MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋の風物詩、飴色のハゼ釣りで松島を満喫!【宮城・松島湾】

秋の風物詩、飴色のハゼ釣りで松島を満喫!【宮城・松島湾】

日本三景の島々を眺めながらのハゼ釣りは格別の釣り味。湧きは良く、盛期に向けて期待十分な状況だ。この秋、風流で情緒溢れる釣りを、まったりと楽しんでみるのもいいんじゃないでしょうか。

奥の2〜4mで開始から活発な食いを見せ、10〜20㎝のハゼがバケツの底を埋めた

これは塩釜神社の御神馬が放され、余生を送ったといわれる馬放島。

数珠っこ釣りや江戸前の夜アナゴ釣りのように二本を重ねて片手に持った。

だれにでも手軽によく釣れるハゼ。型もなかなか。

12号のハリで大型狙いに絞る戸島さん。

20㎝クラスの一荷釣りを達成。

袖、ハゼ針8〜10号のサイズが標準。赤トンボは使いやすく、松島湾ハゼ釣りに根強い人気のテンビンだ。

エサ取り魚はクロダイの幼魚チンチン。やさしくリリースした。

外洋はウネリが大きく出れないなか、湾内でこれだけ釣れれば大満足。

松島湾のハゼ釣りは地元で秋の風物詩といわれるほどに親しまれている。
正月の仙台雑煮は焼き干しのハゼで出汁を取る伝統があり、これには焼いて干して20㎝というサイズが良く、こんな大型ハゼは二年魚といわれる。これを育む良い環境が備わり、なんだハゼかぁ、と侮れないのが松島のハゼ釣りなのだ。
彼岸を過ぎてようやく秋めいてきた。
台風の接近で外海はシケでも松島湾内は穏やか、このタイミングに松島のハゼ釣りに行ってみた。
湾奥の2〜4mで開始から活発な食いを見せ、10〜20㎝のハゼがバケツの底を埋めた。松島ハゼとしては、まだまだ小ぶりだが湧きは良く、盛期に向けて十分に期待できそうだ。
島に浜菊が咲き始めると大型の好機に入り、手軽に飴色の松島ハゼが釣れる。今年も秋ハゼを楽しみましょう!

以上の記事は「つり丸」2012年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連するキーワード
関連記事
相模湾のターゲットを手軽にいろいろ釣って楽しむ!茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」LT五目!入門しやすく、ズバリ釣れる!シャクリとポーズをいろいろ試して五目釣りを満喫しよう!
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
最新記事
相模湾のターゲットを手軽にいろいろ釣って楽しむ!茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」LT五目!入門しやすく、ズバリ釣れる!シャクリとポーズをいろいろ試して五目釣りを満喫しよう!
鹿島沖のテンヤマゴチは、今一押しのターゲット。ガツンと強烈なアタリで40〜50㎝級が多く、60㎝級もまじる!暑さに負けず、照りゴチを満喫してほしい。
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読