MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
御前崎沖金洲!群れ回遊カンパチ・ブリ!泳がせ&コマセ五目!

御前崎沖金洲!群れ回遊カンパチ・ブリ!泳がせ&コマセ五目!

大物聖地 銭洲同様、金になる瀬という意味の御前崎 金洲。青物の泳がせ釣りと同時にコマセ釣りで五目釣りができるのが魅力。今後は状況に応じて近場の御前崎沖も五目&泳がせスタイルで狙っていくという。

perm_media 《画像ギャラリー》御前崎沖金洲!群れ回遊カンパチ・ブリ!泳がせ&コマセ五目!の画像をチェック! navigate_next

ムロアジの湧き上々!カンパチ&ブリの群れ回遊!近場の大場所で楽しむ泳がせ&高級魚五目釣り

今期の金洲は カツオ・キハダの海

コルク張りの船上では一人分の釣り座はゆったり。くじ引きで席を決める

大物釣りの聖地で知られる銭洲同様、金になる瀬という意味で名付けられた、御前崎沖に位置する瀬、金洲。

遊漁では銭洲と同じく4月〜12月まで解禁だ。
銭洲と異なるのは、陸から近いということ。
静岡県内の遊漁船なら釣りが可能なポイントだ。

大場所といえども、その近さゆえのデメリットもある。
それはプレッシャーが入りやすいということ。
つまり魚がスレやすいということだ。

そんな金洲は今期、カツオとキハダに湧いた。
この魚たちは、なんと冬場から回遊しており、現在にいたるという。
コマセ釣りでは、5月から釣れ盛っている。

「カツオが例年以上に金洲の瀬に居つきましたね。
毎年こんな感じになっていくのでしょうかね。
そんなこともあり、環境がよくなったのか条件が整っていたのか、
金洲の五目ポイントには8月になるとムロアジが湧きました。
このことはカツオを狙っているときに分かりました。
金洲のカンパチはこのムロアジについているので、ムロアジが湧けばカンパチもいます。
昨年も8月になってからボチボチとムロアジの泳がせでカンパチが釣れたんです。
そんなわけで、ムロアジを金洲の瀬で泳がすとやはりカンパチが食いましたね。
今年はやたらとブリが多いですけど。
いずれにしてエサさえあれば飽きることなく青物とのファイトが楽しめてます。
9月いっぱいは泳がせ釣りをやっていこうと思います」とは、
御前崎港の老舗遊漁船、「博栄丸」の大澤洋輔船長の話。

この青物の泳がせ釣りだけではない、同時にコマセ釣りで五目釣りができるのも金洲の魅力だ。

なんといっても銭洲までいかなくても、ウメイロやジャンボイサキ、シマアジが釣れるのが金洲の瀬の特徴だ。

「五目で盛り上がるのは、秋深まるこれからですね。
コマセをまき続けていれば、ワラサやブリもオキアミを食うでしょうし、なにせ、カツオがまだ回遊してます。
状況次第でキハダも来ますから。
仕掛けはいろいろと用意してきてください」と船長は言う。

泳がせ釣りはまずムロアジを釣る。タックルは銭洲と同じ

シーズン限定ともいえる青物泳がせの釣り方から説明しよう。
釣り方、タックルともに銭洲と同じだ。

つまり、まずは専用のサビキでムロアジをつり、ある程度確保してから泳がせ釣りをするということ。

ゆえにタックルは、泳がせ用とエサ釣り用の2タックル必要となる。

ここでは、エサ釣り用は専用ではなく五目用でオーケー。
細かいタックルは仕掛け図を参照してもらうことにして、エサの確保、つまりムロアジの釣り方から解説しよう。

通常、五目用はビシ100号を使うが、ムロアジを釣る場合、アミコマセのみを使うので、上下の穴調整が可能なプラビシを用意。

オモリは60〜80号。

ビシは下窓を全閉にして上窓を3分の1ほど開けるのみとする。
コマセはアミコマセを半分から7分目くらい入れる。

サビキはチビムロ、もしくは中ムロアジ専用のサビキ仕掛け。
胴付きであれば、サビキの先に2〜5号ほどのナス型オモリを付ける。

サビキはスキンバケにこだわることなく、ハリス3〜4号のサバ皮サビキも有効だ。

釣り方はカンタン。船長の指示ダナ付近をウイリーシャクリの要領でシャクリ上げるのみ。
チビムロや中ムロアジが湧いているときは、銭洲や伊豆諸島と同じく、水面まで浮いてくる。
そんなときは水面がタナだ。できるだけ釣れるときに数を釣って確保しておきたい。

釣ったムロアジは直接手で触らず、ハリ外しを活用してイケスのなかへ入れる。
だいたい10〜15匹ほどあれば、とりあえず安心だ。

釣れないときは、使うタイミングをよく考えて使用することとなる。

表層に湧いたこのチビムロと中ムロアジをサビキで釣り上げてエサにする

エサを確保したら泳がせ開始 底から10mを探り続ける

カンパチが回遊するポイントは起伏が激しい根周りだ。
置き竿にしっぱなしでは、根掛かりをしてしまう。
だから、このようなポイントでは常に底を意識しタナを探る釣法が効果がある。

釣り方は、生きエサを投入したら底からゆっくりと10mほど巻き上げ続けるのみ。
10mあげたら再び底ダチをとりそれを繰り返す。
こうすることでかなりの高確率で根掛かりを回避できる。

アタリは巻き上げ中に竿先に出る。ムロアジが暴れたところがタナだ。
ムロアジがカンパチやブリに追われて暴れるところがそれだ。

そのアタリがでたら、いったん巻きを止め、手持ち竿で静かに待ち青物の食い込みを待つ。

スレている個体も多いので早アワセは禁物だ。
しっかりと下にグイグイをと引っ張られたら、竿を持ち上げて聞き上げよう。

ここでさらに引き込まれたら、本アワセをする。
少し強めにアワセを入れる。
ここからが勝負。すばやく根を交わすために強引に10mほど巻き上げるつもりでファイトしよう。

プレッシャーが入りやすい金洲では、エサの生きのよさが釣果のカギを握る。

できるだけ生きのよいエサをタイミングを見計らって投入することをこころがけよう。

魚探には反応がバッチリ。ベイトや青物がごったがえししている

五目釣りは、短めの仕掛けで勝負

ウメイロやイサキを狙い場合は、ハリス8号2〜3本バリでオーケー。
オマツリは必至なので慣れない人はハリ数を少なくするのが基本だ。

船長の指示ダナ下約5〜10m下よりウイリーシャクリの要領でコマセを振り出しながら上げてくるのが、ここの釣り方だ。

マダイのようにじっくり待つようなことはしない。
結果はすぐに出る。
アタらないときは仕掛けを回収しコマセを入れなおし、付けエサをチェックして再投入しよう。

マダイを狙いたいときは、ハリスを長めにする。10mくらいまではオーケーだ。

カツオが船の周りに回遊してきたら、ハリスは10号以上にして短くする。3mもあればいい。

というように、金洲の五目釣りは臨機応変に仕掛けを変えていくというスタイル。

泳がせも五目もと欲張りに釣りたい人は、五目釣りでエサになるムロアジが釣れたら、
イケスで生かしておき、ころあいをみてタックルを泳がせ専用にかえて泳がせてみよう。

周りと異なるタイミングで生きエサを投入すると思わぬ大物がヒットするかもしれない。

根魚から大型青物まで金洲 泳がせ&五目釣行レポート

五目はオキアミコマセ釣りで楽しもう

遠征釣りの代表魚のウメイロが金洲でよく釣れる

これが金洲名物のジャンボイサキ

ハリスは太めで!カツオも回遊中

青物との1対1の攻防戦を制する!

青物との豪快なファイトを満喫しよう

10kgオーバー青物のファイトはエキサイティングだ

取り込みは全員協力体制で。大船長がアシストしてくれる

近海ではなかなかお目にかかれないこんなサイズのカンパチが釣れるのが魅力! 

富士宮市の柏木さんはこの18kgと10kgの2本のカンパチをキャッチ

見事な腕前で12㎏のカンパチをあげて、つり丸の表紙をかざったのは西伊豆町の居山さん

泳がせ初チャレンジの筑波市の小山さんは7㎏ゲット

これは10kg。生きのよいムロアジにヒット

ヒットするカンパチは10kg前後がアベレージ

ブリ・ワラサのダブルヒットはザラ

女性アングラーもこのとおり、ブリキャッチ

美味しいハガツオも回遊中

泳がせにヒットするのはみなブリばかりだった

頻繁なアタリに、みな大満足釣果!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・御前崎港「博栄丸」

今年の金洲は5月から大賑わいだ。
春からカツオとキハダの群れが金洲の瀬に居ついて現在にいたる。

「うちはオモリの乗っ込みマダイが落ち着いた5月から例年どおり金洲で五目釣りをメインにやってますが、
こんなにカツオとキハダが釣れたのは初めてですね。
群れを狙って走り回らなくても、マダイ釣りのように流し釣りしていると、
カツオがコマセに付いてよく釣れました」とは、
御前崎港の老舗、「博栄丸」の若船長、大澤洋輔さんの言葉。

8月末にはカツオの群れも少なくなったので、五目釣りに切り替えたという。

「カツオがいいからか、例年以上にムロアジの沸きがいいように思えますね。
それに着いた青物の食いがとてもいいですね」と船長がいうように、
金洲の五目ポイントで釣れたムロアジを泳がすと、
7〜8㎏のブリと10㎏前後のカンパチがコンスタントにヒット。

乗船日には18㎏のカンパチや12㎏のモロコまで顔を見せた。

「博栄丸」では、五目ポイントでは生きエサの泳がせ、コマセを使った五目釣りなど基本的に釣り方は自由。

とくにコマセ釣りでは、近海では珍しくおいしいウメイロが釣れるので狙ってみるといい。

今後は、金洲だけでなく状況に応じて近場の御前崎沖もこの五目&泳がせスタイルで狙っていくという。

クーラーのなかはにぎやかになりそうだ。

以上の記事は「つり丸」2019年10月1日号の掲載記事です。

関連記事
季節問わず楽しめるLTアジ!「忠彦丸」さんに行ってきました!今回は2点掛けも連発、楽しい釣行となりました。「忠彦丸」さんは、女性割引があるのが嬉しいです!
冬の人気ターゲット「アマダイ」が早くも東京湾口で開幕!久比里「山天丸釣船店」でも、すでに50cmオーバーの特大サイズが取り込まれている。
アオヤギエサのカットウ釣りで狙う、大原港「敷島丸」看板メニューのショウサイフグが開幕!好スタート!取材日も良型が多く、乗船者全員が本命をゲット!
アベレージ40cm!50cmオーバーも期待大!!型ぞろいで数釣りもできる大型ルビーの宝庫!北茨城・平潟沖アカムツのホットなシーズン!
最新記事
タイラバ激戦区加太や明石エリアで鍛えあげられたタイラバロッド「タイゲームSSD C610L/FSL 15thアニバーサリーリミテッド」
カマスサワラ(スズキ目サバ科カマスサワラ属)本州以南、世界中の熱帯域から温帯域表層域を回遊している。昔は駿河湾・山口県以南にいたものが北上傾向にある。
人気の深海ジギングの救世主的両軸リール登場「マーフィックス」C3-RH/C3-LH
秋の東京湾、ルアーゲームの主役は青物!イナダからワラササイズのブリサワラ、小型のカンパチまで!青物ゲームが面白い!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル