MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
テンヤ&タイラバ&タイジグ好釣!日立会瀬沖は大ダイチャンス!

テンヤ&タイラバ&タイジグ好釣!日立会瀬沖は大ダイチャンス!

常磐、日立会瀬沖は夏秋のマダイシーズンに突入。これからの時期は5㎏オーバーの大ダイチャンス!テンヤ、タイラバ、タイジグもOK!マゾイ、クロソイ、ホウボウ、オキメバル、イナダなど豪華ゲストも豊富だ。

夏秋の一発大ダイシーズンへ !好きな釣り方でOK! ゲストもめちゃ豊富だ!

今年は遅れ気味か ゲストは豊富な年

ポイントは近場主体だ

茨城、日立沖周辺のマダイは夏から秋にかけて
大ダイが連発するエリアとして人気を集めている。

いい年なら連日のように4~5㎏クラスが出ることもある。
今シーズンはどうだろうか?

「今年はまだあまり大きなマダイが網に入っていないね。
少し遅れている感じだよ」とは、
日立市街地からほど近い日立会瀬港「弁天丸」の阿部正美船長。

このエリアは
定置網やシラス網に入るマダイである程度状況がわかるが、
今シーズンは8月中旬の時点ではまだ多くないという。

「今のところマダイは1㎏前後主体だけど、
今の時期はまじりが豊富だよ。
その他の魚だけでも楽しめるぐらいだよ」

定番のハナダイ、良型ウスメバル、ホウボウ、ソイ、ヒラメ、
アイナメに加え、イナダ、ワラサ、サワラにヒラマサまで
かなりの魚たちが釣れてくる。

「今年は特に大型のアイナメとヒラメが多いですね。
アイナメが多いのは底潮が冷たいのかもしれませんが、
青物も結構まじります」

取材日は最近多いというアイナメ、ヒラメはまじらなかったが、
マダイ以外の魚たちでもみんな十分満足できる釣果となった。
それも一つの魅力といえよう。

「遅れてはいますが魚はいるので、
これから楽しみですね。
テンヤだけでなく、タイラバ、タイジグなど
何でも好きな釣り方で楽しんでください」

取材は、前半は小型のマダイと五目釣り。
ラスト1時間ほどは4.8㎏の大ダイはじめ
良型マダイのバラシや大型ゲストのアタリが活発だった。

チャンスはこれからだ。

釣り方は臨機応変に タイラバ、タイジグも

ひとつテンヤ

テンヤは8~10号程度がメインに、12号くらいまで用意したい。
エサは冷凍エビを使用

タックルはいわゆる普通の
ひとつテンヤマダイ用でいいだろう。

道糸は0.6~0.8号だが、
青物や大型も多いので0.8号がオススメ。

ハリスは2~3号を3~5mほど。
船宿ではドラグは1㎏設定をすすめているが
5㎏クラスの大ダイや大型青物が出ているようなときは、
少し強めに設定しておこう。

あまり緩いと
アワせてもフッキングせずバラシにつながる。
さらに水深が浅いのであまり走らせすぎると
キャッチ率が下がってしまう。

テンヤは水深が20~40mほどなので
8号程度があれば対応できるが、
潮が速く底がとりにくい場所もあるので、
10~12号あたりまで使うことも多い。

底ダチが取りにくい場所は少ないが、
うまくとれないときは、
ひとつ重い号数にチェンジして対応していこう。

使用するのはテンヤ、カブラどちらでもいいだろう。
固定式、遊動式どちらでもいいが、
大型狙いに特化する場合、固定式を好む人も多い。

テンヤはフォール中にユラユラと動きアピールでき、
カブラは抵抗が少ないので
素早く底まで沈めることができるという特徴はあるが、
今の時期は好みでいいだろう。

タイジグ

最近人気と実績が高いタイジグは40gメイン

「最近はタイジグをやるお客さんが増えてるよ。
結構マダイを釣ってますよ」
こう船長が言うように、
今、タックルボックスに忍ばせておきたいのがタイジグだ。

これはマダイ狙いに特化したメタルジグで、
40~60g前後のものを使用する。
これならテンヤタックルがそのまま使えるので
気分転換にチャンジしてもいいだろう。

このジグにエビエサを付けてもマダイが釣れるという。
タイジグ同様に使用できるキャスティング用のキャスラバも
威力を発揮することがある。

タイラバ

タイラバは60~80g程度
最大魚はタイラバにヒット

水深が浅いとなかなか威力を発揮できないが、
30mよりも深い場所ではタイラバの方が食うこともある。

取材日は前半は20m前後、後半は40m前後を狙ったが、
テンヤ、タイラバと使い分けていたお客さんが
タイラバで4.8㎏の大ダイをゲットした。

こちらはタイラバ用のロッドか、
7対3から6対4のLTゲームロッドでもいいだろう。

リールは小型両軸か小型電動で、
道糸は1~1.5号程度でいいだろう。

タイラバの重さは現在の場所では60gあればいいが、
80~90gクラスもあれば安心だ。

最近は多くのお客さんが2タックル持ってくるそう。
どちらかにアタリが集中することもあるし、
気分転換にもなるが、
もちろん「一本勝負」で続けるのもいい。
比較的自由度が高く楽しめる釣りだ。

エサは冷凍のエビ。
まだまだ気温が高く傷みやすいので
マメにクーラーにしまって使おう。

大ダイや大型青物も 意識して挑もう

ポイントは港から出たすぐ目の前から
高萩の手前あたりまでをメインに狙う。

船は、潮の流れや風によってパラシュートを入れる場合と、
入れずにそのまま流す場合とがある。

船長から投入の合図があったら、軽く前方に投げ入れる。
フォール中にもアタリが多く出るので、
仕掛けが落下しているときも、
ラインと竿先をしっかりと見ておこう。

マダイは上から落ちてくるエサを捕食することが多い。
上から大好物のエビが落ちてくれば
これに反応するのは当然のことだろう。

秋から冬の水温が低い時期のマダイは
ボトムに潜む甲殻類をおもなエサとするが、
現在はまだフォール中のエサへも活発にアタックしてくる。

その時の状況によって
フォール中でのアタリが多いときもあれば、
海底付近でじっとさせていたほうがいいときもあるので、
どちらで食うか見極めるよう。

魚が浮いていることが顕著な時は
タイジグやキャスラバで狙ってみるのも面白いだろう。

①フォール中のアタリが多い
フォール中のアタリが多い場合は、
魚が浮いていることが多い。
この場合は誘いを入れて食わせよう。

竿を下げた状態から目一杯まで竿を持ち上げると
だいたい3mぐらいの幅になる。
ゆっくりと持ち上げて、
そこから落とし込んでいくリフト&フォールの動作をしよう。
これでフォール中と同じような誘いが可能になる。
これが魚が浮いているときの誘いの基本動作になる

②底主体で食う
動いている仕掛けに反応がいいことがあれば、
逆に海底付近でじっとさせていたほうがいい場合もある。

こんなときはあまり動かさずにたまに底ダチを取り直し、
再び1mほど上げてアタリを待つ。
待ちの釣りになるが、
エサがじっとしていたほうが食うことも多い。

大ダイの場合、小さくアタリが出る場合もあれば、
仕掛けごと丸呑みしていきなりギューンと
引っ張られることもある。
静かに待つときも竿先に集中しよう。
その日の状況を見て、
誘い、誘わない釣りと使い分けよう。

③船の周辺に魚がいるのに船下に入ってこない
マダイは周辺にいるのに、
船の下に入ってきてくれないことがある。
マダイが船の陰を嫌うのか、
警戒して船下に魚が入ってこない。
こんなときはどうするか。

魚が船の周辺にいるのなら、
キャストして広く探ってやればいい。
遠投気味にキャストすれば
かなり広範囲を探ることが可能になる。

着水したテンヤは弧を描くように落下していくので、
広範囲にアピールしながら
同時にフォール中の誘いが可能になる。

これを繰り返して
マダイとの遭遇チャンスを広げていけば、アタリも増える。

いずれの場合もアタリがあったら大きなアワセを入れる。
テンヤのハリは大きく、軽くアワせただけだと、
口の中にハリが乗っているだけの状態になり、
巻き上げ中にバラすことも。

大型が掛かっていきなり走られたような場合でも、
止まったときに強めに持ち上げるようにアワセを入れておくと
しっかりとフッキングする。

今の時期は青物が多い。
仕掛けの回収中にいきなりアタることも多いので、
油断は禁物だ。

大ダイや青物の場合、
1㎏程度のドラグ設定だとまったく寄せることができないことも。

それでもマダイはまだ弱って寄ってくるが、
青物と確信した場合は、ドラグを締めて勝負する必要も出てくる。
あっちに回ってこっちに回ってを繰り返していては
他のお客さんにも迷惑がかかる。
自分でどうしていいかわからない時は船長の指示に従おう。

タイラバは巻き続け タイジグは即アワセ

タイラバは素早く海底に仕掛けを落としたら、
2秒前後で1回転ぐらいのゆっくりめのスピードで
海底から20mほどまで巻いてくるのが基本だが、
20mほどの浅場では水深の半分くらいを目安に。

リールによって巻取り長さが変わってくるし、
スピードは微調整しよう。

アタリは激しくアタックしてくることもあれば、
コンコンとつつくような小さいアタリのときもある。

いずれの場合も、
ビックリしてアワセを入れるのは厳禁。
アタってからもそのままのペースを乱さずに巻き続けて、
しっかりと食い込むのを待つ。

アタリがあってからさらに逃げていくエサを、
しっかりと食い込ませるイメージで
巻き続けることが重要だ。

フッキングしたら一定のペースで巻き上げる。
ポンピングはバラシの原因になるので、
竿を立て気味にして一定のペースで巻く。
強い引き込みはドラグや竿を下げてかわしてやろう。

タイジグは
キャストして基本はタダ巻きしてくるだけでOK。
こちらはアタリがあったら即アワセして
フッキングさせよう。

テンヤ、タイラバ、タイジグと
その時で食いに偏りが出ることも多い。

迷ったら、
周りを観察して釣れていそうな方を選ぶか、
自分の信じた道を進むべし!

いよいよ秋の好シーズン!!テンヤ、タイラバ、タイジグ釣行レポート

この日は水深20~40mほどを攻めた

ラスト近くは高活性でダブル、トリプルヒットも

「デカイよ!」。一進一退の攻防が

時合はラスト近くにやってきた。
キロオーバーがなかなか出ない中で、タイラバに来た4.8kg!そこからスイッチが入った

若船長の阿部竜也さんはキロ級を

食べ頃サイズも

ラストに常連さんに2kg近いサイズが。「タイジグが最近楽しいよ」

良型のマゾイはいい引きを見せてくれた

一時、マゾイやクロソイが連チャンした

イナワラサイズも

良型オキメバルも。
今年は大型のアイナメが特に多いそうだが、この日は出なかった

こちらはマトウダイ

良型のホウボウは数多くヒットした

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・日立会瀬港「弁天丸」

常磐、日立沖は夏~秋のマダイシーズンに突入した。

「これからの時期は
5㎏オーバーの大ダイのチャンスも大きいですが、
とにかくいろんな魚が釣れていますよ」と、
日立会瀬港「弁天丸」の阿部正美船長は言う。

本命マダイはもちろんのこと、
今年は特に大型のアイナメやヒラメがよくまじるという。

ともにこの日は姿を見せなかったが、
マゾイ、クロソイ、ホウボウ、オキメバル、
イナダなどは結構頻繁に顔を出していた。

そんな豪華ゲストを楽しみながら
突然大型のマダイも食っている。

「最近はテンヤ、タイラバだけでなく
タイジグで釣っている人が増えてきましたね。
好きな釣り方で楽しんでください」

この日は、
皆さん状況を見ながらそれぞれの釣り方をチェンジして、
タイラバでは4.8㎏の大ダイをゲット。

「今年はマダイの動きが遅い感じですが、
これからチャンスですよ」

日立沖は今だ!

以上の記事は「つり丸」2019年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
茨城県平潟港「第十五隆栄丸」で今期2度目のアカムツチャレンジ!「来たっ!」「こっちも食った!」船上は蜂の巣を突いた様な大騒ぎ。次々取り込まれるグラマーなルビーレッドに鈴木和次船長も笑顔を見せる。
伊豆諸島周辺は近年稀に見るカンパチ当たり年。群れが濃く、エサのムロアジの湧きもよい。釣れるカンパチのアベレージはなんと10kg前後で20kg前後も顔を出す!今秋、東海汽船利用で三宅島一泊釣行にぜひ。
中ダイ以上のマダイにこだわり、今年から釣り方をテンヤマダイからタイラバ釣法にチェンジした外房 川津港「とみ丸」の釣果がグングンアップ中!ドテラ流しを理解して大ダイ狙いにイザ出陣だ!
駿河湾 清水「大宝丸」の夜タチが港内で爆釣中!釣り方はスーパーライトジギング!エサ釣り同船もあり。長橋船長は今回、このポイントで2.8㎏のドラゴンを上げた!記録魚も狙える湾内ナイトゲームを満喫しよう。
平塚港「庄三郎丸」では、周年ライトウイリー五目で出船。現在はイナダが好調なため、ライトイナダ五目船としてイナダをメインに狙っている。丸々太ったイナダのほか1.5〜2㎏のカンパチも!バケ仕掛けが有利だ!
最新記事
細身ブランクの究極のゲームロッドシリーズ「リーディングスリルゲーム・Y」
東京湾でアオリイカシーズンイン!冬場はアオリ専門船になる鴨居港「きよし丸」。取材日のアオリイカは好調でトップ10杯を釣り上げた。船中釣果は35杯。これかららが盛期!アオリイカ独特の強烈な乗りを楽しもう。
多希志丸(腰越)の釣果情報を掲載
源平丸(洲崎)の釣果情報を掲載
ハヤブサ女性モニター「隼華(HAYAKA)」女性限定アマダイ船釣り体験 12月14日開催 参加者募集
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読