魚がおもしろい!「初栄丸」は、この時期、浅場のカサゴ・メバルで出船している。釣れる魚は良型のカサゴ、メバル主体にマハタ、アカハタ、ヒラメなども掛かるのが魅力。美味しい高級魚ばかりだ!
更新: 2019-05-24 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読