MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
圧巻の数釣り!イサキ五目!南伊豆・外浦沖はカワハギも絶好調!

圧巻の数釣り!イサキ五目!南伊豆・外浦沖はカワハギも絶好調!

南伊豆周辺では周年を通して良型イサキが数釣れる。この時期吹き荒れる西風に対してめっぽう強いポイントが外浦沖〜河津沖だ。一人30〜50匹釣果は当たり前。ゲストにはマダイもまじり、カワハギ釣りも楽しめる。

ブランドジャンボイサキ 河津桜の開花とともにトップシーズン突入 基本釣法で数釣りを目指そう!!

西の強風下でも驚異的な出船率を誇る外浦沖

外浦沖の高台からの眺望。強風下でも波がないのがわかる。海からも山からも景色は抜群

南伊豆周辺では周年を通して良型イサキが数釣れる。

そのなかでも、この時期吹き荒れる西風に対してめっぽう強いポイントが外浦沖〜河津沖だ。

大型船の避難エリアになっているほど、西の強風は波が立たない。

この冬の救世主的なポイントといっても過言ではないこの海域のみを周年ホームグラウンドにしている船宿がある。

外浦港「嘉福丸」がそれだ。

年明けの大荒れの天候のなかでもダントツの出船率を記録しているのが、その証拠だ。

コマセ釣りのイサキ釣りをメインとし、外浦沖の旬の魚を狙う、というのがこの船宿。

昨年から神子元島周りでワラサがフィーバーしていたが、ほぼ同じタイミングで白浜沖でもワラサが釣れていた。

1月半ばは西風強風に見舞われることが多かったため、神子元島周りへはいけず、この白浜沖でワラサを釣る船が多かったこともあり、季節外れのワラサがフィーバー。

もちろん、「嘉福丸」もこの祭りを牽引している。

しかし、いつまで回遊しているかが分からないのが青物の性。

「嘉福丸」でオススメするのは、やはりイサキ釣りだ。

なぜなら、これからの時期、河津桜が咲くころがトップシーズンのジャンボイサキが釣れるからだ。

美味ジャンボイサキの 数釣りを狙え

このジャンボサイズがターゲット。河津沖のブランドイサキだ

外浦沖、とくに河津沖のイサキは良型がメイン。

居付きの魚だと考えられている。

このイサキは味がよく、ブランドになっているほど。

さらに、専門に狙うほど数釣れるので、50匹超えの釣果はザラだ。

「イサキは昔ほど人気がなくなってきたように思えるけど、うちのお客さんはこのイサキが好きで通ってもらっています。周年釣れる魚ですが、2月以降の河津沖のジャンボイサキはとくにオススメです。ぜひ、釣って召し上がってください。おいしいですから」とは、糸賀健吾船長の弁。

つねに釣れるわけではなく、もちろん、潮の流れ方により釣れ方が異なる。

大型イサキになるほどシビアになり、釣るのは難しくなる。

ここはテクニックでカバーすることになる。

イサキの基本タックル とは!

釣り方は、コマセがオキアミなのでコマセマダイ釣りの延長と考えてよい。

ゆえにタックルはマダイ用が流用できる。

近年では、ビシ80号に対応する7対3調子のLT用やショートロッドを使う人も多い。

仕掛けは、3本バリでハリス3〜4号6mが基本。

食い渋り時などに8mに伸ばすこともある。

市販のイサキ仕掛けで十分であり、手前マツリも多いので多めに仕掛けを持参することをすすめる。

市販のものには、ウイリーやスキンを巻いたものがあるが、冬〜春はエサ取り魚も少ないので基本は空バリ仕掛けと覚えておこう。

エサはオキアミで1匹掛けで十分。

大ツブより中〜小ツブのものをハリに付けよう。

コマセのなかからひろってよい。

指示ダナよりハリスの 長さ分下ろし、誘い上げる

イサキの基本釣法は、コマセマダイとほぼ同様だが、異なることは、反応直撃攻めの場合が多いので、コマセのふり出し中、もしくは、ふり出し直後にアタリが出ることが多いこと。

ゆえに、コマセのふり出しは、誘い動作ととらえるのが正解。

具体的には、指示ダナよりハリスの長さ分、ビシをおろし、1m前後の間隔で指示ダナまで数回に分けてコマセを振り出す。

この動作中にアタリがあれば、ベスト。ヒットしない場合は、指示ダナでアタリを待つことになる。

ヒットしたらすぐに回収のための巻き上げはしないで、デッドスローでリールを巻こう。

最低でも5mほどこの動作を行うことで追い食いさせることが可能だ。

誘いは落とし込みはタブー。
イサキは誘い上げが基本だ。

船中に取り込んだ後、魚を外すときは、ハリ外し器を使うと便利だ。

ブランドジャンボイサキ&カワハギ外浦沖~河津沖釣行レポート

ポイントは外浦沖〜河津沖。ジャンボイサキは河津沖がメイン。ここは大型船の避難海域でもある

イサキはポイントに入れば入れ食いになる誘いは上方向に!

津桜の開花時にトップシーズンを迎える河津沖のジャンボイサキ。まさにいまが旬だ

身厚の個体がそろう。大変美味と評判

3点掛けもザラ

高活性時は取り込みもスムーズに!数を釣るには手返し勝負だ

ここでは3点掛けもカンタン

見事なボディのイサキに感動

ワラサが回遊していた

大型カワハギの宝庫が ここにある!

カワハギはリクエストで出船中

今季のカワハギは遅れ気味。まだまだ楽しめる

白浜沖もジャンボカワハギの一級ポイント

良型一荷もよくあるという

肝パンの激うまカワハギだ

群れ固まると宙釣りでもよく釣れるという

温泉民宿が船宿! 泊まりがけの のんびり釣行がオススメ

船宿は温泉民宿「ちどり」。夕飯は地物海鮮料理が楽しめる

宿の目の前は有名な外浦海水浴場

これが下船後の日替わりランチだ。なんとも贅沢である

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・下田外浦港「嘉福丸」

西高東低の冬型の気圧配置のため、この時期の西風はさけられない。

そんななかでも高確率で出船でき、しかも、これからハイシーズンを迎える釣り物がある。

それは、南伊豆・外浦「嘉福丸」のイサキだ。

ここ外浦沖周辺は大型船の避難エリアになっているほど、西風に対しては波がたたない。

ゆえに、高確率で出船可能なのだ。

なんといってもここのイサキは食べておいしい。

しかも、みな良型ばかり。

専門に狙えば、一人30〜50匹釣果は当たり前。

ゲストにはマダイもまじり、五目釣りで半日めいっぱい楽しめる。

例年、河津桜が咲くころが大型イサキのシーズンなのでまさにこれからなのである。

リクエストをすれば、カワハギ釣りも可能。

魅力はなんといっても、サイズがいいこと。

今季はシーズンが遅れているので肝パンが期待できる。

泊まりがけで釣行できればベスト。

併営する温泉民宿「ちどり」では、地物料理を満喫できるほか、温泉に入ってのんびりすることもできる。

釣りパックを利用すればさらにリーズナブル。

釣りと温泉と民宿、身も心も癒すこの3点セットで早春の伊豆の休日を120%楽しもう。

以上の記事は「つり丸」2017年2月15日号の掲載記事です。

関連記事
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
冬の定番メニューとなった犬吠埼沖水深200m台で釣るアカムツ釣り。潮の流れが緩んで深場のアカムツ宝庫が本領発揮中!冬の貴重なシケの合間の凪ぎ日を利用して激うま魚ゲットしよう!
最新記事
東京湾・第二海堡沖テンヤ&タイラバがバリ食い絶好調!厳冬期の今も4~5㎏オーバーといった大型が連発!お祭り状態に!大型にはタイラバ有利!水温上がればさらにスゴイことに!これが東京湾の底ヂカラだ!
外房の青物狙いでは、基本的には風上の舷でジギング、風下の舷でプラグキャスティングとなる。今回は、外房・青物ゲームのタックル、効果的なジグ&プラグ、釣り方など攻略法を紹介!
日立久慈沖のテンヤマダイが絶好調!「大さん弘漁丸」ではトップ10枚以上の釣果が続き、平均サイズは0.5〜0.8㎏。良型は2〜3㎏級も!この時期のマダイは脂が乗って美味。日立沖で爆釣体験を味わってみよう。
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読