MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
美味しい東京湾のアジをライトタックルで釣ろう!【東京湾】

美味しい東京湾のアジをライトタックルで釣ろう!【東京湾】

食欲の秋、スポーツの秋、そしてなんと言っても沖釣りの秋! 今回はグルメの舌をも納得させる東京湾のマアジ取材となった。いざ、釣行だっ。

LTアジはビギナーやファミリーフィッシングにも最適

LTアジのポイントは、比較的近いのでビギナーにもおすすめ。

ライトタックルだと釣趣抜群!

LTアジでは20〜25㎝がアベレージ。このサイズが猛烈に旨い!

釣りキッズもこのとおり!

7対3調子の竿が扱いやすい。

ポイントの水深は20m台。

貝塚船長おすすめのエサ付け。

船長オススメのエサ付けでこのとおり。

釣れたアジは血抜きをして、大事に持ち帰る人もいる。

根周りではカサゴがよくまじる。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「黒川丸」。

東京湾のLT(ライトタックル)アジが好シーズンを迎えて絶好調が続いている。金沢八景「黒川丸」では、イシモチとの二枚看板で「ショートLTアジ」船を出している。10月からは、毎日乗合船を出船。
湾奥のLTで狙うアジは手軽なターゲットだが、侮るなかれ! 豊富なエサに恵まれて育った魚体は幅広でまん丸。想像どおりのうまさにファンも多い。さらに、この時期はうまさが増しているというから嬉しい。
「全体が黄金に輝いて、尾まで黄色い幅広で、それも20〜25㎝くらいが抜群にうまいです」とは貝塚英明船長。
船長のおすすめアジ料理は、刺身、タタキ、塩焼きなど新鮮な素材を活かしたもの。そして、必ず試してほしいというアジフライは、身がフワフワで口の中で上品な脂が広がり、とても美味だった。
今回お世話になった「黒川丸」は、お客様思いのサービス満点な船宿で、電車釣行やビギナーにもおすすめ。この秋、ビギナーやファミリーフィッシングにも最適なLTアジをぜひ楽しんでいただきたい。

以上の記事は「つり丸」2012年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
飯岡沖のテンヤマダイが、まずまずの好調を継続。今回の取材は飯岡港「梅花丸」で12月に敢行。釣り方が合った釣り人は連発もあり、トップはキロ弱までのサイズを8枚釣り上げた。
富岡沖のカレイ釣りは、根周りカレイ釣り。つまり、カレイ五目釣りだ。富岡沖周辺は、1月2月はナメタガレイが本命。ポイントは近年手付かずのところばかり。思わぬゲスト、大釣り、大ナメタも期待!
駿河湾・沼津沖は、西から回遊してくるタチウオの大きな群れがたまり、一人100本釣りなんてことも過去に珍しくない。夜が苦手な人には、湾内の大アジ釣りがオススメ。沼津沖はこの冬にはかかせない釣り場だ。
寒さはいよいよ本格化して厳寒期に突入する。そんな状況ながらサイズがいいのが現在の特徴だ。上がってくるフグはいずれも30㎝オーバーばかり。鹿島沖のショウサイフグは水温10度切るぐらいまで釣れ続く。
鹿島沖のヒラメが絶好調!数はもちろん、大判の「座布団ヒラメ」も出現中!釣行日前半は、毎回の流しのたびに船中で連発ヒラメフィーバー。トップは7枚まで一気に数を伸ばし、平均5枚の爆釣ぶり。
最新記事
飯岡沖のテンヤマダイが、まずまずの好調を継続。今回の取材は飯岡港「梅花丸」で12月に敢行。釣り方が合った釣り人は連発もあり、トップはキロ弱までのサイズを8枚釣り上げた。
ファスナーの動きをよくするメンテナンススプレー「ファスナーするするスプレー」
全国的に人気のラバージグを使ったタイラバゲーム。ここでは希少な外房のタイラバ船、御宿岩和田港「長栄丸」でのタイラバゲームを紹介。エキサイティングな季節が到来する岩和田沖の釣り。ぜひ挑戦してほしい。
冬の相模湾、ホウボウゲームが面白い!エサ釣りと同船して楽しむのが相模湾スタイルだが、ここではテクニカルなライトジギングの基本タックル、ヒットジグ、テクニックなどを紹介する!
鹿島沖のワラサが好調だ。しかも今期のワラサは丸々と太っている個体が多く、腹周りの身は真っ白で、大変美味。巻きさえ合えば、ビギナーでも連続ヒットあり!鹿島沖のワラサは群れも多いので、今後も期待だ!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読