MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾で秋の好シーズン! ショウサイフグ&アカメフグ【東京湾】

東京湾で秋の好シーズン! ショウサイフグ&アカメフグ【東京湾】

いまや各地で人気上昇中のフグ釣りだが、そのルーツは東京湾だ。エビエサを付けたカットウ仕掛けで丁寧に誘ってフグを寄せ、微妙なアタリを取ってアワせる東京湾のカットウ釣りはゲーム性が高く、根強い人気がある。そのフグ乗合に周年出船しているのが金沢八景の「野毛屋」だ。久しぶりの湾フグ釣り。楽しみだ!

perm_media 《画像ギャラリー》東京湾で秋の好シーズン! ショウサイフグ&アカメフグ【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

開始早々、ショウサイフグ、アカメフグの両本命が。特にアカメはでっぷりと太り、リールを巻く手が止められるほどの引き

東京湾のフグ釣りが好調。でかいショウサイフグが釣れている。

40㎝級の大型アカメフグも釣れている。1匹で大満足というサイズだ。

「よっこらせ!」という感じで抜き上げたのは大型アカメフグだ。

こちらも大きなアカメフグ。とてもおいしいフグだ。

でかい! こっちもでかい! 重量感バツグンで釣り味も最高。

黒川船長が開発に携わった専用竿。ぜひ使ってみよう。

オリジナルカットウ仕掛け。

エサは甘エビ。

殻をむいてカットウ仕掛けのエサバリに付ける。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「野毛屋」。

東京湾のフグ釣りが秋の好シーズンに突入した。金沢八景の「野毛屋」では、一年を通してフグ釣りの乗合を出している。従来はショウサイフグが本命だったが、黒川健太郎船長はアカメフグの新ポイントを開拓。2年前からは季節限定でアカメフグ狙いにも出船している。40㎝を超す大型アカメフグは強烈な引きとその味で、ファン急増中の釣り物だ。
取材日は2種類のフグが同時に狙える港近くのポイントを攻めた。開始早々からショウサイフグ、アカメフグの両本命が顔を出す。特にアカメはでっぷりと太り、リールを巻く手が止められるほどの引きを見せる。
軽いオモリを使った釣り方は〝繊細〟、30㎝オーバーの良型が次々と船上に抜き上げられるシーンは〝豪快〟。そんな二面性を持つのが東京湾のフグ釣りだ。落ちを迎えるフグはいずれもぷっくりと太っていて、食味も最高だ。
これから秋の好期を迎える。「野毛屋」ではフグ一日船に加えて、10月から午後フグの半日船の出船を開始し、釣行の選択肢が広がった。今後の主役はショウサイフグか、アカメフグか、それとも両狙いかは釣況次第だが、どちらも釣って面白く、食べて美味なターゲット、フグ釣りを楽しむなら今がチャンスだ。

以上の記事は「つり丸」2012年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
季節問わず楽しめるLTアジ!「忠彦丸」さんに行ってきました!今回は2点掛けも連発、楽しい釣行となりました。「忠彦丸」さんは、女性割引があるのが嬉しいです!
冬の人気ターゲット「アマダイ」が早くも東京湾口で開幕!久比里「山天丸釣船店」でも、すでに50cmオーバーの特大サイズが取り込まれている。
アオヤギエサのカットウ釣りで狙う、大原港「敷島丸」看板メニューのショウサイフグが開幕!好スタート!取材日も良型が多く、乗船者全員が本命をゲット!
アベレージ40cm!50cmオーバーも期待大!!型ぞろいで数釣りもできる大型ルビーの宝庫!北茨城・平潟沖アカムツのホットなシーズン!
最新記事
タイラバ激戦区加太や明石エリアで鍛えあげられたタイラバロッド「タイゲームSSD C610L/FSL 15thアニバーサリーリミテッド」
カマスサワラ(スズキ目サバ科カマスサワラ属)本州以南、世界中の熱帯域から温帯域表層域を回遊している。昔は駿河湾・山口県以南にいたものが北上傾向にある。
人気の深海ジギングの救世主的両軸リール登場「マーフィックス」C3-RH/C3-LH
秋の東京湾、ルアーゲームの主役は青物!イナダからワラササイズのブリサワラ、小型のカンパチまで!青物ゲームが面白い!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル