MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【千葉・飯岡沖】イワシ回遊で大型出現!味も抜群!寒ビラメ!

【千葉・飯岡沖】イワシ回遊で大型出現!味も抜群!寒ビラメ!

千葉・飯岡沖のヒラメが冬の好機を迎えようとしている。、イワシを追った渡りのヒラメは4㎏、5㎏といった大判サイズが多くなりますと「幸丸」実川和也船長。大型のチャンスだけでなく、食味も楽しみだ。

イワシ回遊で大型チャンス!飯岡沖寒ビラメ 釣行レポート

ポイントは航程20〜30分ほど。イワシが回遊しており、今後さらに面白くなる

オモリは60〜80号を使い分ける。仕掛けは「快適ヒラメ仕掛け」がおすすめ

エサは中型のいいイワシが揃っている

1枚アタるとバタバタと食うことが多い

この日は2㎏前後の釣って楽しく食べておいしいサイズが多かった

ライトもOK。軟調竿を目一杯曲げたやり取り

身も厚くなっていき、うまさもアップ

肉厚の寒ビラメを次々とキャッチ

良型ゲット!

「最後まで諦めないことを続けていくことが大切です」「極鋭ヒラメ」がいい曲がりを見せる

最後の最後に2㎏級をあげたドクター近藤惣一郎。3枚目に最大級はさすが!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「幸丸」

千葉・飯岡沖のヒラメが冬の好機を迎えようとしている。

今シーズンのヒラメは夏の数釣りシーズン以降は高水温が影響してかムラの多い展開だったが、これからは大型に期待できる。

「水温が中々下がりませんでしたね。水温が下がってイワシの群れが灘寄りにくれば、大型ヒラメがイワシを追ってきます。こうなれば大型で盛り上がりますよ」と「幸丸」の実川和也船長は言う。

通常時は1㎏前後から2㎏クラスが多いが、イワシを追った渡りのヒラメは4㎏、5㎏といった大判サイズが多くなる。

「年明けにいきなり5㎏が出ました。潮が流れればトップ7枚前後と数も出ているのでいい感じになってきました」

飯岡沖のヒラメは左右交互に流しかえる「横流し」の釣りが基本となる。

「船下に仕掛けが入っていく側が先にポイントに入るので有利ですが、反対側でもチャンスがあります。ここで集中すれば数も伸ばせますよ」とドクター近藤惣一郎は言う。

そんな言葉通り、どちらの向きでもアタリを出していく。そして最後の流しで当日最大級をゲット。

これからのヒラメは栄養をたっぷりと蓄えて脂の乗りも最高な寒ビラメのシーズンに。

大型のチャンスだけでなく、食味も楽しみだ。

以上の記事は「つり丸」2017年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカは大型で肉厚、しかも、甘みが強くおいしい。沼津の魚市場では高値で取引きされているブランドイカだ。今期も連日安定釣果。大型メインで釣れるのもこれからだ。
東京湾ビシアジが好調にアタっている。走水港「政信丸」ではレギュラーサイズ25〜30㎝級だが、40㎝級のジャンボアジもギュギューンとヒット!数は平均30〜40匹台で安定、お土産には困らない釣果だ。
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
最新記事
駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカは大型で肉厚、しかも、甘みが強くおいしい。沼津の魚市場では高値で取引きされているブランドイカだ。今期も連日安定釣果。大型メインで釣れるのもこれからだ。
東京湾ビシアジが好調にアタっている。走水港「政信丸」ではレギュラーサイズ25〜30㎝級だが、40㎝級のジャンボアジもギュギューンとヒット!数は平均30〜40匹台で安定、お土産には困らない釣果だ。
違和感なくエサを食わせるしなやかさと操作性と軽さを両立したアカムツ専用ロッド「アナリスター アカムツ S-230」
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読