MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
好調キープで最盛期へ!東京湾タチウオは大型&引きも抜群!

好調キープで最盛期へ!東京湾タチウオは大型&引きも抜群!

東京湾タチウオが、好調キープ。富津沖〜第二海堡沖〜観音崎沖がメインで、110㎝をこえる大型まじり。トップ釣果が40本以上を記録する日が何日も!9月以降はトップシーズン!さらなる好釣果が期待できる。

夏場から大型まじりで トップ40本以上の日も

今年の東京湾のタチウオは、夏場から好調続き。
とくに観音崎沖周辺の水深60m前後では、
大型まじりで好調に釣れている。

富津港「浜新丸」では
6月中旬からタチウオ船をスタートしているが、
8月に入ると釣果が上向いた。

富津沖〜第二海堡沖〜観音崎沖など、
状況によって広範囲を狙っている。

いい日には、
トップの釣果が40本以上を記録する日が何回かあった。

そして今シーズンは大型が目立っている。
船中で数本まじるくらいだが、
110㎝をこえる大型が何本も取り込まれている。

取材当日は横須賀沖で大型がアタった。
後半の数時間だけで指4〜5本幅の大型が6本まじった。

9月以降はまさにトップシーズン。
まだまだ大型まじりで、好釣果が期待できるだろう。

先調子竿に 小型電動リール

8月中旬の取材当日は横須賀沖にタチウオ狙いの大船団ができた!

今回の「浜新丸」の取材では
60号のオモリを使用した(タナが浅いときは40号を使用)。

そのため、60号のオモリに対応した7対3調子のロッドが
扱いやすいだろう。

これより軟らかい竿は、アタリがわかりづらく、
仕掛けの動きも鈍くなるのでビギナーにはオススメではない。

リールは小型電動か手巻きの小型両軸。
横須賀沖のように水深60mをオモリ60号で狙う時は、
小型電動がオススメ。

用意できるひとは、深ダナ用に電動タックル、
浅ダナ用に手巻きタックルを持ち込むといいだろう。

道糸はPEラインの2号。200m以上巻いておこう。

当日は水深60m前後を狙った
リールは小型電動がオススメ

仕掛けはシンプルな 1本バリがオススメ

「浜新丸」の取材では60号のオモリを使用した。
使用オモリが変わることあるので、釣行前には必ず確認すること

前述したように「浜新丸」の取材当日は、
60号のオモリを使用した。

タナが浅いときは40号を使用する。
使用オモリが変わることもあるので、
釣行前には必ず電話で確認しよう。

オモリを装着した中小型の片テンビンを道糸につなぎ、
その先に仕掛けを結ぶ。
仕掛けはハリス8号。
大型がまじるので、これより細くしない方がいいだろう。

「ハリスを細くしても、食いはかわらない」とは
「浜新丸」の浜名博一船長。
ハリスの長さは2m前後。
あまり長くするとエサの動きが悪くなるので注意しよう。

船中で自分だけアタリが遠いと思ったら、
誘い方もそうだが、仕掛けの長さをチェックしてみよう。
長すぎた仕掛けを短くするだけで、
アタるようになることも珍しくない。

ハリはタチウオ用の2/0〜3/0。
ケン付きタイプが、エサがズレないのでオススメ。

チモト周りのアクセサリー類は不要。
付けるならチューブを2㎝ぐらいまでと短くする。
これらのアクセサリーはエサの動きを邪魔したり、
ハリ掛かりに影響することもあるからだ。

「浜新丸」で用意してくれる付けエサはコノシロ。
コノシロはサバよりも身や皮が柔らかいので、
食い込みがよく、フッキングさせやすい。
逆にエサを取られやすいので、
ハリ掛かりしないアタリがあったら、
マメにエサを付け替えるようにすることが大事だ。

エサ付けは下のイラストで示したように縫い刺しにする。
この釣りでエサ付けはとくに重要。

うまく付けられないと、誘ったときにエサがズレたり、
不自然に動くなどしてアタリが遠くなることも珍しくない。
しっかりと付け方を覚えて、
とにかくていねいに刺すことが大事だ。

「浜新丸」ではコノシロを付けエサに使う

アタリからアワセまでの かけひきを楽しもう!

取材当日は「底から10mぐらいまで」
という指示が浜名船長から出た。

この場合、オモリを着底させる。
そして海底から10mぐらい上までを
誘いながら探っていく。

10mぐらい上まで誘い探ってもアタリがなければ、
再度オモリを着底させる。
そして海底から10m上までを誘い探るのを繰り返す。

誘いはいろいろな方法があるが、
竿をシャクりながら上へ上へと誘い上げていく。

ショートピッチで誘う場合は、
竿先をチョンチョン動かしながら、
リールのハンドルを1/4〜1/2回転させながら
仕掛けを巻き上げていく。

もう少し大きな幅で誘うなら、
50㎝〜1mぐらいのシャープなシャクリの後
ポーズをとり(止めて)、竿先を下げながら
リールを巻いて再度50㎝〜1mのシャクリと
ポーズを繰り返して誘うパターンなどが代表的。

その日によってアタリが出やすい
誘い幅やスピードがあるので、
アタリやすいパターンを探そう。

中層に反応があるときは、
「40〜55m」というような指示が出る。
この場合は、オモリを海面下55mまで下に落とす。
そして海面下40mまで誘い探ってくる。
40mまで探ってもアタリがなければ、
再度、55mまでオモリを落とす。
そして40mまで探るのを繰り返す。

中層反応があるときは、
海底までオモリを落とさないこと。
指示ダナより仕掛けを下げると、
タチウオの反応が下がってしまうこともあるのだ。

これはビギナーによくあることだが、
水深が深くてなかなか着底しないこともあるので
注意しよう。

アタリがあったら、そのまま誘い続けていく。
活性が高いときは誘い続けていくとハリ掛かりして、
タチウオが暴れ出して引き出すこともある。

そこまで活性が高くないときは、
アタってから誘い続けていくと
途中で強いアタリが出るので、
そこでしっかりとアワせる。

活性が低いときは、
誘い続けてもなかなか強いアタリが出ないときもある。
そんなハリ掛かりが悪い日は、
アタったらそれまでよりもスローに誘ったり、
小刻みに誘うなど工夫をしてみよう。

アタってからの誘うスピードや誘い方によって、
強いアタリが出やすくなったり、
食い込みやすくなったりする。

アタリがあってからアワせるまでのプロセスが難しいが、
このカケヒキがタチウオ釣りの楽しい部分でもあるのだ。

釣りを続けていくと、
アタリが出るタナが決まってくることもある。
その場合は
アタリが出るタナの前後を集中的に誘い探ってみよう。
誘う範囲が狭くなって、効率よく釣れる。

ただし、同じ状況がいつまでも長時間続くことは少ない。
アタリダナでアタらなくなったら、
再度指示ダナの範囲を探ってみよう。

第二海堡沖〜観音崎沖周辺 好調タチウオ釣行レポート

タチウオの引き味も抜群

抜き上げて取り込もう!

幅広の良型ゲット!

こちらも良型

女性アングラーも良型を手にした

好調な今なら、ビギナーやファミリー、デートフィッシングにもオススメ

嬉しい大型! 当日は、後半にこのサイズがアタりだした!

指4〜5本幅の大型がまじる!

これは当日最大の113cm!

タチウオ釣りは楽しいですね!

常連さんは着実に食わせていった

アジもヒット!

お土産バッチリ!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富津「浜新丸」

東年京湾のタチウオは夏場から好調が続いている。

夏から釣れている場所は
第二海堡沖〜観音崎沖周辺と広範囲。

中小型主体にアタるなか、
船中で数本だがメーターを超える
幅広の大型タチウオがまじっている。

取材は8月中旬、富津港「浜新丸」で敢行。
前半は第二海堡と観音崎の中間付近を狙ったが、
開始からコンスタントにヒット。

後半は横須賀沖にできた大船団に合流すると、
こちらでは大型がポツポツとまじり、
最大は113㎝だった。
竿頭の釣果は42本と好釣果に恵まれた。

取材時は水深60m前後を60号のオモリで釣りをした。
しかし、
取材後は富津沖の浅場でも釣果が記録されており、
40号のオモリで狙っている。

このように、そのときに釣れる水深やタナによって、
使用するオモリの号数が変わってくる。

釣行前には必ず使用オモリを船宿に確認しよう!

以上の記事は「つり丸」2019年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
手軽で簡単に釣れ、そして食べても美味しいイシモチが、今季も東京湾で絶好調!金沢八景の「小柴丸」では出船の度にトップ40~50匹と高値安定の釣果で、今季もいかんなく優等生振りを発揮している。
東京湾で好調なスタート!大人気ターゲットのカワハギはエサをかすめ取るエサ取り名人。そんなカワハギのタックル、仕掛け、エサ付け、釣り方を紹介!釣り方をマスターして、良型を釣りに行きましょう!!
上越沖の秋ダイがアツい!近年は冬場もよく釣れ、周年マダイ釣りを楽しめる。現在は中ダイ数釣りモードだが、6㎏大ダイも浮上している。今期はまじりで5kgオーバーのヒラマサや7kgのブリもキャッチされている!
御宿沖でイサキ釣りが爆釣で開幕!御宿沖のイサキといえば御宿岩和田港の「義丸」。解禁後初出船日は、7人中6人が定数50匹の釣れっぷり!今季もイサキはストレス発散の数釣りが楽しめそうだ。
内房・富浦沖のタイ五目が絶好調!水深35mほどの浅場で多彩な魚を狙う五目釣りで、マダイ、ハナダイ、イナダ、大アジと美味しい魚ばかり釣れ上がる。LTタックルでも十分楽しめるのでおすすめだ。
最新記事
細身ブランクの究極のゲームロッドシリーズ「リーディングスリルゲーム・Y」
東京湾でアオリイカシーズンイン!冬場はアオリ専門船になる鴨居港「きよし丸」。取材日のアオリイカは好調でトップ10杯を釣り上げた。船中釣果は35杯。これかららが盛期!アオリイカ独特の強烈な乗りを楽しもう。
多希志丸(腰越)の釣果情報を掲載
源平丸(洲崎)の釣果情報を掲載
ハヤブサ女性モニター「隼華(HAYAKA)」女性限定アマダイ船釣り体験 12月14日開催 参加者募集
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読