MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
千葉・外房ジギング!本命ヒラマサ 高確率&ゲストも豪華絢爛!

千葉・外房ジギング!本命ヒラマサ 高確率&ゲストも豪華絢爛!

ヒラマサ狙いで人気を集める千葉県外房沖。一般アングラーの足が遠のきがちなサマーシーズンも、時期ならではの魅力がある。夏から秋シーズンもジギング&キャスティングで狙うヒラマサを中心に、魚種多彩なゲストも楽しめる。

ヒラマサを狙って釣れる貴重なフィールド

朝一番は涼しいことも多いが、日が昇れば暑さが一気に訪れる。残暑も侮れない

ヒラマサ狙いで人気を集める千葉県外房沖。
ヒラマサを狙って釣ることができるフィールドは、
全国的にみても決して多いとはいえない。

そのなかで周年に渡って釣りが成立する
貴重な釣り場が外房沖なのだ。

「はっきりは分かりませんが、
例年、夏になると産卵に入る魚が多くなったり、
大きく夏の潮が入ってきたり、
またシラスみたいな小さなサイズの
ベイトフィッシュを捕食することが多くなったりで、
ヒラマサキャッチに苦戦することも多くなるのは確かですね」
とは大原港「松鶴丸」の中村真也船長。

しかし、外房フリークは休むことなく通い釣っている。
さらには夏ならではのもうひとつの魅力も存在する。
それは魚種が多彩になる、ということだ。

ヒラマサ、イナダ、サンパク、マダイ、マハタなどは定番として、
サゴシ、サワラ、スマ、ハガツオ、ショゴ(カンパチの幼魚)など、
黒潮系?とも呼べる面々がヒットしてくる確率がアップするのだ。

今回の同船取材では、
なんとかイナダ、サンパクをキャッチという、
かなり渋い状況だったが、取材日前後の出船では、
ヒラマサはもちろん、
前記の多彩な面々も続々とキャッチされていた。
これらのターゲットは9月に入っても十分に期待できるはずだ。

ヒラマサ狙いのマストはジギング用タックル

まず押さえておきたいのはジギング&キャスティングに対応できるスピニングタックルだ
リールは中型のスピニングを用意する。
シマノ製なら8000番、ダイワ製なら4500番が標準サイズ

ジグは120~200gまでを用意したい。ポイント次第では250gがあったほうがよいことも

多彩なターゲットがヒットしてくる、とはいえ、
やはり外房ではゲスト扱いであることは変わりない。

「やっていることは春と変わらないですよ」とは船長の弁。
まずはヒラマサ狙いの基本を抑えておく必要がある。
マストはジギング用タックルだ。

ロッドは6ftクラスで、
ちょっとしたアンダーハンドキャストでも使いやすい、
近海用ジギングロッドを選択する。
パワー的には120~200g程度までのジグを
快適に扱えるものがいいだろう。

リールは中型のスピニングを用意する。
シマノ製なら8000番、
ダイワ製なら4500番が標準サイズとなる。
リールへの負担が大きい釣りだけに、
快適性、耐久性の面からもなるべく上級機種を手にしたい。

ラインはメインラインがPE3号、
リーダーはフロロカーボンの12号が標準。

腕に自信がある方は
もう少しライトなものを使ってもよいが、
浅場の根周りでの釣りが多くなるヒラマサゲームでは、
ラインブレイクなどのリスクが
グッとアップすることを覚悟しておきたい。

ジグは120~200gまでを用意したい。
ヒラマサ狙いでは浅場を攻めることが多いが、
ドテラで流すのが基本なので、
やや重めのものが使いやすい。

状況次第、ポイント次第では
250gがあったほうがよいこともある。
釣行前に確認しておくとよい。
セミロングタイプの人気が高く、実績も大だ。

「夏場のヒラマサの釣果の多くはジギングです」と
船長が言うことからも、上記のジギングタックルは必携。

あとはキャスティングタックルを用意して楽しむほか、
この時期ならではのライトタックルを使用して
ゲスト狙いを楽しむのもいいだろう。

このパターンでのセオリーはとくにない。
ほかの乗船者に迷惑をかけない範囲で、
またラインブレイクに十分に配慮して楽しんでみるのも一興だろう。

ドテラ流しの船上での基本的な釣り方とは?

外房ではドテラ流しが基本だ。
流し変えるごとに風に対して
左右の舷を入れ替えていくことが多い。
風上側で釣るのか、風下側で釣るのか、
大きくは2つの対応を考えることが基本となる。

風下側ではポイントにジグが先に入っていくが、
ラインが弛んでしまうので、
思い通りのジグコントロールが難しい面がある。

基本的には自分の前方にキャスト、
少ない回数の底の取り直しを心掛け、手返しよく投入、
回収を繰り返していくよう注意する。
浅場で潮の流れが速い場合はワンキャストごとに
再投入するくらいの気持ちでもよい。
 
ただし、キャスティングがやりやすいのは風下側。
飛距離が伸びるし、アクションもジグほどは難しくない。

風上側で釣る場合には
常にジグを引っ張る形になることを意識しておきたい。
こちらの釣り座ではジグの浮き上がりすぎに注意が必要だ。

意図的に行うなら問題はないが、
何回も底を取り直していては
いつの間にか水面近くをジグが泳いでいる、
ということになりかねない。
潮の流れが速い場合は、早めの回収&再投入、
または重めのジグを使うことを心掛けるとよいだろう。

風上側、風下側、いずれの舷で釣る場合でも、
風の強さや潮の流れ方で臨機応変の対応が求められる。
ジグアクションの基本はワンピッチジャーク。

シンプルなアクションパターンのなかでも、
ジグがしっかり、魅惑的に動いているか?
に常に注意してシャクり続けたい。

よく釣る人は状況に応じて微調整をしている。
自分のパターンを確立できればおのずと釣果もついてくる、はずだ。

ジギングメインにキャスティングで 楽しめる外房青物ゲーム!釣行レポート

ライトタックルで遊んでみるのも面白い

夏から初夏にかけてはイナダ、サンパククラスが相手になることが多い

なんとかサンパクサイズ!?ライトタックルなら好敵手だ

最後はネットのアシストを仰ぐのが基本だ

Secondstageのテスター岡本さんがキャッチした27kg。
こんなサイズが飛び出すのも外房の魅力だ。
使用ジグは「Secondstage 栞120g」

ジギングでヒットした良型。トップゲームでも超大型が狙える

秋にはぐっとヒラマサの確率が高くなるぞ!

大本命、ヒラマサも続々キャッチ!

外房が好きだから、と周年通っているコアなアングラー。イナダでも楽しい!?

プラグにじゃれついてきたイナダ

なかなか厳しい状況の取材日だったが、
見事にサンパククラスをキャッチした常連さん

イカツイ風貌だが、意外に!?優しい助手の岡本明彦さんがサゴシをキャッチ!

苦戦を強いられたがなんとかキャッチ!この笑顔が楽しさを物語っている!

マダイもうれしいゲストだ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「松鶴丸」

外房沖、といえばヒラマサ。何をおいてもヒラマサ。
そんなイメージが強いかも知れない。

実際、通い込んでいるアングラーは
ヒラマサに魅了されている。

しかし、
一般アングラーの足が遠のきがちなサマーシーズンも、
時期ならではの魅力がある。

「夏でもやっていることは一緒ですよ。
ヒラマサを中心にジギング、
キャスティングで狙っていきます」とは、
大原港「松鶴丸」の中村真也船長。

たしかに根幹となる部分は変わらない。
しかし、黒潮の影響が増す時期だからこそ、という
ターゲットたちの確率がアップする点も魅力のひとつだ。

8月中旬の取材時は、一年中ヒラマサを追うコアなファンと、
何でもいろいろ釣って楽しみたい、というアングラーが集結。
暑さに負けることなく半日出船を楽しんだ。

取材日は大本命のヒラマサは不発。
魚種も多彩に展開とまではいかなかったが、
イナダやサンパク、サゴシなどを相手に楽しむことができた。

前後の状況ではヒラマサやマダイ、スマやハガツオ、
マハタなども顔を出していたので、
これは日並次第、と納得した。

9月以降は、日ごとに秋の気配が深まっていく時期。
カンパチやサゴシ、サワラなどの回遊魚もありだが、
ヒラマサヒットの確率もグッとアップしてくるはず。

初秋の外房沖を存分に堪能していただきたい。

以上の記事は「つり丸」2019年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾を舞台に展開されるボートからのクロダイ落とし込み釣り。その中で、周年を通して疑似餌を使った釣りを楽しませくれる船がある。新山下の「フネクロ」がおすすめしている「ジョイントキャンディー」を使った釣りが、それだ。
更新: 2019-09-16 07:00:00
ロングランで楽しめる、人気の高い東京湾のタチウオジギング。長浦港の「こなや」では、湾口部の大貫沖、富津沖、走水沖、観音崎沖、猿島周りといったメジャーポイントを中心に転戦中。F7=指7本という大型が連日のようにキャッチされている。
更新: 2019-09-02 22:48:49
福島の海が回復。さらに豊穣な海となって多くの釣り人たちを楽しませてくれている。釣れるのはヒラメ、マゾイ、クロソイ、メバル、アイナメ、マダイ、カレイ、青物etc。みなおいしい高級魚ばかり。半日も釣ればお土産は十分。
更新: 2019-08-16 08:41:48
東京湾でも一気に盛り上がってきている餌木タコ。取材した川崎「つり幸」では、釣り人のほとんどが竿釣りという日も。餌木タコ仕掛けは専用竿&餌木2個付け!ビギナーも大漁で竿独特の釣趣もバツグンだ!
更新: 2019-08-05 07:00:00
イナダやワラサ、ヒラマサ、サワラといった青物たちが回遊中の鹿島沖で青物ジギングが好調だ!1セットだけの持参であれば、大型に備えてPE3号を巻いたスピニングリールをセットしたタックルをオススメする。
更新: 2019-08-04 07:00:00
最新記事
日帰りの遠征大物&高級五目釣りの聖地・銭洲では、いま泳がせ釣りでカンパチが激アツだ。この時期のエサはチビムロと呼ばれる小型のムロアジ。秋の銭洲は大型にも期待が高まる。銭洲の泳がせ釣りはこれからが絶好機だ!
更新: 2019-09-17 08:07:47
アングラーズアイドル2020 第11代 アングラーズアイドルオーディション10月13日まで参加者募集中
更新: 2019-09-16 12:00:00
東京湾を舞台に展開されるボートからのクロダイ落とし込み釣り。その中で、周年を通して疑似餌を使った釣りを楽しませくれる船がある。新山下の「フネクロ」がおすすめしている「ジョイントキャンディー」を使った釣りが、それだ。
更新: 2019-09-16 07:00:00
「第18回 カワハギ釣り大会 上州屋&TORAY Cup」(主催:上州屋)が10月6日(日)に神奈川県横須賀市久比里で開催される。
更新: 2019-09-15 12:00:00
部分解禁している片貝沖のヒラメが好スタートを切っている。2、3㎏の良型まじりで、アタリも多い。9月の部分解禁で釣り場拡大、10月には全面解禁で今以上に期待が高まる!今後がますます楽しみだ!
更新: 2019-09-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読