MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
寺泊沖のマダイ、秋の数釣りシーズン開幕!【新潟・寺泊沖】

寺泊沖のマダイ、秋の数釣りシーズン開幕!【新潟・寺泊沖】

平日も人気の寺泊沖の秋ダイ釣り。これからハイシーズンを迎える。半日便で船中50枚オーバーの日もザラだという。さぁ、今回はどんな釣果を残すのか。大きな期待を胸に釣り船に乗り込んだ。

取材当日も朝一番から1時間足らずで8枚のマダイが上がった!

当日、午前船の最大は2.2kgのマダイ。落合さんがあげた。

これが初秋のアベレージサイズ。しかし、油断大敵。ドカンといきなり大物が来るぞ。

1㎏オーバーのマダイがあがった。

マダイはかなり浮くことも。

福田さんがファイト中! 秋のマダイは元気がいい。

日本海ではめずらしい「オキアジ」がいっとき入れ食いに。かなり美味だという。

イナダもうれしいゲストだ。

寺泊の秋のマダイの数釣りは、例年10月から11月いっぱいまで続き、半日便で船中50枚オーバーの日もザラとなる。
1㎏前後のマダイがアベレージサイズだが、5㎏オーバーの大ダイもまじるので細ハリスは厳禁だ。ドラグの調整も欠かせない。
午前は朝一番に、午後は夕マズメにマダイの時合が来る。この時間に集中して釣る。
取材当日も朝一番から1時間足らずで8枚のマダイが上がった。2本バリ仕掛けを使用している釣り人は上バリにアタリが集中。
マダイの浮きがよいようなので指示ダナで仕掛けのなじみを待った後、ゆっくりと4m巻き上げ、船の上下で糸が出て行くようにドラグの設定をゆるゆるにして落とし込むと指示ダナの50㎝上でヒットしたという。
秋のマダイは底を狙うのが定説ではあるが、マダイが浮いてくる日は指示ダナ上からの誘いも有効だ。

以上の記事は「つり丸」2012年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連するキーワード
関連記事
南房太海沖のFサビキによるクロムツ釣りが好調だ!ムツは40cmオーバーの大型主体に数釣りも!後半スルメはダブル・トリプルも…今後上昇に期待!!
外房 飯岡沖でマダイが確変フィーバー中!飯岡港「梅花丸」取材当日も水深27m前後の漁礁周りで大ダイ、中ダイが連発!記録更新を狙うなら今がチャンスだ!
伝統釣法!外房・川津沖のカモシ釣りは秋のヒラマサ高確率シーズン到来!10kgオーバーの大型も狙え、ワラサやマダイもまじる!
東京湾 剣崎沖でカワハギが秋最盛期目前!最強の戦略!エサをルアーのように動かす「横の釣り」をがまかつテスター・鶴岡克則さんが解説!
大型まじりで釣果上向き傾向!!東京湾のアマダイが絶好釣!神奈川・久比里「山天丸釣船店」で当日最大は46㎝!50㎝超もポツポツまじっている!
最新記事
南房太海沖のFサビキによるクロムツ釣りが好調だ!ムツは40cmオーバーの大型主体に数釣りも!後半スルメはダブル・トリプルも…今後上昇に期待!!
外房 飯岡沖でマダイが確変フィーバー中!飯岡港「梅花丸」取材当日も水深27m前後の漁礁周りで大ダイ、中ダイが連発!記録更新を狙うなら今がチャンスだ!
金澤美穂さん!千葉県大原港の「長福丸」さんで、人気急上昇中のSLJを初体験!タダ巻だけでも魚種多彩に釣れるうえ、タックルもライトなので、ビギナーにも超オススメです!
伝統釣法!外房・川津沖のカモシ釣りは秋のヒラマサ高確率シーズン到来!10kgオーバーの大型も狙え、ワラサやマダイもまじる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読