MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
高活性秋マダイ始動、数釣りを満喫する【新潟中越・寺泊沖】

高活性秋マダイ始動、数釣りを満喫する【新潟中越・寺泊沖】

寺泊エリアの「作十丸」では8月のお盆過ぎの時点ですでに数釣りモードに突入している様相を示す釣果が出ていた。秋のマダイは乗っ込みマダイとは逆に浅場から深場へと群れで落ちていく。その際に越冬するためのパワーを蓄えるため荒食いをおこなう。そのため高活性なマダイの群れに遭遇できれば入れ掛かり状態が堪能できるのだ。

今期の寺泊のマダイは高活性で元気一杯の状態。キロ未満の個体でも引き味は抜群。さらにツボにハマればマダイが入れ食い状態

このサイズのマダイたちは群れているので1枚ヒットしたらチャンスタイム突入の合図だ。釣りに集中しよう。

食べて十分おいしいこのサイズが数釣りできる。氷をきかせて大事に持ち帰ろう!

秋の涼しい日本海は気持ちがいい。最高の釣り日和を味わえる。

秋の寺泊沖のコマセマダイ釣りはけして難しくない。

ビギナーからベテランまで気軽にエントリーできるのが魅力だ。

一度スイッチが入ると連続ヒットする寺泊沖の秋ダイ。これからがまさにハイシーズンである。

エサ取り魚の一種、もしくはおいしいお土産になるアジはゲストとして多くまじる。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・寺泊港「作十丸」。

毎年、8月のお盆を過ぎ、涼しい日が多くなるとマダイが恋しくなってくる。高活性の秋マダイは沖釣り入門には持って来いのターゲットだ。
「マダイ釣りは運が全て!」「やれ潮上だから釣れなかった!」「今日は水色が悪かった」などの理由でコマセマダイ釣りが嫌いになりかけているベテラン釣り師が近年多いが、寺泊エリアの秋マダイは、そんな人たちにも最適な処方箋となること間違いない!
寺泊沖の今シーズンのコマセマダイは、お盆過ぎから好転傾向。例年通り多彩なゲストをまじえ数釣りの午前便、一発型狙いの午後便の様相を示している。
「作十丸」の五十嵐利男船長に聞いたところ、今期の寺泊のマダイはとにかく高活性で元気一杯の状態。キロ未満の個体でも引き味は抜群とのこと。
さらにツボにハマればマダイが入れ食い状態となり、8月中旬には1時間でツ抜け達成の常連さんもいるとのこと。これからさらなるハイシーズンを迎える秋の寺泊。期待値は特大だ!!

寺泊エリアでのタックル&釣り方

コマセはカゴのなかに半分くらいでよい。まきすぎはエサ取り魚を寄せるだけとなるので注意が必要だ。

付けエサはアピール重視でオキアミを2匹抱き合わせにする。

人工魚礁周辺を大流しするので、置き竿釣法が基本。

アタリを待つときは、ビシを指示ダナより下へ下げるのは厳禁だ。指示ダナより上からの落とし込みの誘いが有効である。

突然襲う強引な引き込みに注意! 大ダイもヒットするぞ! ドラグ調整を万全にしておこう。

以上の記事は「つり丸」2017年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
東京湾のアジは早春から絶好調だ。浦賀港「前田丸」では周年アジを狙って出船し、連日トップの釣果は70〜80匹前後。サイズは20〜37㎝級。場所は航程10分程度の浦賀沖。水深は70〜90mだ。コマセが効けばタナを取ってから数秒以内にアタリが出る!
更新: 2019-03-19 07:00:00
最新記事
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読