MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【外房・大原沖】秋のテンヤマダイ!浅場で大型&ゲスト多彩!

【外房・大原沖】秋のテンヤマダイ!浅場で大型&ゲスト多彩!

テンヤマダイが盛んな茨城、外房エリアは、いよいよ秋の好シーズンに突入。この時期は浅場で多彩なゲストがまじり、突然の大型のヒットもあるので侮れない。さあ、秋のテンヤマダイに出かけよう!

浅場でゲスト多彩! 大型のやり取りはスリリング!

大ダイのほか 青物もアタる

大原沖は周年テンヤマダイが楽しめるエリア。
これから秋はマダイのほか
多彩なゲストがまじって楽しめる好シーズンだ。

今年は夏場から大型マダイがポツポツと
取り込まれているほか、
大型マダイと思われるバラシもある。

この時期のポイントは、水深20〜30mという浅場が主体。
中小型マダイが多いなか、
突然大型マダイがアタるというパターンが多い。

「小型ばかりだ…」と気を抜いていると、
痛い目に遭うので油断は禁物だ。

また、この時期はゲストも多彩。
マハタ、カサゴ、メバルといった根魚のほか、
これからの時期は青物のヒットも多くなるだろう。
ヒラマサ、イナダ、ワラサ、カンパチなどもまじる。

大型マダイのほか青物のヒットもあるので、
タックルやラインシステムは万全にして臨みたい。

リールはドラグ性能がいい 小型スピニングリールを使用

竿はひとつテンヤ専用竿。
10号または12号のテンヤに対応した専用竿がオススメ。
長さは2.1〜2.7mぐらいが扱いやすい。

リールは小型スピニング。
とにかくドラグ性能がいいものを選ぶこと。

大型マダイや青物が掛かったときはドラグを駆使する。
スムーズにラインが出ていかないと
ラインブレイクしてしまうからだ。

道糸はPEラインの1号以下が望ましい。
道糸は細ければ細いほど、
潮や風の影響を受けにくく、
アタリやテンヤの着底がわかりやすくなる。

テンヤは重さ、形状 カラーなど豊富に!

道糸の先にリーダー(ハリス)を結ぶ。
リーダーはフロロカーボンの2〜3号。
根掛かりしたときにテンヤをロストするだけでなく、
ラインシステムごと切れるのが嫌だという理由で
2号をセレクトする人もいる。

結びに自信がない人は3号を選んで、
確実に掛けた魚を取り込もう。

リーダーの長さは2〜5m。
リーダーと道糸の結びはFGノット、
PRノットなどで直結する。
船上で結ぶ場合はノーネームノットが結びやすい。

テンヤは2〜12号ぐらいまでを用意しておけば、
大体の状況に対応できるだろう。

また、材質や形状やカラーも
バリエーション豊富に用意しておくといいだろう。

タングステン製は鉛と同じ重さでも、
シルエットが小さくなるので潮が速いときは
影響を受けにくくなる。
またカブラの形状をしたものも潮の影響を受けにくい。

カラーによっても食いが変わることがある。
マダイを連発している人がいれば、
その人が使用しているテンヤのカラーを
真似てみるのもいいだろう。

今回取材した大原港「富久丸」では、
冷凍エビをエサに使用している。
エサ付けは、上のイラストで示したとおり。

基本は1匹付け。
頭部と尾部を固定するように孫バリを刺すと、
頭部が取れにくくなる。

またエビが小さいときは、2匹付けにするのもアリだ。
孫バリと親バリに1匹ずつ付ける。

「富久丸」のようにシマノ「探見丸」を使用できる船では
「探見丸」があると便利。

水深や反応がわかるので、ぜひ用意しよう。

大原港「富久丸」では冷凍エビをエサに使用する

エサ付けは孫バリでエビの頭部と尾部を固定するように刺すと、頭部が取れにくい

底付近を狙って 上のタナも探ろう

基本的な釣り方を示したのが上のイラストだ。

まずはテンヤを着底させる。
着底の前後はとてもアタりやすいタイミング。
着底前にもアタるので、
ラインの変化には注意しておくこと。

急にラインがフケたり、急に引きまれたときは、
アタっている可能性大。
そんなときは迷わずアワせること。

テンヤの落下中に糸フケを出しすぎると、
これらの変化がわかりにくくなるので注意しよう。

テンヤが海底に着いたら、
すぐに糸フケを取り、50㎝〜1m巻き上げる。
その位置でアタリを待つが、
時々、竿をシャクリ上げてテンヤを動かすのも有効だ。

底付近でアタリがない場合は、
上のタナを探ってみよう。

さらに50㎝〜1m巻き上げてアタリを待つ。
それでもアタリがなければ、
再度50㎝〜1m巻き上げる。

このように50㎝〜1m巻き上げるを繰り返して、
上の方のタナを探ってみよう。
水深や状況にもよるが、
海底から5〜10mぐらい上までを探ってみよう。

潮が速かったり、
風が強いときは船がどんどん流されていく。
そんなときは、じっとアタリを待っているだけで、
テンヤが浮き上がってしまう。

このような状況では、
テンヤが浮き上がることを利用してタナを探ろう。

テンヤが着底したら、
そのまま待つだけでテンヤが浮き上がる。
数秒待ってから、
浮き上がったテンヤを落下させて着底させる。
これを繰り返して探っていく。
糸がある程度出たら仕掛けを回収して再投入しよう。

そして重要なのがアワセだ。
マダイの口周りは頑丈な歯があって硬い。

アワせなかったり、アワセが弱いと、
ハリ掛かりしなかったり、
やり取りの最中にハリが外れてしまうこともしばしば。
微妙なアタリでも「おかしいな!?」と思ったら、
しっかりとアワせるようにしよう。

小さなアタリが大ダイだったということも珍しくない。
ハリ掛かりしないアタリが何度かあったときは、
そのまま釣り続けるのはよくない。
エサが齧られたり、取られているので、
新しいエサに替えよう。

とくに、これからの時期は
ゲストやエサ取りのアタリが多いときもしばしば。
手返しよく仕掛けを入れ替えることも大事だ。

タイラバやジグ ワームなども!

テンヤでアタらないときは、
タイラバを試してみるのもおもしろい。

「富久丸」ではタイラバやジグで狙うのもOKだ。
テンヤとタイラバの2刀流でチャレンジする人も多い。

タイラバの竿は専用竿のほか、
ライト用ロッドやゲームロッドなども流用できる。
これに小型両軸リールを組み合わせる。

道糸はPEラインの1号以下。
リーダーはフロロカーボンの2〜3号。
タイラバもテンヤと同じくバリエーション豊富に用意しよう。

釣り方はいたって簡単。
基本の釣り方を示したのが、上のイラストだ。
タイラバを着底させてから、
水深の1/3〜1/2ぐらいまで巻き上げる。
アタらなければ、再度着底させて巻き上げる。
これを繰り返していく。

アタったらそのまま巻き上げ続けると
ハリ掛かりする。ここでアワせると、
スッポ抜けることが多いので注意しよう。

その日によってアタりやすい巻き上げスピード、
ハリ掛かりしやすい巻き上げスピードがあるので、
いろいろ試すようにしたい。

タイラバのほかには、
タイジグやワームなどで狙うのもアリだ。
テンヤでアタリが少ないときは、
これらにヒットが集中することもある。

道具を用意できるなら、ぜひ持参しよう。

台風一過の外房でひとつテンヤに初挑戦 中小型マダイとヒラマサヒットで大満足

大原港は遊漁船の数も多く、外房エリアでも屈指の港だ。

かつてはビシマ糸を使った手釣りで
マダイを狙っていたが、今はひとつテンヤがブレイク中。

タイラバ、コマセマダイに続き、
初のひとつテンヤに挑戦するため「富久丸」へお邪魔した。

午前船、午後船と2便態勢で出船しているため、
通しで取材すると、もはや釣りのトライアスロン状態だ!

午前は水温低下で 小型マダイがポツポツ

台風一過の8月17日、
アクアラインで横風を受けつつ、
何とか4時に大原港「富久丸」の船着き場に到着。

女将さんに挨拶し、
念のため滝口健太・若船長にドラグを調整してもらう。
今から考えればこれが大正解だった。

エサのエビと氷も配られ、
4時30分に出船。釣り座は右舷胴の間だ。

「30分ほど走ります」と、滝口義和・大船長。
予想以上に風が冷たく、モヤが深い。
長袖を1枚持ってくればよかった…。

と、足元にトビウオ!まだ薄暗いため、
船の灯りに飛び込んできたようだ。

5時頃に太東沖へ到着。水深は20m程度。
見るとパラシュートアンカーを下ろし、
船のエンジンを停める。
潮に乗せて流すためだというが、
初めて見る光景は興味深い。

左舷トモで最初のアタリ。
上がったのはマハタ。続いて右舷トモでもマハタ。

筆者も8号のテンヤを投入すると300gの小型マダイ。
左舷トモの方は2本目のマハタを追加。1.5㎏級か?

しかし、水温が低い。台風前は20度以上あったが、
今は18度。連日、南風が当たり続けたのが原因。

少し移動すると、
今度はガンゾウビラメやショウサイフグなどが
姿を見せ始めるが、マダイは400gが1枚。
なかには大船長も初めて見るというオハグロベラも。

アタリは結構あるが、
気づかない間にエサだけ取られることも多い。
根掛かりすると、
PEとハリスの結び目から切れることもあるが、
若船長がていねいに結んでくれる。
フグの処理も大丈夫だ。

途中で15m台の浅場を狙うが、
調子が出ないまま11時を迎えて沖揚がり。

午後もチャレンジして ヒラマサ4kg級をゲット

これは午後船も取材続行。
前夜は2時間しか寝ていないが、
釣り場に戻るまで横になればいい!

午後船は大船長で出船。
大原の真沖は水温が午前より1度高い19度。
水深も25~30m前後を攻めている。

この判断が功を奏し、
13時を回った頃に700g、400g級と連続で
マダイが顔を出す。午前に続きマハタも。
右舷トモではウマヅラ、マハタとゲスト連発だ。

筆者は体力温存のため、誰かが釣るたびに起きて撮影、
と繰り返していたが、
テンヤを午前で4個、午後も1個根掛かりで失い、
途方に暮れかけたところを、
勝浦市の堤さんが丁寧に教えてくれた。

「ベールを返しただけの状態でテンヤを沈めると、
道糸が潮に流されて根掛かりする。
スプールを指に当てて竿で操作し、
テンヤが沈む分だけ道糸を出すこと。
そうすれば3号のテンヤでも底が取れる。
ビシマ釣りと同じだよ」という。

教わりながら試すと、
4号のテンヤで十分底ダチを確認できた。
磯釣りで道糸を送る感覚だ。

と、右舷で400g級のマダイが上がる。
筆者にもアタるが、小型カサゴなので放流。

堤さんもウマヅラに続いてマダイをキャッチ。
潮が動き始めたのか、
アタリが徐々に増え始めた。右舷トモでもマダイ。

筆者もテンヤが押さえ込まれると同時にズドン!
少し底を切ったと思ったら、一気に突っ走った!
「海人ひとつテンヤ240MH」が手元近くまで曲がり、
ドラグが鳴りっぱなし。
いつ切れるか気が気でないが、
下手にドラグに触ると一巻の終わりだ。

激しい突っ込みもかわし、
頭が手前を向いた時に巻くが、水面近くで再び走る。
浮いたのは4㎏級のヒラマサ!

胃袋はキビナゴでいっぱい。
この1本で自宅の川崎まで運転する元気が出た。

キロ級マダイのほか 多彩なゲストまじり!

その後もアタリ続け、右舷トモで400g級、
堤さんは1.2㎏級のきれいなマダイを取り込んだ。
今日はベタ底でアタるが、
油断しているとあっという間にエサがなくなる。

流し直した直後、右大ドモでメタルジグにアタリ!
固唾をのんで見守ると良型のマハタが浮上した。
ハタの口からは小魚も出てくる。

再び筆者にアタリ、
今度は1㎏級のマダイで納得のいくサイズ。
ハリはカンヌキにガッチリ食い込んでいた。

左舷トモではマハタやオキメバルもまじる。
「回収中にアタった」と、右舷でも竿が曲がる。
1㎏級のマダイだ。

船中ではヒラマサらしきアタリが再度訪れたが、
今度はハリス切れ、次はイナダ。

夢中になるうちに夕日が低くなってきた。
18時を回った頃、左舷側へテンヤが流され気味ながら、
何とか底を取ると、またもや食った!
これも1㎏級マダイ。

と、最後までアタリが続き、暗くなり始めた19時に帰港。
各自0~3枚のマダイの他、
マハタなどゲストもまじって満足できる釣果。

今回は通しで取材したため、
4時から19時まで15時間ちかい釣りになり、
もはやトライアスロンレベルだが、
それだけの価値があった。

マダイは刺身、塩焼き、アラ汁で味わったが、
脂の乗りも良く、身に甘さがある。

初挑戦のひとつテンヤマダイは、
素晴らしい釣果を得ることができた。

細いPEラインと繊細かつパワフルなテンヤ竿、
そしてドラグ性能の優れたスピニングリールがあって
初めて成立する釣りだ。タックルの確認は入念にしたい。
 
秋ダイシーズンは数釣りメインだが、
大物がまじる可能性が高い。

次の休日は広大な大原の海で、
マダイのアタリと引きを楽しもう。

突然大型ヒット!外房・大原沖テンヤマダイ釣行レポート

竿が叩かれるような引きはマダイだ!

大原沖のマダイは食べても美味

まずは本命の顔を見てひと安心

これから秋の大原沖はアタリ多く、ゲストも多く楽しめる。

秋はこのサイズが多いが、突然大型のヒットもある!

こちらは8月18日に開催された「いすみ市大原港真鯛釣り大会」での写真。
この魚は「富久丸」の船中1位

こちらも「真鯛釣り大会」での様子

ハナダイもまじる

取材者の白畑氏は4㎏級のヒラマサを手にした

カサゴ、メバル、マハタもまじる

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原「富久丸」

大原沖のひとつテンヤマダイが好調。
「富久丸」では、午前、午後の2便体制で出船している。

「最近だと数は釣れませんが、
出ると2〜3㎏級が多いです。
以前はフォールでアタッていましたが、
今はベタ底で食う感じです」と滝口健太・若船長は言う。

場所は航程30分程度の大原沖や太東沖。
水深は20〜30m台。
パラシュートアンカーを使って攻めるが、
根や海藻のある場所では根掛かりに注意。
ゲストはマハタなど高級魚。

タックルはひとつテンヤ専用竿に
ドラグ性能の優れたスピニングリール。

道糸はPE0.8号にハリスはフロロ2〜3号だが、
大ダイや青物が食うこともあり、
当日もハリス切れがあった。
ドラグ調整は万全にしておこう。

テンヤは3〜8号があれば安心。
回収時にアタることもあり、
最初の5回ほどはゆっくり巻くのも誘いになる。

エビの頭が取れたら交換しよう。
取材当日は台風の影響で水温低下のため午前船は苦戦。

午後船では早々にマダイが顔を出し、
1㎏前後を中心に沖揚がりまでアタリが続いた。

9月に入ると、水深20m台で例年数釣りが楽しめるが、
そのなかで4〜5㎏の大ダイがまじることもある。

そしてゲストの多彩。秋ダイの好シーズンは目前だ!

以上の記事は「つり丸」2019年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
駿河湾・由比港「神栄丸」の夜タチゲーム!ジギング&サーベルテンヤで次々とヒット!アベレージは指3本ながら、連続ヒットや2本バリ仕掛けダブルなど、絶好調!エサ釣りは、トップも2番手も40本以上!
イナダをメインとした相模湾LTジギング!タックルは、ジグマックス100g程度、長さ6フィート前後のロッドに、小型のスピニングリール!同船のエサ釣りは、サビキでウルメを釣って、そのまま置いておくだけでOK!
茨城県平潟港「第十五隆栄丸」で今期2度目のアカムツチャレンジ!「来たっ!」「こっちも食った!」船上は蜂の巣を突いた様な大騒ぎ。次々取り込まれるグラマーなルビーレッドに鈴木和次船長も笑顔を見せる。
伊豆諸島周辺は近年稀に見るカンパチ当たり年。群れが濃く、エサのムロアジの湧きもよい。釣れるカンパチのアベレージはなんと10kg前後で20kg前後も顔を出す!今秋、東海汽船利用で三宅島一泊釣行にぜひ。
中ダイ以上のマダイにこだわり、今年から釣り方をテンヤマダイからタイラバ釣法にチェンジした外房 川津港「とみ丸」の釣果がグングンアップ中!ドテラ流しを理解して大ダイ狙いにイザ出陣だ!
最新記事
「釣りフェスティバル2020 in YOKOHAMA」(主催:日本釣用品工業会)が2020年1月17日(金)~19日(日)の3日間、みなとみらい・パシフィコ横浜展示ホールで開催される。
松栄丸(布良)の釣果情報を掲載
格的な冬を前にした晩秋のコマセ釣りは、多彩な魚種がまじっておもしろい。11月中旬、片貝旧港「勇幸丸」のハナダイ五目釣りに。アタリダナと誘いパターンを探すのがカギでハマればダブル&トリプル連発だ!
究極の深海釣り。それがベニアコウだろう。釣り場の水深は1000m。ポイントまでは約1時間。イメージ的には相模湾の真ん中あたり。意外に近場で釣ることができる。今回の釣行ではラストに見事!紅い花が咲いた!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読