MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
激アツ相模湾!キハダ&カツオ!!ビッグファイトで大型ゲット!

激アツ相模湾!キハダ&カツオ!!ビッグファイトで大型ゲット!

葉山あぶずり港「たいぞう丸」&茅ヶ崎港「湘南 海成丸」ではコマセ釣りの大型キハダ&良型カツオが入り乱れている!そんな激アツ相模湾のコマセ釣り&エビング攻略術と釣行レポートを紹介!

早い時期からキハダ カツオが好調!

8月1日に開幕を迎え、
一ヵ月ほどが経過した相模湾のコマセ釣りのキハダ・カツオ。

開幕当初は、キハダはいるもののコマセに反応しない状況が続き、
カツオの姿も見られず“空っぽ”で帰港する船も多かったが、
8月中ごろからカツオ、キハダともに食い出し
一気にヒートアップ!

現在、20~40‌㎏級の大型キハダがバンバン上がっているほか、
カツオも良型が好調で、当たり年の気配が濃厚!

ベテランは「キハダ複数キャッチ」、
ビギナーは「初めてのキハダ」が高確率で期待でき、
さらにカツオのお土産もタップリだ!!

40㎏クラスも食ってくる! タックル・仕掛けは万全に

仕掛けの結びに自信が無い人は、信頼性の高い市販品もあるのでそれを使うといい

例年だと
「エビングには食うけどコマセには反応しない」
なんて状況が多い8月中にも、
コマセでキハダがアタっている。

さらに30~40㎏級も多数キャッチされているので
大型のチャンスも十分。

タックルの準備は万全にしておかないと後悔するぞ。
基本タックルだが、竿は専用竿や遠征大物竿、
ライト泳がせ竿など。

今は手持ちで釣る釣り方が
主流になっていることもあり
1.6~1.7mほどの短めが扱いやすい。

リールはレバードラグ両軸リールでもいいが、
ビギナーには電動ファイトでイージーに勝負ができる
大型電動リールがオススメだ。

道糸はP‌E8号以上、10号ならより安心だ。
道糸に傷があると大型が食った時に簡単に高切れするので、
昨シーズンタックルを酷使した人は
道糸は巻き替えておいたほうがいいだろう。

仕掛けはカツオに的を絞るなら
ハリス14~18号2~3m前後、
キハダなら20~30号4~8m前後。

現状では、同じポイントで高めのタナでカツオ、
深めのタナでキハダが食うという状況が多いので、
どちらが食っても獲れるようにするには
最初からキハダ仕掛けをセレクトした方がいい。

また、カツオのナブラを狙って
バンバンカツオが食うようなシーンも見られるので、
そんなときは細目短めのカツオ仕掛けを使おう。

ハリ結びはすでに公開している
ウエノットや南方延縄結びなどで。

環付きバリ対応のウエノットは
比較的簡単に結べて強度もあるので、
入門者にもおすすめだ。

ハリ結びに自信がない人は、
強度の高い市販仕掛けも発売されているので、
そちらを使った方が安心だろう。

その他、テンビンとハリス、道糸とテンビンなど、
各結びもしっかり行っておこう。

また船宿によって「クッションゴム禁止」とか
「遊動テンビン禁止」などローカルルールがあるので、
仕掛け類を買い求める前に
釣行する船宿に確認しておくことも忘れずに。

ビシはおおむね80号だが、
それ以上のものを推奨する船もあるので
併せて確認しておこう。

タックルは、キハダ用ロッドと大型の電動リールの組合せがポピュラーだ

ストップ&ゴーは 手早くスピード勝負

釣り方は現状、
「ストップ&ゴーの釣り」が展開されることが多い。

船長がソナーで魚の群れを探し、
その進行方向に先回りして船を走らせて仕掛けを投入し、
そこに進入してきた魚が出合い頭に
コマセと付けエサを食っていく、という釣り方だ。

群れはキハダ、キメジ、カツオまじりということが多く
指示ダナによってカツオやキハダを狙い分けることが多い。

「カツオは30m、キハダは40m」などという
指示が出ることが多いので、
各自タナを決め素早く投入する。

キハダもカツオも泳ぐスピードがものすごく速い魚。
投入にもたついてしまうと魚は船の下を通り越して
泳ぎ去ってしまう。

船長の合図があったら
すぐに仕掛けを投入できるよう準備しておこう。

もちろんコマセワークもスピーディーに。
パッパッとコマセをまいて素早くタナにセットしよう。
上手くいけば、ここですぐにアタリが出る。

タナにセットしたら竿は手で持ち、
最初のアタリを感じたらすぐにアワセを入れよう。

一気に竿が絞り込まれることもあるが、
同様にアワセを入れてハリを魚の口周りに掛けるように
心がけよう。

小さなアタリを取って ハリをカンヌキに掛ける!

もうひとつの釣り方「流し込みの釣り」は、
ストップ&ゴーとは逆に待ち伏せ的な釣り。

コマセをまいて、
そこに魚が寄ってくるのを待つり方だ。
例年シーズン中盤以降、
大型キハダを狙うようなときに行われることが多い釣り方で、
今後このスタイルも多く行われるようになるはず。

ストップ&ゴーの釣りがソナーで見つけた群れを狙って
大きな船団ができ雰囲気も迫力満点なのに比べると、
流し込みの釣りは船の間隔もあいて広範囲に広がる感じで、
アタリがなければ、ちょっとのんびりした雰囲気が漂う。

しかし油断は禁物。
キハダは急に深場から現れて、
一気にエサをひったくってゆくこともある。

船長が魚探やソナーをチェックしているので
「群れが入って来たよ!」とアナウンスがあったときは
とくに激アツタイムだ。

投入直後がチャンスとは限らず、
いつ食ってくるか分からない釣りなので
置き竿にしたくなるところだが、
大型キハダをキャッチするためには手持ちがベター。

大きなキハダでもアタリはコツッと
竿先に小さな変化しか出ない場合もある。
そのアタリを取れた場合と見逃した場合では
キャッチの確率が変わってくる。

コツッのあと、
ギューンと竿が絞り込まれるのがキハダで
多いヒットのパターンだが、
竿が絞り込まれる前にアワせられれば
キハダの口の端っこ、
いわゆるカンヌキにハリ掛かりさせられる確率が高い。

そうなればハリス切れのバラシをグンと
抑えることができるのだ。

置き竿にしていてギューンと竿が入ってから
竿を持ってアワセても、
それではハリを飲まれてしまうことが多い。

そうなるとハリスはファイト中常に、
ザラザラの歯に当たってしまい、ハリス切れも多くなる。

竿は手持ちでアタリに集中!
これがキハダキャッチの近道となる。

今シーズン、
8月中旬まではサメの邪魔がまったく見られなかった。
下旬に入ってポツポツと姿が出始めたが、
それほど多くない様子。

つまり比較的やり取りも落ち着いてできる状況だ。
ビギナーは電動ファイトでもいいので、
走ったら待つ、止まったら巻く、
を繰り返しながらキハダとのファイトを存分に楽しもう。

慌てずに余裕を持って楽しむことがキャッチにつながるはずだ。

エビングも好調!ひとり勝ちもある!?

今シーズンはいきなりコマセで好調に釣れているが、
例年開幕から一ヵ月くらいは
「コマセに反応しないけどエビングには食う」
なんていう状況が展開されることが多い。

今年もコマセと同船でエビングを楽しむ人の姿も多く、
コマセでより好釣果をあげるひとも少なくない。
エビングは
コマセについた魚もヒットさせることができるのだ。

エビングは
とくにシーズン前半に好釣果を上げることが多いので、
今チャレンジしてみるのもいいだろう。

現状、コマセの船に同乗するかたちでミヨシの限られた席が
エビングに開放されることが多いので、
事前に船宿に確認し予約するのが賢明だ。

潮具合や水温などちょっとした海況の変化で
コマセ釣りにアタらなくなったときなどに
「ひとり勝ち」もあるのがエビングの強み。

興味のある方はぜひチャレンジを。

相模湾「たいぞう丸」2隻出船!大型キハダ&良型カツオ釣行レポート

8月中旬から一気にヒートアップ。今シーズンは当たり年!?

ドクター近藤のタックルは、
「マッドバイパー スティング 175」と「シーボーグ 800MJ」と、最強の組み合わせ

キハダにカツオ、強烈な引き味が楽しめるこの釣り。
毎年この季節を楽しみにしているドクター近藤惣一郎、
「ホントに楽しい釣りですね!今シーズンは当たり年みたいですから、
みなさんもぜひチャレンジしてください!!」

右舷全員ヒット!!
カツオは船中ほとんどにヒットする場面も見られた。5~6㎏のグッドサイズもまじる

20㎏〜40㎏連発中!!

この日「たいぞう丸」は2隻出船で、それぞれ24㎏と31㎏のキハダをキャッチ。
キメジと30㎏オーバーまじりでトップ5本キャッチという日も。
この後40㎏クラスも上がっている

カツオ良型!

ヒットから海面まで暴れまくるカツオ。ドラグは締めて、一気に取り込もう

「キハダはボウズもありますから、
カツオが釣れてくれると気が楽ですよね!」とドクター近藤

キハダとは別次元とはいえ、カツオの引きもすばらしい。ファイトの後はみな笑顔だ

釣りたてのカツオの味は絶品!適度に脂が乗ってモッチリした刺身はホントに美味しい

カツオは良型主体にトップ10本前後釣れる日も多い

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・葉山あぶずり港「たいぞう丸」

8月1日に解禁し、一ヵ月が経った、
相模湾のコマセのキハダ・カツオ釣り。

例年通り?開幕当初はコマセへの反応が悪く
食いが渋かったものの、8月中旬から一気にヒートアップ。
キハダもカツオも入り乱れての好釣が続いている。

現在20~40㎏級のキハダに加えて、
カツオの2~6㎏がコンスタントに食っている。

キハダは一日で船中数本上がる日もあり、
船上には心地いい緊張感が漂う。

そしてカツオは船中ほとんどの人に同時ヒット!
などということもありお土産の確保も難しくない。

8月中旬現在ではサメの邪魔もほとんどなく、
キハダのキャッチ率も高いので、
この釣りのビギナーにもおすすめできる状態だ。

例年だと、
8月の開幕からしばらくはエビングでのキハダの釣果が多く、
9月に入るとコマセの釣果も上向いてくることが多かったが、
今シーズンはいきなりコマセで好調。
となると9月には爆釣!?もあるかも!!

相模湾・全域「湘南 海成丸」エンジン全開キハダ&カツオ!!釣行レポート

まさにパワーファイト! 走りが止まってからは、ポンピングで着実に締め上げよう

船宿の仕掛けは、小磯16号バリを使用。

付けエサは、オキアミ。
キハダは、抱き合せ。カツオは1匹の丸掛けが多い

一本目は22㎏!!

およそ2年振りのキハダを仕留めてご満悦の竪川さん。
ハリスはフロロの24号・4.5mを使用したそうだ

堂々の37㎏浮上!!

「30㎏を超えると太さが違いますよね。
女将さん直伝の電撃フッキングで口横にハリ掛かりさせて仕留めました」とは、
足繁く通う桐山さんだ

豪快に走るキハダを締め揚げる!!

女将さんはフルドラグ気味で勝負
ハリを飲まれると、この鋭い歯でヤラレるので注意

20㎏を超す大型のキハダはギャフを使用して取り込む「湘南 海成丸」。
百戦錬磨の船長が担当してくれる

こちらは29㎏!!

この釣りの先駆者で釣り方を研究&オリジナル釣法を構築した
女将の奈穂子さんが釣り方のお手本を見せてくれた。

青い弾丸・カツオ!

海面から頭を出すと弱るカツオ。ヒット連発時は、この体制で待ってタモ入れをお願いしよう

親子釣行で仲良くカツオをゲット!
ちなみに、この日のカツオは3㎏クラスの良型が多かった

カツオを専門に狙うならハリスは16号でOKだ

「良型のカツオは味もバツグン」

こちらも良型をゲット!

カツオもバリ食い!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・茅ヶ崎港「湘南 海成丸」

コマセ釣りのキハダ&カツオが、
相模湾で本格的に食い出した!
連日カツオは、お土産確実。

そしてキハダは、
大型が各船でヒットする激アツモードに突入しているのだ。

「お待たせしました!って感じかな。
例年、コマセに馴染むのに少々時間がかかるけど、
このところの食いっぷりは本物で、
これからどんどんヒートアップしてくるんで、
みんな楽しみにしてね」と
笑顔で今後の展望を語ってくれたのが、
相模湾のキハダ釣りにいち早く注目した
茅ヶ崎港「湘南海成丸」の鈴木敦船長だ。

今のところ、
ソナーで群れを追ってのストップ&ゴーの釣り
(群れの先頭に回り込んで仕掛けを投入する)が
展開されているが、

今後は徐々に流し込みの釣り
(回遊狙いで船を流す)になっていくとのこと。

取材当日は、キハダもカツオも移動が速く、
忙しい釣りになったが、
お客さんたちは船長の投入合図に遅れることなく
仕掛けを落とし続け、
ご覧のような良型〜ビッグワン祭りとなった。

「ハリを飲まれるとゲット率が極端に落ちるので、
キハダもカツオも絶対に前アタリを捉えてアワセを入れて、
口周りにフッキングさせて下さい」と船長。

必釣のコツを聞いたら、行かなきゃ損。
大物を仕留めにでかけましょう!!

以上の記事は「つり丸」2019年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!
東京湾のタチウオが絶好釣!一級ポイント、富津沖を得意とする富津港「浜新丸」では連日ドラゴン級まじり&数釣りでタチウオフリークを熱くさせている!
飯岡沖ではまるでハイシーズンのような大型ラッシュが続いている!飯岡港「幸丸」では4㎏、5㎏の大ダイは当たり前。なんと7㎏!のモンスターサイズも飛び出した!
外房 片貝沖は例年より一ヵ月早い解禁!片貝旧港の「勇幸丸」では7月8月と安定釣果を継続しており、連日大型まじりの数釣りを楽しむ多くのヒラメファンで賑わっている!
最新記事
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
最新のリアルオキアミ大型バケを採用したキハダ仕掛け「最強キハダRО仕掛GK1」
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読