MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【洲崎沖&沖ノ瀬】良型オニカサゴ迎撃!暴れるオニを攻略!!

【洲崎沖&沖ノ瀬】良型オニカサゴ迎撃!暴れるオニを攻略!!

まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!

積極的に泳いでエサを追わないオニカサゴ!いかに鼻っ面にエサを漂わせるかがキモ!

底ダチ取りを頻繁に行って仕留めよう!!

周年狙えるが 旨いのは今

かじかんだ手を温めるハンドウオーマー付きの大型船でゆったり釣りが楽しめる「忠彦丸」。生駒剛船長がオニの棲み処に案内してくれるぞ

早春とは言っても、ぶっちゃけ寒さもキビシイのが今の時期。

まだまだ水温も低く、多くの釣り物が苦戦を強いられる。

そんな時こそ狙いたくなるのがオニカサゴだ。

周年狙える魚で、低水温期でもそれほど食いが落ちない。

さらにこの時期は、うま味が増して食味もアップ。

鍋ネタにも最適で、とりわけ『オニしゃぶ』は絶品。

一度食べたら病みつきになること間違いなしで、しめの雑炊まで進めば、心身ともにポッカポカになること間違いなしなのだ。

ところが、このオニカサゴ。
スーパーはもちろん、魚市場でもほとんど出回らない高級魚のため、食したければ釣って食べるしか道がない。

まさに釣り人のみ味わえる特権!ってことで、今回はこの魚の釣り方を徹底解説。

金沢八景「忠彦丸」生駒剛船長の言葉を借りながら進行しようと思う。

「ウチが狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬の2ヶ所で、潮具合やその時の釣果を見て、行き来している感じですね」と、まずは現在、攻めている場所を説明。

攻める水深は170~210m前後とやや深めだが、実は、これにはワケがあった。

「170m以浅でも釣れるんですが、小ぶりが目立ってね。どうせ狙うなら釣趣も楽しい1.5㎏クラスの良型をと思って、アチコチ探ってる状態です」。

ちなみに探るポイントは、砂泥底の傾斜地からツブ根周り。

起伏のキビシイ根やすり鉢状になっているかけ上がりなど多岐に渡っている。

最近は風が強く、出船率こそ悪いが、出られれば、ほぼパーフェクトの釣果。

多い人は4~5匹を釣り上げている状況だと言う。

「オニカサゴは、エサを追って動き回る魚ではなく、待ち伏せして捕食するタイプだからね。いかにエサを奴らの鼻っ面に持っていくかがゲームのカギを握るよね」と釣り方の重要ファクターを教えてくれた船長。

以下、オニを仕留めるためのタックル、そして誘い、さらに取り込みへと進んでいこう。

手持ちゆえ軽量タックルを!特エサありも基本はシンプルに

オニ退治に使うロッドは、全長2m前後の中深場用か、オモリ150号まで背負える7対3から8対2調子で、元部から胴部に掛けて
しっかりしたものがオススメと船長。

リールはPE3~4号を300m巻いた中小型電動。

頻繁に底ダチを取り直すので、クラッチのオン、オフが片手で簡単にできるタイプが理想的だと言う。

「船宿のホームページでは、道糸PE2号で100号オモリのライト仕様まで紹介してありますが、できれば今話したPE3~4号を使用して欲しいですね。水深が深く、2枚潮、3枚潮になることも多いのでオマツリします。2号は細いぶん、どうしても切れてしまうリスクがありますから…」と剛船長。

基本的には1日中、手持ちで誘う釣りなので、なるべく軽量のロッド&リールを用意しよう。

仕掛けは市販のオニカサゴ仕掛けで構わない。

ちなみに長さは2m前後。
2本~3本バリ仕様で、詳細は仕掛け図のとおりだ。

オニカサゴは悪食で、なんでも食うことから〝エサフェチ(特エサにこだわる釣り人)〟に走るマニアも多い。

カツオの腹身、アナゴやサンマ、イワシにイイダコなどを持参する方がいるが、それはそれで構わないと船長。

「それも楽しみ方ですし、釣れるならね。ただウチは、きちんと結果がでているサバとコノシロのタンザクを用意しているので、
安心して乗船してください」と話す。

また、エサのアピール度を強化するハリ周りのデコレーションをいろいろ用意する人もいるが、こちらもそれらを付けないと釣れないと言うワケではないので、お好みでと語る。

「エサもそうですが、あまりゴチャゴチャ付けるとオマツリの元になりますからね。あと水中ライトを付けるのだけは止めてください。確実にオマツリしますから」とのこと。

仕掛けは市販のオニ用でいい。オモリは道糸PE3号で120号・4号で150号を使用。

エサはサバとコノシロのタンザクを宿が用意。チョン掛けして使おう

タナの切り返しをマメに行う だけでも誘いの効果がある!

前述したとおり、オニカサゴはエサを求めて活発に動き回らない。

従って、釣るには、こちら側からエサを鼻っ面へ持っていき、そこでアピール。

いかにも美味しそうな演出で誘い、食らい付かせなければいけないのだ。

「オニカサゴは海底の岩の隙間などにいると言われ、落ちてくるエサを見ているからね。まずタナを上げ過ぎないことが最重要課題になるよね」と船長。

通常は仕掛けの長さの半分が基本のタナになるそうで、「忠彦丸」の仕掛けの長さは2m前後だから、底から1mほど切った位置がタナになるのだ。

「2mある仕掛けが潮に乗って斜めに漂い、底に潜むオニカサゴの鼻っ面にエサがちょうど届くってこと」。

まずはここをキープするよう、マメに底ダチをチェックして、タナを切り返す。

海底はフラットではなくアップダウンしている。

ましてオニが潜むポイントは起伏が激しいので、これをせっせと行うだけでも十分、仕掛けが動きアピールできるってワケだ。

ソフトな聞き上げ&スローな落とし込みが有効

積極的に誘いを入れることもヒット率を上げるポイントなので紹介しておこう。

理想的な誘いは、前項のイラストのようにスローな誘い上げから、一度止めを入れて付けエサを潮に馴染ませ、

誘い上げたスピードより遅い速度でジワジワと落とし込む。これが、基本パターン。

ちなみに、船長が今日は潮が速いとアナウンスするような時は、底から50㎝を基本ダナに、同様の誘いを行う。

またウネリがキツイ時は置き竿で海底ギリギリにタナをセット。

波高を利用して誘いを行えば、同様の効果が得られるとのこと。

なお取材当日は、この1mのタナをしっかりキープし、まれに誘いを試していたビギナーの女性が3匹を釣り上げるなど絶好調だった。

「今期は例年以上に釣れています。鍋にベストマッチのオニカサゴをぜひ釣りに来てください」と船長。

タナ1mからの誘いを実行し、絶品のオニカサゴを存分にいただきましょう!!

良型主体のオニ退治!洲崎沖&沖ノ瀬オニカサゴ釣れっぷりレポート

威風堂々!こんなサイズが待っている!!

良型のオニカサゴを迎撃!!

「根掛かりもあるので、仕掛けは多目に持参することがオススメ」と常連さん

近藤先生は、7:3調子のロッド「リーディング サソイ HH180」とアルミJOGを搭載した電動リール「シーボーグLTD300J」のコンビでオニを迎撃した

「アタリがあってもなかなか食い込まない時は、すこし道糸を送り、完全にエサを食わせてから竿を立ててアワセを入れるといいです」とアドバイスをくれた

海面まで暴れるオニを締めあげる!!

オニは水圧変化に強く、巻き上げ途中に何度も暴れ、水深50mを切るとそれが顕著となる。

ロッドだけでなく全身を使って魚をいなし、一定のスピードで巻き上げよう

取り込みは、船長、もしくは周りの人にお願いして、タモを使い、頭から掬って確実にキャッチしてもらおう!

夫婦でオニ退治に来て、ふたりとも成功!ちなみに彼女は初チャレンジで3匹を仕留めた

鍋にベストマッチ!

絶品のオニカサゴ

この日はこちらも高級魚のアラが顔を出した

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢漁港「忠彦丸」

暦のうえでは春とはいえ、まだまだ寒い日も多い。

真冬並みの気温の日もある。
となると芯から温まる旨い鍋を食べたくなるのが釣り人の性…。

今回は、そんな太公望たちに朗報だ。

金沢漁港「忠彦丸」では、鍋にもってこいの高級魚・オニカサゴをコンスタントに、しかも写真のような良型が揃うエリアへ案内してくれるのだ。

「ここんとこシケ続きで出船回数が減ってるけど、出られればトップ4〜5匹で、オデコもほぼナシだからね。今期は例年以上に好調と言えるんじゃないかと思うよ」とは、この釣りに詳しい生駒剛船長の言葉だ。

現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬の2ヶ所。

潮具合やその時の釣れっぷりを見て、行き来している。

攻める水深は170〜210m前後とやや深めで、デカオニが潜んでいるだろう起伏のある場所を中心に攻めている。

「この釣りは、底付近に潜むオニの鼻っ面にエサをいかに持っていくかが肝心。マメな底ダチ取りが、いい誘いになるので、それを意識して挑んでください」とのことだ。

ちなみに、当日はこのアドバイスを忠実に守った初挑戦の女性が3匹をキャッチ。

その重要さを物語った。

寒くなるほどに美味しくなるオニカサゴ。

スーパーには出回らないこの魚の鍋を食べるには、釣るしかない。さっそく、出掛けよう!!

以上の記事は「つり丸」2017年3月1日号の掲載記事です。

関連記事
茨城・波崎沖の「中深場五目」。この日は、メバル各種、小型メヌケやマダラなどでスタートも、中盤から急きょ食いが活発になり2㎏クラスのメヌケが連発。予想をはるかに上回る釣果となった。
春からの釣り物として定着した東京湾のマゴチ!金沢八景の「一之瀬丸」では2月中旬から乗合をスタート!トップ20本とか、最大は67㎝とか、いきなり最盛期並みの好釣果を連発している!
良型シマアジ&イサキをメインにマダイ、カンパチ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく宇佐美南沖の遠征五目釣りが開幕!コマセ釣りで朝イチのシマアジ~イサキ場でお土産確保~高級五目~再度シマアジを狙う!
東京湾LTアジが絶好調だ!軽いタックル&近場のポイントで手軽に狙えるのが人気!今ならアタリが多いので、沖釣りの醍醐味を体感するには、まさに最適!さらに、アジは食べても美味しいのも魅力だ。
東京湾の湾フグの人気船宿、金沢八景「野毛屋」は高級魚トラフグ狙いの釣り人で賑わっている。そんな「野毛屋」でフグ乗合を担当し湾フグのカリスマ船長に船上のマナー“加熱式たばこ”について聞いた。
最新記事
携行に大変便利なコンパクトライト「ネック&キャップ&ヘッドライト(UVライト付き)」
東京湾ではタイラバゲームが絶好調!ずっと水深40〜50mで釣れ続けている。今後は乗っ込み大型も期待!タイラバ専門船、羽田「TAKEMARU」のタイラバゲームを紹介する。
茨城・波崎沖の「中深場五目」。この日は、メバル各種、小型メヌケやマダラなどでスタートも、中盤から急きょ食いが活発になり2㎏クラスのメヌケが連発。予想をはるかに上回る釣果となった。
春からの釣り物として定着した東京湾のマゴチ!金沢八景の「一之瀬丸」では2月中旬から乗合をスタート!トップ20本とか、最大は67㎝とか、いきなり最盛期並みの好釣果を連発している!
良型シマアジ&イサキをメインにマダイ、カンパチ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく宇佐美南沖の遠征五目釣りが開幕!コマセ釣りで朝イチのシマアジ~イサキ場でお土産確保~高級五目~再度シマアジを狙う!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読