MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【外房・御宿沖】高活性の大判ビラメは反応直撃! 高ダナ狙い!

【外房・御宿沖】高活性の大判ビラメは反応直撃! 高ダナ狙い!

外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

外房エリアは大ビラメのチャンス

イワシの群れは沿岸の浅場に入ってくる。ポイントの水深は10 ~ 20 mほど

常磐沖から南下して、外房エリアにイワシの群れが回遊してきた。

外房は、もともとヒラメの魚影が濃く一級のヒラメ釣り場ではあるのだが、イワシが来ると、そのポテンシャルがさらに急上昇する。

イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がる。

海底から離れて泳ぎ回り、ひったくるようにエサに食い付いてくる。

特に大型のヒラメが活発になり、3㎏、4㎏、5㎏オーバーの大型も頻繁に姿を見せるようになる。

ヒラメを狙う乗合船では、大型まじりの数釣りも珍しくなくなる季節だ。

御宿岩和田港「太平丸」は、そんな高活性なヒラメを狙って出船中。

「例年なら12月ごろからイワシが回遊してきて、2月ごろまでがイワシに着いた大型を狙える好シーズンです。今年は水温が高めで遅れ気味だったんですが、ここにきてイワシの群れが多くなってきました。これからしばらくは大ビラメのチャンスですよ!」とは
「太平丸」大野利広船長。

12月末ごろからは、魚探にたくさんのイワシの反応が映り、その反応を狙って船を流すと、アタリが連発するようになってきたという。

これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。

油断せずに大判ビラメを狙おう!

横流しで狙うので釣り座の有利不利は少ない。自分のいる舷が風下側になる流しはチャンス大

タックルは万全にして 大型に備えよう

イワシ回遊シーズン、イワシパターンのヒラメ釣りでは大型の可能性も少なくない。

ことさらにごついタックルや仕掛けを使う必要はないが、いつもよりじゃっかんパワーのあるものを用意しておいた方が安心だ。

「太平丸」は、基本的に横流しで狙い、使用オモリは80号。

よほど潮や風が強く船の流れが速いときは、100号も使用するが、ほぼ80号で通すという。

したがって、竿はオモリ80号を背負うことを前提にセレクトしよう。

ヒラメ釣りでは食い込みの良さ、つまり竿の軟らかさも重視されるが、大型が掛かったときは胴に張りのある竿の方が、こちらの思うようにやり取りがしやすい。

それをふまえて、食い込みの良い穂先とパワーのあるバットを兼ね備えたヒラメ専用竿をチョイスするのがベスト。

イワシが回遊してくると、狙う水深は10~20m、さらに浅いポイントも狙うようになる。

したがって、リールは高性能ドラグを装備した手巻き両軸リールがベスト。

仕掛けはハリス6号が標準。
5号では大ビラメが食ったときに切られる可能性もあり得る。

イワシの群れに着いてきた大型のヒラマサがヒットするなどのシチュエーションもあるので、ハリスは6号以上でいいだろう。

「太平丸」の船宿仕掛け(大船長の自作)は、ハリス6号1m。

親バリが角セイゴ18号、孫バリがトリプル8号。

捨て糸は5号30~50㎝。

イワシの群れの中で自分の仕掛けを目立たせるため、仕掛けの上に装着する集魚版や、ホログラムシートを貼ったオモリなど、アピールグッズを装着してもいいだろう。

ただし、サメがいるときは先にサメが食ってきてしまうので、それらは外した方がいいだろう。

浅場中心なので手巻きの小型リールで対応可能。オモリは80 号を使用

イワシを直撃 高ダナ狙いも有効

魚探の反応がかなり上に出ることも。この時期は底だけでなく高いタナも探ってみよう

いくらイワシが大量に回遊しているとはいえ、広い海全体に群れがいるというわけではない。

船長は長年の経験から、イワシが入ってきそうなポイントを探り、魚探で反応を探す。

そして反応が見つかったら、その群れを直撃できるよう船を回し投入の合図を出す。つまり、イワシの群れを直撃するのだ。

この合図が出た瞬間に仕掛けを投入できるよう、タイミングを見てエサにハリを刺し、準備をしておくことが大切だ。

できるだけ早く投入すればそれだけヒットの確率も高くなると肝に銘じておこう。

「太平丸」は基本的に横流しで狙う。

船の横腹に風を当て、右舷、左舷どちらかを先にして船を横に流す。

釣り人たちの仕掛けは横一線で海底をトレースしてゆくので、釣り座による有利不利はほとんどない。

根が多く点在し、根の上ではかなり根掛かりするので、仕掛けが着底したら30~50㎝ほど底を切るのが基本(ハリス1m、捨て糸50㎝程度の仕掛けの場合)。

慎重にやればオモリを引きずって、いわゆる「オモリトントン」状態で海底をトレースすることも可能だが、「あまり底を狙うとアタリは出るかもしれないけど、小さいのが多くなるかもね」と船長。

まめにタナを取り直し、前述のタナをキープするのが基本だが、イワシ回遊中は、さらに高ダナを狙うのもオススメ。

「イワシが回っているときは高いタナで大型が食ってくる傾向があります。底だけでなく、上の方のタナも探ってみてください」と
大野船長は言う。

大型は泳ぐ力が強いので、イワシを追って中層まで軽々と泳ぎ上がってくる。

そのため、高ダナでは大型の確率が高くなるのだ。

ただし、それがいつも正解というわけではない。

確かにイワシの反応が中層付近に出ているようなときは、タナを高くするべきだが、イワシ反応が底ベタに出ているようなときもある。

そんなときに、大活躍するのが「探見丸」。

これがあると、イワシの群れがいるかいないか、どこのタナを泳いでいるかなど、重要な情報がひと目で分かる。

ぜひ用意したいアイテムだ。

イワシの反応が中層から上などかなり浮いている場合は、中層付近でヒラメが食ってくることもある。

そんな状況では、仕掛け回収時に5~10mほど、ゆっくり仕掛けを巻き上げてみるのもいい。

ルアーのようにアピール効果を発揮し、ヒラメはもちろんヒラマサなど高級ゲストがヒットする可能性もある。

大型、しかも高ダナでのアタリはガツンと一発で食い込むことが多い。

いきなりの引き込みに対処できるよう、ドラグ調整もしっかりしておこう。

イワシの群れに着いているヒラメはデカイだけでなく旨い!

たっぷりイワシを食っているので、脂が乗って食味は最高。

しっかり血抜きして持ち帰れば最高のヒラメの刺身が味わえるぞ。

外房・御宿沖 浅場で大ビラメ!釣行レポート

生きイワシをエサにしたヒラメ釣りでイワシの群れがいるということは、天然のコマセ状態?

魚探にイワシの反応がいっぱいだ。こうなるとヒラメの食いが普段とまったく変わってしまう。大型入れ食いもある!

イワシ回遊で大型のチャンス到来! 外房のヒラメがおもしろい

外房のヒラメ釣り場にイワシが回遊中でヒラメの活性が急上昇。今年は水温が高めでやや遅れ気味だが、御宿沖にもイワシが到来。大型のチャンス!

ビギナーにも大ビラメのチャンスは十分あるぞ

イワシが来ると大型が釣れる確率が高くなる。今後は5kgオーバーの期待十分

今はヒラメの旬。そのうえ、イワシをたくさん食って脂が乗っている。食味バツグン!刺身が最高の季節

ヒラマサなどのフィッシュイーターが外道でまじりやすいのも、この季節の特徴。青物もイワシの群れに着いている

ゲストで良型のマダイが。これも群れに着いてイワシを捕食している。何が釣れるかわからない楽しみもある

おいしいゲストサワラも上がった

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・御宿岩和田港「太平丸」

外房にイワシの群れが回遊してきて、ヒラメの活性が急上昇している。

普段でもヒラメの魚影が濃い外房エリアだが、イワシの回遊があるときのパワーは、ちょっと別物。

4㎏、5㎏、さらに大きなヒラメが活発にエサを追うようになる。

御宿岩和田港「太平丸」大野利広船長は、「今年は水温が高くて、なかなかイワシが来なかったんだけど、12月下旬になってようやく来ました。

これからは大ビラメが期待できると思いますよ」と話す。

日によって、また時間によってイワシの反応が現れたり消えたりはあるが、反応が出た時は大チャンス。

大型はやや高めのエサにも飛びついてくるので、やや高ダナで大物に狙いを絞ってみるのも面白い。

大型だけでなく中小型も活性が高くなるので、大物まじりの数釣りが楽しめるぞ!

以上の記事は「つり丸」2017年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
最新記事
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル