MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【茨城・鹿島沖】ショウサイフグ!群れ固まって数釣り確定!

【茨城・鹿島沖】ショウサイフグ!群れ固まって数釣り確定!

寒さはいよいよ本格化して厳寒期に突入する。そんな状況ながらサイズがいいのが現在の特徴だ。上がってくるフグはいずれも30㎝オーバーばかり。鹿島沖のショウサイフグは水温10度切るぐらいまで釣れ続く。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

水温低下、群れ固まって数釣り有望!鹿島沖ショウサイフグ釣行レポート

ポイントは広範囲に広がる。砂地主体だったが岩場狙いも

エサはアオヤギ。エサバリにまとまるように付けよう

でかいの釣れてます!

「サイズがいいと聞いていたけどこの型はいいね」

重量感と抵抗感はハンパない

朝一番から好調に良型ばかりかけていった常連さん。数こそ20匹に満たなかったがかなりの満足度

巻きながら思わず「おっとっと」と声が出てしまう良型ばかり。

「1匹でもかなり食べでがありますね」

夫婦で良型ばかりゲット!

満足の良型

みなさん良型に笑顔がこぼれた

「このサイズが釣れるなら10匹もあれば十分だね」

大ドモの釣り人はマダコばかり4杯ゲット

船上でさばいてもらえて、帰りも待たずに帰れるのがうれしい

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「第十八不動丸」

寒さはいよいよ本格化して厳寒期に突入する。

ところが海の中はまだまだ冬になっていないようである。

「今シーズンは暮れになっても水温があまり下がらなかったね。例年、水温が下がってくると群れが固まって数がまとまって釣れるんだけどね」とは、鹿島港「第十八不動丸」のフグ船担当、菅原靖人船長。

高水温のため、あちこちに魚が動き回る。

このため、狙いを定めて魚を直撃することが難しいのだという。

つまり、どこにでも魚はいるのだけど、1箇所に集まるようなことがまだ少ないのである。

そんな状況ながらサイズがいいのが現在の特徴だ。

上がってくるフグはいずれも30㎝オーバーばかり。

水を吸って膨れているから、重量感はそれ以上。

こんなサイズなら10匹も釣れば大満足だろう。

「水深30mちょっとの砂地をメインに狙っていますので、べた底狙いでいいですよ。これから数まとまるようになれば、好反応が出て浮くようになります」

この日は、トップ20匹にあと一歩とどかなかったが表情はみな明るい。なにせ型がいいから、さばいてもらったフグもずっしりと重い。

鹿島沖のショウサイフグは水温10度切るぐらいまで釣れ続く。

冬場の本番はまだまだこれからだ。

以上の記事は「つり丸」2017年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
御前崎沖のマダイ五目に注目。海はまだ高水温秋の様子でいろんな魚たちが高活性!新たなメインターゲット!?のメイチダイにも注目だ!ハリス全長8m・2本バリで釣ろう!
城ケ島沖〜沖ノ瀬でクロムツ&アカムツが好調!この時期は高確率でダイヤをゲットできる。黒から赤の夢のダイヤリレー!今シーズンもダイヤはザクザクだ!!
半日船で手軽に楽しめる東京湾のビシアジ!今回お世話になったのは鴨居大室港「五郎丸」さん。沖揚がりまで釣れ続け、たったの4時間でなんと80匹!大漁で大満足の釣行となりました。
最新記事
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル