MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋の風物詩、飴色のハゼ釣りで松島を満喫!【宮城・松島湾】

秋の風物詩、飴色のハゼ釣りで松島を満喫!【宮城・松島湾】

日本三景の島々を眺めながらのハゼ釣りは格別の釣り味。湧きは良く、盛期に向けて期待十分な状況だ。この秋、風流で情緒溢れる釣りを、まったりと楽しんでみるのもいいんじゃないでしょうか。

奥の2〜4mで開始から活発な食いを見せ、10〜20㎝のハゼがバケツの底を埋めた

これは塩釜神社の御神馬が放され、余生を送ったといわれる馬放島。

数珠っこ釣りや江戸前の夜アナゴ釣りのように二本を重ねて片手に持った。

だれにでも手軽によく釣れるハゼ。型もなかなか。

12号のハリで大型狙いに絞る戸島さん。

20㎝クラスの一荷釣りを達成。

袖、ハゼ針8〜10号のサイズが標準。赤トンボは使いやすく、松島湾ハゼ釣りに根強い人気のテンビンだ。

エサ取り魚はクロダイの幼魚チンチン。やさしくリリースした。

外洋はウネリが大きく出れないなか、湾内でこれだけ釣れれば大満足。

松島湾のハゼ釣りは地元で秋の風物詩といわれるほどに親しまれている。
正月の仙台雑煮は焼き干しのハゼで出汁を取る伝統があり、これには焼いて干して20㎝というサイズが良く、こんな大型ハゼは二年魚といわれる。これを育む良い環境が備わり、なんだハゼかぁ、と侮れないのが松島のハゼ釣りなのだ。
彼岸を過ぎてようやく秋めいてきた。
台風の接近で外海はシケでも松島湾内は穏やか、このタイミングに松島のハゼ釣りに行ってみた。
湾奥の2〜4mで開始から活発な食いを見せ、10〜20㎝のハゼがバケツの底を埋めた。松島ハゼとしては、まだまだ小ぶりだが湧きは良く、盛期に向けて十分に期待できそうだ。
島に浜菊が咲き始めると大型の好機に入り、手軽に飴色の松島ハゼが釣れる。今年も秋ハゼを楽しみましょう!

以上の記事は「つり丸」2012年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連するキーワード
関連記事
この春、相模湾東部はスルメとヤリの両狙い!どちらのイカがよく乗るかは釣ってみないとわからない!スルメは束釣りを記録することも!!仕掛けはスルメイカ用とヤリイカ用の両方を持参しよう。
南房のジャンボイサキが解禁から沸騰中!西川名港から出船「竜一丸」では半日で規定の50匹に達することも!ビギナーや希望者には、出船前に船長自ら釣り方をレクチャー!ベテランも満足のこの釣りをぜひ!
東海エリア超一級マダイ乗っ込みポイントが今期も開幕!大場所オモリを含めた広範囲を攻める!仕掛けは10mまたは15mを使い分けよう!
東京湾・湾フグの老舗船宿「野毛屋」では、高級魚トラフグ+浅場で手軽にショウサイフグという、かなりゼイタクな釣りを展開中!このチャンスにぜひ両狙いを楽しんでみてはいかがだろう。
金沢沖は根魚の宝庫!美味魚を釣らせてくれる金沢港「北龍丸」は、定番のオキメバルをサビキで狙い~仕掛けを替えて、カサゴをメインに根魚狙い。最後にサビキで浅場のクロメバル!みなクーラー満タンだ。
最新記事
春の定番釣り物として定着したホウボウのジギングゲーム。テクニカルで超おもしろい!誘い方やジグによって、大きく釣果に差が出てしまうからだ。ただシャクるだけではダメ!ベイトや活性に合わせて攻略しよう!
この春、相模湾東部はスルメとヤリの両狙い!どちらのイカがよく乗るかは釣ってみないとわからない!スルメは束釣りを記録することも!!仕掛けはスルメイカ用とヤリイカ用の両方を持参しよう。
高性能でありながらコストパフォーマンスが高いPEライン 「UVFソルティガデュラセンサー8+Si2」
南房のジャンボイサキが解禁から沸騰中!西川名港から出船「竜一丸」では半日で規定の50匹に達することも!ビギナーや希望者には、出船前に船長自ら釣り方をレクチャー!ベテランも満足のこの釣りをぜひ!
東海エリア超一級マダイ乗っ込みポイントが今期も開幕!大場所オモリを含めた広範囲を攻める!仕掛けは10mまたは15mを使い分けよう!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読