MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
旬の釣りアジで究極のアジフライを作る! 其の四【東京湾・長浦沖】

旬の釣りアジで究極のアジフライを作る! 其の四【東京湾・長浦沖】

ビシアジ釣りで30cmオーバーのアジが釣れるのはごくごく普通のことと言っていいだろう。しかし、これが水深10mで釣れると言ったらどうだろうか?ちょっとすごいことだ。それも丸々と太って、ひと目見て「うまいのはわかっている」と誰もが納得するプロポーション。こんなアジが今、東京湾アクアラインの内側で釣れている。

こんなところでこんな大きいのが釣れるの?

この白いお腹周りに注目してみてください。うまそう…ゴクリ。

これ、どっちも30㎝オーバーです。こんなのが水深10mで釣れるのだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・長浦港「こなや」。

「この周辺に入ってくるアジは脂の乗りがスゴいんですよ。みなさん、こんなところでこんな大きいのが釣れるの? って驚いていますね」と、長浦「こなや」の小沢一滋船長は言う。
この水深をねらうのはもちろんライトタックルで、浅い水深と大型のアジと相まってとってもスリリング。ちょっとハマりそうなアジ釣りなのだ。
「毎週のようにきていますが、おもしろいですね。いつも同じような釣れ方をするワケじゃないし、アジのサイズも変わるんですよ。味も最高なんで、この釣りばかりやっていても飽きません」と常連の竹内さん。
このポイントは、アジの回遊を待つ釣りとなる。コマセを切らさないようにこまめにやってやれば、シアワセな時間がやってくるぞ!

釣り方はライトだけど魚はライトじゃない!

ライトタックルの利点は、アジのアタリがよく出ることもある。アジはエサを吸い込むようにして食い、このときハリ掛かりするが、アジが吸い込んでもキチンとハリ掛かりしないことがある。こんなとき、竿先にチョン! と小さいアタリとなって出る。このとき、一度竿をシュッと細かく振ってやると、スグに食ってくることが多い。
アジはアワセは必要なく、食ったらそのまま一定のスピードで巻いていく。10mぐらいなので、最後までアジの強い引きが楽しめる。

年々、アジは湾の奥へ奥へと入ってきていている。入ってくると何がいいのか? それは味が良くなるのだ。ここ、袖ヶ浦周辺の海も同様で、とにかくうまいと評判のアジが釣れている。長浦「こなや」がねらっているポイントは東京湾アクアラインよりも北側、つまりかなりの湾奥で釣れているということなのだ。
「うちは近場メインにねらっています。アジのサイズはその群れによっても変わってきますが、最近は30㎝以上の大型も多いですよ」と、「こなや」のアジ船担当の小沢一滋船長は言う。
実際、取材日は釣れたアジのサイズはほとんどが30㎝オーバーだった。
「今年は4月頃はすごい釣れていたんだけど、6月はあまりよくなかったです。それがここにきて潮の具合が良くなったのか、急に釣れ出しました」
ポイントは障害物周りと沖をねらいわける。障害物周りは、「これってメバル釣り?」と思ってしまうような場所も。当然、根がざくざくで、根掛かりに注意が必要だ。
ともに水深は浅くビシ40号のライトタックルでねらう。竿は2m前後のライトタックル用、リールは小型両軸。ロッドキーパーはなくても大丈夫だ。
仕掛けはムツバリ10号2、3本バリ。アジのサイズが大きいときは2本バリ、小型が多いときはダブル、トリプルねらいで3本バリがおすすめ。ただし、慣れていない人は、3本バリはからみやすいので2本バリのほうがいいだろう。
付けエサはアオイソメが配られる。エサの長さは2〜3㎝ほど。あまり長くしてもかじられるだけでハリ掛かりに直結しない。コマセはイワシのミンチ。

コマセはしっかりとまき、アジを寄せよう

コマセを切らさないことも必要だ。

その日のアジのサイズによるが、大型が多い場合は手元にタモを用意しておこう。このアジが目の前で逃げていくのを見るのは忍びないぞ。

アジの群れがいる場所に船を着けるなら、コマセは適度にあればいいが、沖のポイントでは、アジの回遊を待って釣るスタイルになる。このため、みんなでしっかりコマセをまいて、アジを寄せる必要がある。バタバタと釣れ出したら、コマセを切らさないことも必要だ。ここでコマセが切れてしまうと、群れは移動してしまう。このため、ある程度人数が乗っていた方が群れが集まりやすい。
釣り方は、海底にビシが着いたら1mほど上げ、コマセをまき2mへ。ここでもコマセをまいて待つ。タナはおおむね2〜3m。少し待って食わなかったら、一度ビシを着底させ、もう一度コマセをまいてタナを取り直してやる。ビシアジはここで食うことがとても多い。
2回目も少し待って食わなければ一度巻き上げて回収、再投入しよう。
この回収時、コマセが残っているようでは、あまり出ていない証拠。もう少し竿をシャープに振ってみよう。また、しばらくすると、コマセのカスがビシの編み目に詰まってしまい、コマセが出にくくなる。こんなときは、ビシのフタをあけてサカサにして振ってやれば落ちる。キレイにしてから再度コマセを詰めてやろう。
周りが食っているのに、自分だけ食わないようなときは、だいだいコマセが出ていない。ちょっと食わないな、と思ったらビシをチェックしてみよう。
食いが悪いときはじっくり待った方がいいときもあるが、基本は早く食わせていく。このため、タナにセットしたら、ゆっくり竿を上下させて誘ってやる。ここで食ってくるアジはしっかりと上アゴにハリ掛かりし、バレにくくなる。

噛み締めると甘みと脂がじわっと口の中に広がって、そりゃーもう旨いなんてもんじゃないね

まず最初にアジフライにしてみました。ひとくちかじった瞬間、ホワっとかな? ホクっとかな? アジの身がふわふわなのね。とにかく柔らかい。かみしめると甘みと脂がじわーっと口の中に広がって、うまいなんてもんじゃないね。

↓「旬の釣りアジで究極のアジフライを作ろう! 其の伍」も、ぜひお読みください↓

以上の記事は「つり丸」2012年7月15日号の掲載情報です。


つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
東京湾の元気者、カサゴ!簡単に数釣りが楽しめ、食べても美味しい!子供やビギナーにもオススメだ。夏場に向けて活性が上昇してゆくので、GWあたりにはガツガツッと元気なアタリと引きで楽しませてくれるはず。
更新: 2019-04-22 07:00:00
最新記事
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
静浦、多比、久料、古宇と小さな漁港が散在する沼津地区は、午前午後と二便制のマダイ船が特徴だ。港から釣り場までは近く、移動時間がかからないため、半日船でも十分な実釣時間が確保できるのは沼津沖ならではだ。
更新: 2019-04-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読