MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東北ヒラメパラダイスを味わうなら、いましかないぞっ!【仙台湾】

東北ヒラメパラダイスを味わうなら、いましかないぞっ!【仙台湾】

東北地方にはカレイ、メバルと同様に、ヒラメ釣りに熱狂的に打ち込む釣り人が多い。特に三陸沿岸から大場所の仙台湾はヒラメの魚影が抜群。ヒラメを釣らせる遊漁船が多く、ポイントを数多く知る腕利きの船長が存分に楽しませてくれる。

広範囲に散らばっていたヒラメたちが秋の気配を感じるとともに岩礁や魚礁に集まり、ポイントが定まり釣りやすくなったのだ

このサイズを1枚キャッチできれば御の字だが、かなりの高確率でヒットする。

「第一謙信丸」のメインポイントは閖上港沖の根周り。今期は絶好調だ。

根周りでは、ダブル、トリプル同時ヒットはザラ。それだけ、ヒラメは高活性なのだ。

大船長がアシスト。大ビラメのタモ入れは慎重に行う。

女性アングラーにも超オススメだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、宮城・閖上港「第一謙信丸」。

使用オモリは50号。ライトタックルで大型ヒラメと対峙可能だ。

ヒラメ釣り初チャレンジで5㎏クラスをゲットした結城市の山下英一さん。LTでダイレクトな引きを満喫した。

ヒラメ釣りのパイオニア、「大海丸」ではイケスでイワシを管理している。

エサはマイワシ。匹数制限があるので大事に使おう。

大型クーラー持参でちょうどよい釣果。

ちょっと食い渋りのこの日でもごらんの通りの釣果! 潜在能力の高さが伺える結果である。

今回、取材にご協力いただいたのは、宮城・亘理荒浜港「大海丸」。

仙台湾のヒラメが絶好釣だ。まさに、エサの数だけヒラメが釣れる! 勢いだ。いま、ここはヒラメパラダイスである。
「うちの看板のヒラメは、6月から出船してます。こんな感じで爆釣モードになったのは8月半ばくらいからです」とは、仙台湾のヒラメ釣りのパイオニア、亘理「大海丸」の山川大海船長の弁。メロウド(コウナゴ)の群れを追いかけ、広範囲に散らばっていたヒラメたちが秋の気配を感じるとともに岩礁や魚礁に集まり、ポイントが定まり釣りやすくなったという。
とはいうものの、アタリがあっても必ず釣れる、というわけではない。この釣りはアタリが出てからの駆け引きが魅力。早アワセは禁物だ。
「根の上にいるヒラメは大変高活性で大型ばかりです。慎重なやり取りが必要です」と語るのは、閖上港「第一謙信丸」の佐藤太船長。名取沖を得意とする「第一謙信丸」だが、激戦区の近場でも連日大判ビラメがキャッチされているという。
仙台湾のヒラメ釣りのスタイルは、横流し釣りではないので、ライトタックルの使用が可能だ。
関東からでも常磐道利用で便利になっている。ぜひ、この機会に仙台湾のヒラメパラダイスを味わいにお出かけいただきたい。

以上の記事は「つり丸」2017年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
東京湾のアジは早春から絶好調だ。浦賀港「前田丸」では周年アジを狙って出船し、連日トップの釣果は70〜80匹前後。サイズは20〜37㎝級。場所は航程10分程度の浦賀沖。水深は70〜90mだ。コマセが効けばタナを取ってから数秒以内にアタリが出る!
更新: 2019-03-19 07:00:00
最新記事
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読