MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【内房・富浦沖】コマセ五目で高級魚!~大型アマダイへリレー

【内房・富浦沖】コマセ五目で高級魚!~大型アマダイへリレー

前半はコマセ五目でお土産を確保し、後半のんびりアマダイを狙う。そんなゼイタクなプランが楽しめるのが内房・富浦港の仕立船だ。真冬の一日を仕立てで各種リレー釣りなど楽しんでみよう!

コマセ五目&大型アマダイへリレー釣行レポート

この日は前半はコマセ五目でお土産を確保。

イトヨリ、マダイ、マアジ、カイワリなどで賑やかに

でっぷり太った49㎝の大型アマダイ!あまり知られていないが、富浦沖はアマダイの好ポイント。仕立てで狙ってみてはいかが?

中小型まじりで、アマダイはコンスタントに食ってくる

富浦沖は大型も上がる好ポイントだ。

高級食材のアマダイ。おいしい料理を楽しもう

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富浦港「酒井丸」

前半はコマセ五目でお土産を確保し、後半のんびりアマダイを狙う。

そんなゼイタクなプランが楽しめるのが内房富浦港の仕立船だ。

コマセを使った五目釣りでは、40㎝オーバーのマアジを中心に高級魚のイトヨリやマダイもまじり、短時間でお土産を確保できる。

しかも、港から10分ほどの近場。

空が明るくなるまでが勝負だが、手返し良く釣れば夕飯には刺身の盛り合わせが食べられる。

さらに後半はアマダイへとリレー。

富浦沖のアマダイは、あまりメジャーではないが、実は大型が上がるポイント。

この日は、潮が動かず苦戦したものの、それでも良型まじりでポツポツと釣れ、後半には最大49㎝も顔を出した。

美しい景観を眺めながらおいしい魚をゲットできる冨浦湾は、真冬の一日をのんびりと過ごすのにはもってこいのポイントだ。

仕立てでの各種リレー釣りなど楽しんでみては。

以上の記事は「つり丸」2017年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカは大型で肉厚、しかも、甘みが強くおいしい。沼津の魚市場では高値で取引きされているブランドイカだ。今期も連日安定釣果。大型メインで釣れるのもこれからだ。
東京湾ビシアジが好調にアタっている。走水港「政信丸」ではレギュラーサイズ25〜30㎝級だが、40㎝級のジャンボアジもギュギューンとヒット!数は平均30〜40匹台で安定、お土産には困らない釣果だ。
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
最新記事
駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカは大型で肉厚、しかも、甘みが強くおいしい。沼津の魚市場では高値で取引きされているブランドイカだ。今期も連日安定釣果。大型メインで釣れるのもこれからだ。
東京湾ビシアジが好調にアタっている。走水港「政信丸」ではレギュラーサイズ25〜30㎝級だが、40㎝級のジャンボアジもギュギューンとヒット!数は平均30〜40匹台で安定、お土産には困らない釣果だ。
違和感なくエサを食わせるしなやかさと操作性と軽さを両立したアカムツ専用ロッド「アナリスター アカムツ S-230」
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読