MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
美味しい東京湾のアジをライトタックルで釣ろう!【東京湾】

美味しい東京湾のアジをライトタックルで釣ろう!【東京湾】

食欲の秋、スポーツの秋、そしてなんと言っても沖釣りの秋! 今回はグルメの舌をも納得させる東京湾のマアジ取材となった。いざ、釣行だっ。

LTアジはビギナーやファミリーフィッシングにも最適

LTアジのポイントは、比較的近いのでビギナーにもおすすめ。

ライトタックルだと釣趣抜群!

LTアジでは20〜25㎝がアベレージ。このサイズが猛烈に旨い!

釣りキッズもこのとおり!

7対3調子の竿が扱いやすい。

ポイントの水深は20m台。

貝塚船長おすすめのエサ付け。

船長オススメのエサ付けでこのとおり。

釣れたアジは血抜きをして、大事に持ち帰る人もいる。

根周りではカサゴがよくまじる。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「黒川丸」。

東京湾のLT(ライトタックル)アジが好シーズンを迎えて絶好調が続いている。金沢八景「黒川丸」では、イシモチとの二枚看板で「ショートLTアジ」船を出している。10月からは、毎日乗合船を出船。
湾奥のLTで狙うアジは手軽なターゲットだが、侮るなかれ! 豊富なエサに恵まれて育った魚体は幅広でまん丸。想像どおりのうまさにファンも多い。さらに、この時期はうまさが増しているというから嬉しい。
「全体が黄金に輝いて、尾まで黄色い幅広で、それも20〜25㎝くらいが抜群にうまいです」とは貝塚英明船長。
船長のおすすめアジ料理は、刺身、タタキ、塩焼きなど新鮮な素材を活かしたもの。そして、必ず試してほしいというアジフライは、身がフワフワで口の中で上品な脂が広がり、とても美味だった。
今回お世話になった「黒川丸」は、お客様思いのサービス満点な船宿で、電車釣行やビギナーにもおすすめ。この秋、ビギナーやファミリーフィッシングにも最適なLTアジをぜひ楽しんでいただきたい。

以上の記事は「つり丸」2012年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
今期も駿河湾の絶好調の夜タチウオ。静浦沖でもドラゴンまじりで釣れている!研究熱心な船長は、大型率が高いタチウオテンヤでの釣りを推奨。釣趣バツグンのテンヤ釣りを存分に楽しみに行きましょう!!
駿河湾・石花海のヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入する。釣れるヤリイカはみな肉厚で全体的に丸みを帯び、味も濃厚。連日、後半には乗り乗りタイムに突入するので、前半不調でも、後半に期待大だ。
相模湾のアマダイが絶好調!葉山あぶずり港「たいぞう丸」では当日、50cmがダブル&49cm&47・5cmが取り込まれた!シロアマダイ44・5cmもヒットし、3色揃い踏み!相模湾のアマダイ釣りは今がチャンスだ!
最新記事
ツムブリとは、スズキ目ハタ科マハタ属で、全世界の温帯域から熱帯域の表層を回遊している。国内では青森県以南に生息している。ブリに似た形で、身に赤みがある。
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
太田屋(金沢八景)の釣果情報を掲載
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
今期も駿河湾の絶好調の夜タチウオ。静浦沖でもドラゴンまじりで釣れている!研究熱心な船長は、大型率が高いタチウオテンヤでの釣りを推奨。釣趣バツグンのテンヤ釣りを存分に楽しみに行きましょう!!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読