MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋の風物詩、飴色のハゼ釣りで松島を満喫!【宮城・松島湾】

秋の風物詩、飴色のハゼ釣りで松島を満喫!【宮城・松島湾】

日本三景の島々を眺めながらのハゼ釣りは格別の釣り味。湧きは良く、盛期に向けて期待十分な状況だ。この秋、風流で情緒溢れる釣りを、まったりと楽しんでみるのもいいんじゃないでしょうか。

perm_media 《画像ギャラリー》秋の風物詩、飴色のハゼ釣りで松島を満喫!【宮城・松島湾】の画像をチェック! navigate_next

奥の2〜4mで開始から活発な食いを見せ、10〜20㎝のハゼがバケツの底を埋めた

これは塩釜神社の御神馬が放され、余生を送ったといわれる馬放島。

数珠っこ釣りや江戸前の夜アナゴ釣りのように二本を重ねて片手に持った。

だれにでも手軽によく釣れるハゼ。型もなかなか。

12号のハリで大型狙いに絞る戸島さん。

20㎝クラスの一荷釣りを達成。

袖、ハゼ針8〜10号のサイズが標準。赤トンボは使いやすく、松島湾ハゼ釣りに根強い人気のテンビンだ。

エサ取り魚はクロダイの幼魚チンチン。やさしくリリースした。

外洋はウネリが大きく出れないなか、湾内でこれだけ釣れれば大満足。

松島湾のハゼ釣りは地元で秋の風物詩といわれるほどに親しまれている。
正月の仙台雑煮は焼き干しのハゼで出汁を取る伝統があり、これには焼いて干して20㎝というサイズが良く、こんな大型ハゼは二年魚といわれる。これを育む良い環境が備わり、なんだハゼかぁ、と侮れないのが松島のハゼ釣りなのだ。
彼岸を過ぎてようやく秋めいてきた。
台風の接近で外海はシケでも松島湾内は穏やか、このタイミングに松島のハゼ釣りに行ってみた。
湾奥の2〜4mで開始から活発な食いを見せ、10〜20㎝のハゼがバケツの底を埋めた。松島ハゼとしては、まだまだ小ぶりだが湧きは良く、盛期に向けて十分に期待できそうだ。
島に浜菊が咲き始めると大型の好機に入り、手軽に飴色の松島ハゼが釣れる。今年も秋ハゼを楽しみましょう!

以上の記事は「つり丸」2012年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連するキーワード
関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
ビッグシーバスに対応するミディアムパワー設計のトレブルフック「トレブルRBジャイアントベイトSP」
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル