MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【仙台湾南部】ヒラメ爆釣シーズン突入!80cmオーバーを狙え!

【仙台湾南部】ヒラメ爆釣シーズン突入!80cmオーバーを狙え!

仙台湾はフラットフィッシュの宝庫。ヒラメ、カレイ、マゴチのポイントが豊富。亘理荒浜港「拓洋丸」&「大海丸」ではビギナーもベテランも大満足のヒラメ釣りが可能だ。ヒラメ爆釣シーズンの仙台湾・南部にぜひ!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

今期はこれでバッチリ! 仙台湾ヒラメの傾向と対策 針生秀一が解説

フラットフィッシュの宝庫である仙台湾。潮流しで攻める

仙台湾はフラットフィッシュの宝庫で、
ヒラメ、カレイ、マゴチのポイントが豊富にある。

ヒラメは北部の牡鹿半島、金華山周辺から南部の亘理沖、
山元沖まで、砂地に岩礁帯、魚礁といった
絶好のヒラメポイントが数多く点在している。

ヒラメ釣りのシーズンは6〜12月で、
特に盆休から11月あたりまでが型、枚数ともにピークとなる。

仙台湾ヒラメ釣りは風に向けてポイントに
船を立てて潮に乗せる、いわゆる“潮流し”でヒラメを釣る。

横流しに比べて席の有利不利は出るが、
それを克服する策を練るのも面白いところである。

そんな「仙台湾ヒラメの傾向と対策」なんて
受験参考書みたいですが、私の視点、経験からガイドします。

シーズン初期は仙台湾北部から盛り上がっていく

仙台湾で手軽にやれる泳がせ釣りとして人気が高いヒラメ。
開幕あたりはメバル、アイナメ、ソイなどの
根魚が多くまじるイワシ泳がせの五目釣りといった感じで、
これもまた一興である。

そんな中でも、仙台湾北部の牡鹿半島〜金華山、
そして田代・網地島まわりの磯場から続く荒砂、根周りで、
いち早く良型まじりでヒラメの好釣果が出てくる。

仙台湾でヒラメ釣りの出船がなかった30年前は、
ヒラメ開幕となれば金華山瀬戸
(牡鹿半島と金華山の間の水道)であった。

初夏のあたりから潮通しのよい浅場の根際や
荒砂といったところにヒラメが寄り付く。

こんな条件がそろうのが、
金華山〜牡鹿半島まわりから松島湾外の大根にかけてなのだ。
塩釜港のヒラメ船が狙うポイントのひとつで、
イワシが安定して入手できない初期には、
ジギングでヒラメの数多いヒットを呼び込めることもある。

実際に初夏から夏場はソゲサイズの小型も多いのだが、
コレをいかに掛けるかが良いプラクティスになる。

ジギングに反応が良いことからも、
よりアクティブに泳ぐエサに反応するのだろう。

ヒラメは特に朝方、夕刻のあたりに根の上に乗って
エサを待ち受けて捕食する傾向がある。

こんなヒラメは食い気があり、
この時合いを逃さずアタリを呼び込んでハリ掛かりさせる。

まずこの組み立てが潮流しで釣る仙台湾ヒラメの基本になる。

ソゲ、根魚釣りと甘く見てはいけない。
東北のヒラメ釣りのルーツである南三陸、
女川での釣りをマスターした釣り人が、
様々な条件を判断して組み立てを変えて
ヒラメのアタリを多く呼び込んでいるのは、
この経験にある。

ショートハリス釣法の有効性

湾内のヒラメ仕掛けはハリス80㎝、
捨て糸40㎝くらいが標準。
これでタナ、底ダチをマメに取り直す。

水色悪くウネリなどの条件であれば、
より低いタナで底際を泳がせることに、
高めに泳がせてから落とし込むという
反射食いを狙う誘いを、船の流し、
自分の席から判断して組み合わせていく。

かつては「悪条件ほどロングハリス至上」という考えで、
渋い時ほど幹糸からイワシが大きく離れて泳ぎ、
回転半径が広くなる1mハリスにしていた。

しかしこれでアタリが多くなった経験は少なく、
むしろ根掛かり、ハリス絡みなどのトラブルが増えた。

そこで“短ハリス”である。
ヒントになったのは南三陸でのイワシ根魚五目で、
イワシイケスで積み込みを待っているときに、
根魚釣りの30㎝ハリスで前日の残りのイワシを付けて
落とすと、よくヒラメが釣れたことにあった。

イワシイケス周りになぜヒラメが寄り着いているのか?
それはイケスで泳ぐイワシが散らす
大量のウロコの集魚効果にある。

それで短ハリスだとイワシの泳ぎ、
特にタナの取り直しなどのアクションで泳ぎが激しくなって、
ウロコの散りが増えることに気が付いた。

このことからヒラメ釣りで40㎝ハリスに捨て糸20㎝という
仕掛けを悪条件の食い渋り時に使ってみると、
これでアタリを多く呼び込むことを実感。

何度か試してみて、それが潮先の有利な席だけではなく、
潮上側で胴の間というアドバンテージがないところでも、
船中アベレージよりもヒラメを多く釣ったことで
短ハリス効果を確信した。

釣りの組み立ては、まず手早くイワシをハリに付けて投入。
着底瞬間のアタリに注意しながら、
ゆっくりオモリを底から離す。

イワシを泳がせてハリスを張るイメージで竿を立てて
イワシを周囲にアピール。

短ハリスのテンションで刺激されてイワシが激しく泳ぐので、
船の流しに合わせるようにしてタナ、
底を取り直す落という操作。これが基本になる。

曇り、雨天であたりが暗い。
水色も悪く、どうもアタリ遠く活性が低いようだ。

こんなときほど低め、
底スレスレにイワシを泳がせることをイメージしよう。

それで底をマメに取り直すことが落とし込みの操作で
反射食いを誘うことに繋がる。

捨て糸をハリスの半分くらいにすると、
根の高低を掴んで
イワシを泳がせるタナを設定しやすい。

短ハリスゆえに前アタリ、
つまりイワシがヒラメから
逃げようという動きもハッキリ伝わる。

そこからイワシに食いついて頭から食い直す
本アタリまで明確に出るので、
ヒラメ釣りのクライマックスを存分に味わえる。

この釣り方は盛期の仙台湾全域でも通用するので、
悪条件での食い渋り、
そして潮止まりなどでアタリが減ってきたときに、
こんな短ハリス釣法を試してみよう。

ヒラメが根に固まってきて盛期に入る

台風の一荒れをきっかけに
ヒラメが根周りに固まってくる。

今年もお盆の台風通過後から仙台湾ヒラメの釣果が上昇。
竿頭10枚を超えて6㎏級の大型も多く上がるように
なってきている。
こんな盛期の釣り方の手順を解説する。

タックルは長さ2〜2.7mで50号負荷程度の
6対4、7対3調子の竿。

リールはPE2号200〜150m巻けるサイズの手巻き両軸か電動。
2m前後のライトならば、
軽量でドラグ性能が良いものが手持ちの釣りで楽しくなる。

オモリは40〜60号。
仕掛けのスペックは幹糸8号、
ハリス5〜6号にハリはチヌ5〜7号くらい。

捨て糸5号で40㎝程度、
孫バリ仕様の胴付き1本バリが標準に使われている。

孫バリはシングルフック主流で
トリプルにチラシ仕様まで使われている。

他地域に比べて細ハリス、
軽量のハリが使われているのは、
カタクチイワシをエサに使っていたことがルーツで、
イワシの負担を軽減して泳がせるということからである。
これが現在のマイワシ主流になっても根源にあるのだ。

イワシのハリ掛けは、
まず海水で手を冷やしてからイワシを掴み、
親バリを口内に入れて上顎に刺し通す。

孫バリはシングルなら肛門のあたり、
トリプルなら背びれの後ろに刺す。

トリプルを肛門のあたりに打つと
根掛かりが多くなるのでお勧めしない。

尾びれの近くに打つと
外れやすくなるので注意しよう。

孫バリは、いわば保険である。
ヒラメ低活性で食い渋りのときほど
イワシの負担を減らして
元気に泳がせるというのが一番の良策。

食い渋り悪条件なら孫バリなしの
一本バリで勝負してみよう。
イワシをハリ掛けして投入。

席が不利と思われるときほど投入は手早く、
合図に遅れないことが肝心だ。

着底即のアタリも多いので注意しながらタナを取る。
水色が良く潮の流れも適当。

こんな好条件での大ビラメ狙いは高ダナがセオリー。
イワシを底から高めに泳がせてアピールしよう。

ここからはマメな底の取り直しが大事。
これでイワシの泳ぎを活性化させて、
広範囲にアピールすることが
アタリを多く呼び込む決め手だ。

竿先が振れてイワシの泳ぎが激しくなってきた。
ヒラメが近くにいる!
ここからがヒラメ釣りの最も面白いところ。
ヒラメがどうやって
イワシを捕えて食い込むかをイメージしよう。

アワセのタイミングを掴む

ヒラメは速く泳げないが鋭い歯を持っている。
イワシを噛み捕えて、
それから頭から食い直して飲み込む。

この前にイワシがヒラメから逃げるように激しく泳ぐ、
これが前アタリ。一度に呑み込む大ビラメもあるが、
ググッと強い最初のアタリが出る。

この食いつきのときの竿の操作が肝心だ。
竿を水平に構えて静かに待つ。

船の上下を竿の操作で抑えて
竿先を動かさないようにする。

すぐに食い込むことも多いのが盛期のヒラメだが、
食い込まないときは少し竿先を下げてみよう。

これでも食い込んでこないときは、
少しずつ竿先を上げてテンションを与える。

捕えたイワシが逃げられると、
ヒラメが食い込んでくれば作戦成功。
竿を持ち上げるようにしてアワセを入れよう。

これで食い込まないのはソゲサイズの
小ビラメやフグなどが多いが、
アタリが出たと同時にアワセを入れると、
ヒラメが底に戻る動きにカウンターとなって
掛かることもある。

ジギングでのフッキングパターンから、
こんなタイミングのアワセもありだ。
これは竿の性能の向上で、
特にライトで釣るようになってから、
有効なタイミング、パターンが掴めてきたのである。

前アタリから食いつき、そして食い込み。
この過程で大切なことは、
決して道糸のテンションを緩めない事が大切。

クラッチフリーで道糸を送り込んで
オモリを底に置くという操作は、
食い込む本アタリを見逃すことも多く、
せっかくのクライマックスを味わえないばかりか、
これでイワシを離してしまうヒラメもいる。

アワセは強くアワせる必要はなく、
底に反転するヒラメの引き込みで
深くハリに掛けるような感じで良い。

巻き上げはドラグを滑らせて対応。
竿先を下げ過ぎていると、
途中で反転されたときに余裕がなくなるので、
水平に保って竿の弾力を生かす。

海面にヒラメが見えたら、
誘導するようにタモに導き、
頭から入れる。

クラッチを切って深くタモに入れよう。
これから絶好のシーズン。
このチャンスを逃さずに!

仙台湾「拓洋丸」東北ヒラメパラダイス!!釣行レポート

「拓洋丸」の船上。19tなので釣り座も広々だ

取り込みは必ずタモを使おう。抜き上げるとよく外れる

数釣りはこのサイズがアベレージ。これからどんどん身厚になっていく

生きイワシを大事に扱える人はアタリの数も多い

東北といえどもまだまだ暑い。魚は早めにクーラーのなかへ入れよう

魚影の濃さを改めて体感

今回、取材にご協力いただいたのは、宮城・亘理荒浜港「拓洋丸」

仙台湾ヒラメ釣りのパイオニア「大海丸」釣行レポート

出船前にイケスからイワシを積み込む

エサは生きマイワシだ

オモリは60号。
ロングロッドからショートロッドまでさまざまなものが使用可能。
PEは2号が基本。ゲームロッドが最適だ

大海船長の操船はピンポイントでラン&ガンを得意とするので良型が多い

さあ! 今年も始まりました。ヒラメ爆釣シーズン

ビギナーでも満足のいく釣果を得ることができる
仙台湾ヒラメ釣りのパイオニア「大海丸」

今期は貴重になったアイナメがよくまじる

爆釣シーズン前で仙台湾じゅうが食い渋りのなかでもこの釣果。
湾内のヒラメの魚影は濃い。

こんなクロメバルもイワシにヒット

マゾイも多い

下船後の乗船料金の会計は、港近くの「海鮮大海」で!ランチもうまい

今回、取材にご協力いただいたのは、宮城・亘理荒浜港「大海丸」

今年も仙台湾はヒラメ爆釣シーズンに突入した。

例年、生きイワシの泳がせによるヒラメ釣りは6月にスタートし
8月のお盆すぎからヒラメの荒食いが始まるのが仙台湾南部。
11月いっぱいまで楽しめる。

荒食いが始まるのがなぜかと、
仙台湾のヒラメ釣りのパイオニアである
亘理「大海丸」の山川大海船長に聞くと、
「産卵後にベイトを追っていたヒラメたちが
ちょうどお盆ころから根に着くようになるんですよ。
漁師の網には入らず、根をバーチカルに攻めることができる
遊漁船の独断場になるんですよ。
数が伸びるのは、根周りなんでヒラメが固まるポイントが
特定しやすくなるからです」とのこと。

実際、乗船日はウネリの影響で食い渋り、
しかもシーズン前にも関わらず、トップは12枚。
魚影の濃さを改めて体感できる結果をみることができた。

「いいポイントに入れば仕掛けをボトムに落とせばすぐにアタるよ。
70㎝オーバーはだけでなく80㎝オーバーの大型も珍しくないよ」
とは、亘理「拓洋丸」の常連さんの弁。

ここには、ビギナーでも簡単エントリー可能で
ベテランも満喫できるヒラメ釣りの環境が整っているという。

ぜひ、早めの釣行を予定してみてはいかがだろう。

数はもちろん期待できるが、
狙うは80㎝オーバーの大ビラメだ。

以上の記事は「つり丸」2019年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
最新記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル