MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋の風物詩、飴色のハゼ釣りで松島を満喫!【宮城・松島湾】

秋の風物詩、飴色のハゼ釣りで松島を満喫!【宮城・松島湾】

日本三景の島々を眺めながらのハゼ釣りは格別の釣り味。湧きは良く、盛期に向けて期待十分な状況だ。この秋、風流で情緒溢れる釣りを、まったりと楽しんでみるのもいいんじゃないでしょうか。

奥の2〜4mで開始から活発な食いを見せ、10〜20㎝のハゼがバケツの底を埋めた

これは塩釜神社の御神馬が放され、余生を送ったといわれる馬放島。

数珠っこ釣りや江戸前の夜アナゴ釣りのように二本を重ねて片手に持った。

だれにでも手軽によく釣れるハゼ。型もなかなか。

12号のハリで大型狙いに絞る戸島さん。

20㎝クラスの一荷釣りを達成。

袖、ハゼ針8〜10号のサイズが標準。赤トンボは使いやすく、松島湾ハゼ釣りに根強い人気のテンビンだ。

エサ取り魚はクロダイの幼魚チンチン。やさしくリリースした。

外洋はウネリが大きく出れないなか、湾内でこれだけ釣れれば大満足。

松島湾のハゼ釣りは地元で秋の風物詩といわれるほどに親しまれている。
正月の仙台雑煮は焼き干しのハゼで出汁を取る伝統があり、これには焼いて干して20㎝というサイズが良く、こんな大型ハゼは二年魚といわれる。これを育む良い環境が備わり、なんだハゼかぁ、と侮れないのが松島のハゼ釣りなのだ。
彼岸を過ぎてようやく秋めいてきた。
台風の接近で外海はシケでも松島湾内は穏やか、このタイミングに松島のハゼ釣りに行ってみた。
湾奥の2〜4mで開始から活発な食いを見せ、10〜20㎝のハゼがバケツの底を埋めた。松島ハゼとしては、まだまだ小ぶりだが湧きは良く、盛期に向けて十分に期待できそうだ。
島に浜菊が咲き始めると大型の好機に入り、手軽に飴色の松島ハゼが釣れる。今年も秋ハゼを楽しみましょう!

以上の記事は「つり丸」2012年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連するキーワード
関連記事
周年通してブランドアジを楽しませてくれる走水港「政信丸」。走水沖では連日のように50匹オーバーの釣果を更新。釣ってよし、食べてよしが、走水沖のアジ釣りの魅力。誰でも手軽に楽しめる人気ターゲットだ。
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
今期も駿河湾の絶好調の夜タチウオ。静浦沖でもドラゴンまじりで釣れている!研究熱心な船長は、大型率が高いタチウオテンヤでの釣りを推奨。釣趣バツグンのテンヤ釣りを存分に楽しみに行きましょう!!
駿河湾・石花海のヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入する。釣れるヤリイカはみな肉厚で全体的に丸みを帯び、味も濃厚。連日、後半には乗り乗りタイムに突入するので、前半不調でも、後半に期待大だ。
最新記事
周年通してブランドアジを楽しませてくれる走水港「政信丸」。走水沖では連日のように50匹オーバーの釣果を更新。釣ってよし、食べてよしが、走水沖のアジ釣りの魅力。誰でも手軽に楽しめる人気ターゲットだ。
大栄丸(小湊港)の釣果情報を掲載
現在、波崎沖の青物は小型のヒラマサがよくヒットしているが、今後はワラサがおもしろくなる。ワラサは例年では年明け以降も続く。ベイトとスピニングを使い分け、エキサイティングなジギングを楽しもう!
東京湾のタイラバゲームが活況だ。取材日は湾口一帯の水深40~50mの各ポイントが主戦場!トップは11枚。最大は3.3㎏。近年の基本タックル&ヒットタイラバを紹介!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読