MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
美味しい東京湾のアジをライトタックルで釣ろう!【東京湾】

美味しい東京湾のアジをライトタックルで釣ろう!【東京湾】

食欲の秋、スポーツの秋、そしてなんと言っても沖釣りの秋! 今回はグルメの舌をも納得させる東京湾のマアジ取材となった。いざ、釣行だっ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

LTアジはビギナーやファミリーフィッシングにも最適

LTアジのポイントは、比較的近いのでビギナーにもおすすめ。

ライトタックルだと釣趣抜群!

LTアジでは20〜25㎝がアベレージ。このサイズが猛烈に旨い!

釣りキッズもこのとおり!

7対3調子の竿が扱いやすい。

ポイントの水深は20m台。

貝塚船長おすすめのエサ付け。

船長オススメのエサ付けでこのとおり。

釣れたアジは血抜きをして、大事に持ち帰る人もいる。

根周りではカサゴがよくまじる。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「黒川丸」。

東京湾のLT(ライトタックル)アジが好シーズンを迎えて絶好調が続いている。金沢八景「黒川丸」では、イシモチとの二枚看板で「ショートLTアジ」船を出している。10月からは、毎日乗合船を出船。
湾奥のLTで狙うアジは手軽なターゲットだが、侮るなかれ! 豊富なエサに恵まれて育った魚体は幅広でまん丸。想像どおりのうまさにファンも多い。さらに、この時期はうまさが増しているというから嬉しい。
「全体が黄金に輝いて、尾まで黄色い幅広で、それも20〜25㎝くらいが抜群にうまいです」とは貝塚英明船長。
船長のおすすめアジ料理は、刺身、タタキ、塩焼きなど新鮮な素材を活かしたもの。そして、必ず試してほしいというアジフライは、身がフワフワで口の中で上品な脂が広がり、とても美味だった。
今回お世話になった「黒川丸」は、お客様思いのサービス満点な船宿で、電車釣行やビギナーにもおすすめ。この秋、ビギナーやファミリーフィッシングにも最適なLTアジをぜひ楽しんでいただきたい。

以上の記事は「つり丸」2012年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
最新記事
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル