MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【高知・室戸岬沖】夢のカンパチ50㎏!遠征大物泳がせ釣り!

【高知・室戸岬沖】夢のカンパチ50㎏!遠征大物泳がせ釣り!

前回の奄美大島海域に続き、ロッドメーカー剛樹のテスターを務める金本俊哉さんらが向かったのは、高知県室戸岬沖。この海は黒潮がまともに流れ、カンパチの40㎏&50㎏という夢サイズが狙える極上エリアだ。

青物御三家登場!カンパチ、ヒラマサ、ブリ遠征大物 釣行レポート

タックルは最低でもエサ釣り用と泳がせ釣り用が必要。
泳がせ釣り用はできれば予備も持参したい。これで4人分だ

今回は県東部の奈半利町をベースに、加領郷港から出船した

一生に一度”の大物がいつ来てもいいように、タックルは信頼できるものを選びたい

まずはエサ釣りからスタート。室戸岬沖ではエサはサバを使う

サバは上顎掛けに。水温が高い状況ではエサが弱りやすいので目通しにする。その準備も忘れずに

エサのサバはいわゆる清水サバと同じ。ブランド魚だけに人間が食べても超絶美味!

大物泳がせ釣り専用ロッドが綺麗な弧を描く。
タックルや仕掛け、そして釣り人すべてにミスは許されない。
弱いところからやられる。大物釣りとはそういうものだ

ロッドメーカー「剛樹」のテスターを務める金本俊哉さんは20kg級のカンパチをキャッチ。
ここ高知県室戸岬沖の海には40kg、50kgというモンスターサイズが泳ぐ。
それを釣るために遠征して来た。20kgではまだ小さい

金本さんは、地元の漁師も驚くヒラマサの20kg級も釣り上げた。
こんなサイズは滅多に上がらないという

剛樹ロッドのヘビーユーザーである明利さんは15kgオーバー!

ベテラン黒沢さんも15kgオーバーをキャッチ!
最近の電動リールは非常にパワフル。このサイズであればグイグイ上げてしまう。
ただ、釣り人がそれに耐えられない場合もあるので、無理は禁物だ

ミヒロ精機の池田博さんはストロングファイターの電動ウインチで15kgオーバーのカンパチ。
圧倒的パワーでアッという間に上がってしまった

池田さんはブリ。想定外のゲストにびっくり。
あとはモロコと30kgオーバーのカンパチが出れば…という状況だったが、そうはいかなかった

10kgオーバーともなれば、「これ撮るの?」と…。
エサが大きいので、アタっても食い込まないのはこのサイズと思われる。相当の数がいるのだろう

前回の鹿児島県奄美大島海域に続き、
ロッドメーカー剛樹のテスターを務める
金本俊哉さんらが向かったのは、高知県室戸岬沖。

海水温分布図などを見れば一目瞭然だが、
ここの海には黒潮がまともに流れている。
それゆえカンパチの40㎏、
はたまた50㎏という夢のサイズが狙える場所として、
大物釣り師の間では知る人ぞ知るエリアとなっている。

「この海域には大きな“夢”があります。
その夢を追い求め、昨年からこの海に通っています」と話すのは、
前出の金本さんだ。

昨年の釣行はカンパチからのアタリはゼロというまさに惨敗。
その経験を活かし、今回リベンジしたというわけだ。

結果、狙いのサイズには遠く及ばなかったものの、
20㎏級を筆頭に多数の10㎏オーバーカンパチ、
そして地元漁師も驚いた20㎏級ヒラマサ、
そして同行の池田博さんは8㎏級のブリという、
まさに青物御三家のキャッチに成功したのだった。

遠征はお金と時間がかかる。
しかも、金本さんたちの初回の高知遠征のように、
自然相手だけに何も釣れないということもある。

だが、そこには大きな“夢”がある。
一生に一度という超大物が、
その一投入でヒットする可能性があるのだ。

まさに釣り人のロマンがそこにあるのだ。

以上の記事は「つり丸」2019年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
南房洲崎沖は岩礁帯が多く、根魚の魚影が濃い!洲崎港「北山丸」はカサゴのサイズが魅力。25㎝は当たり前、30㎝クラスの超大型が連発!また、マハタやアカハタなど、まじりも多彩で、根魚五目が楽しめる。
ズシーンッ!と訪れる引きが魅力のスルメイカ釣り!暑くなるといよいよ本番!魅力はズラズラと連なる多点掛け!しっかりと準備をして、楽しんでいただきたい!
黒潮の使者、カツオ・キハダは6月中旬頃から相模湾に回遊!カツオは2〜3㎏級!20㎏以上のキハダも多く、生きイワシエサはヒット率が抜群!
初夏の大原沖では、イサキの数釣りとシマアジの強烈な引き&最高の食味、両方が味わえる絶品リレーがオススメ!また、大原沖の根回りは魚種が豊富!高級魚五目でクーラーを満タンに!
房総半島・洲崎沖&勝浦沖の浅場根魚!エサは違えど道具&釣り方の基本は同じ!ビッグな根魚が待ってるヨ!!浅場根周りは大型根魚パラダイスだ!
最新記事
南房洲崎沖は岩礁帯が多く、根魚の魚影が濃い!洲崎港「北山丸」はカサゴのサイズが魅力。25㎝は当たり前、30㎝クラスの超大型が連発!また、マハタやアカハタなど、まじりも多彩で、根魚五目が楽しめる。
最軽量のトランク型クーラーがさらに軽量化し使いやすくなって登場!「ライトトランクα」ZSS/SU/GU/S 3200・2400
小物釣りの代表シロギスと、そのゲストでこちらも美味なメゴチを天ぷら用にさばく方法!釣りたてホクホクのシロギス&メゴチ天を作ってみよう!
人気の中深海スロー系ジギング。焼津市アングラーズショップ「アクア」のキンメ仕立て船に同船。キンメはナンヨウキンメもまじえ,、全員がキャッチに成功!2㎏クラスも登場!大盛り上がりの釣行となった。
ズシーンッ!と訪れる引きが魅力のスルメイカ釣り!暑くなるといよいよ本番!魅力はズラズラと連なる多点掛け!しっかりと準備をして、楽しんでいただきたい!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読