MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【外房・飯岡沖】魚礁の大型マダイ!強気やり取り&太めライン!

【外房・飯岡沖】魚礁の大型マダイ!強気やり取り&太めライン!

飯岡沖のテンヤマダイが好調。魚礁周りでコンスタントに大ダイがヒット。大型を取り込むには多少の運も必要だが、太めのラインを使って、ドラグを緩めすぎず、強気のやり取りをするのが取り込む確率を高める。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

魚礁に着いた大ダイ狙い!ワンランク太いラインで記録物の大ダイを手にしよう!

ポイントは魚礁周り。水深は20m台〜30m台。

夏場から大ダイヒット中 しばらくは楽しめそう!

7月後半から、飯岡沖で大型マダイがコンスタントに取り込まれている。
9月前半の時点でも大ダイのヒットは継続している。

「昨年も夏から大ダイがアタるようになって、しばらく続きましたからね。
今年も長く続けば、冬前ぐらいまでは楽しめそうですよ」と話すのは、今回取材した飯岡港「梅花丸」の梅花亮佑船長。

大ダイがアタっているのは、飯岡沖に多く入っている各魚礁周り。

魚礁の周りでアタるので、大型が掛かったときは根ズレしやすいのが特徴。

取材当日も船中で2回大型がヒットし、そのうちの1回は走りが止まらず根ズレでラインが切れてしまった。

大型を取り込むには多少の運も必要となるが、太めのラインを使って、ドラグを緩めすぎず、強気のやり取りをするのが取り込む確率を高めるのだ。

ドラグ設定は1㎏以上 ハリス、道糸は太めで!

タックルは標準的なひとつテンヤ用でOK。
竿はひとつテンヤ専用。

10号、または12号ぐらいまでのテンヤに対応したもの。長さは2.1〜2.7mぐらい。

リールは小型スピニング。ドラグ性能が良いものをセレクトしよう。

大型が掛かってラインが出される時に、スムーズにラインが出ないとラインブレイクにつながってしまうからだ。

そして魚礁周りで大ダイを狙う時に重要なのがドラグ設定。

梅花船長によると「ドラグ設定は1kg以上」という。
ユルユルのドラグ設定だと、必要以上に魚を走らせてしまい、根ズレしやすくなってしまう。

少々強めのドラグ設定で、必要以上に走らせないことが、大ダイを取り込む確率を高めるのだ。

「ドラグ設定がわからい人は遠慮なく聞いてください。私が調整しますよ!」と梅花船長。

ドラグ設定にともない、ラインもワンランク太くしよう。

「リーダーは最低3号を使ってください。5号ぐらいまで太くしても大丈夫です。
リーダーが太いからといって食いに影響はありません。道糸もPE1〜1.5号をオススメします」と梅花船長。

テンヤによくアタっているが タイラバやジグでのトライも

当日使用した付けエサは冷凍エビ/エサ付けは1匹付けが基本、テンヤは10号ぐらいまで用意しておこう

取材当日は水深20m台〜30m台のポイントを狙った。

その時の潮にもよるが、この水深だと4〜8号のテンヤを使う機会が多くなるだろう。

ただし、どんな状況にも対応できるように、2〜12号ぐらいまで幅広い号数のテンヤを用意しておきたい。

またテンヤはカラーや形状もバリエーション豊富に用意しておこう。

当日、「梅花丸」で用意してくれた付けエサは冷凍エビ。上の写真がそれだ。

また、状況次第で生きエビも用意できるようなので、使用を希望する人は釣行3日前までに申し出るようにすること(生きエビは別料金)。

エビの付け方はいろいろあるが、オススメなのが上のイラストで示した方法。

頭部と尾部を固定するように孫バリを刺すので、頭部が取れにくいのが特徴だ。

梅花亮佑船長によると、「安定してエサを付けたテンヤにアタっています。ですが、タイラバやタイジグにアタリがいいときもあります。

テンヤでアタらないとき、また巻き物(タイラバやジグ)にアタっているときは、それらを試してみるのもおもしろいですよ」とのこと。

用意できるなら、タイラバやタイジグも持ち込むのがオススメだ。

特別重くなければ、タイラバもタイジグもテンヤタックルで楽しむことが可能だ。

キャストしての カーブフォールがオススメ

ひとつテンヤの釣り方は、テンヤを投入して着底させ、底付近でアタリを待つか、上へとタナを探っていくのが一般的な基本釣法。

この基本的な釣り方でトライするのもいいが、梅花船長がオススメしているのがテンヤをキャストしてのカーブフォールだ。

上のイラストで示したのが、その釣り方だ。
まずはテンヤをできるだけ遠くににキャストする。

テンヤが着水したらリールのベールを戻して、そのままテンヤをフォールさせるとカーブフォールする。

カーブフォールとは自然にちかいかたちでテンヤが落下するフリーフォールとは違い、ラインが張った状態で落下するので、テンヤが手前に向かってカーブするように落下するのだ。

カーブフォールさせると、フリーフォールさせた時よりも幅広い範囲をテンヤが通過する。

つまりフォールで広範囲を探れるのだ。

「大ダイはどこにいるかわかりません。だからカーブフォールで幅広く探るのです」と梅花船長。

主に狙う水深が20m台〜30mなので、30〜40mキャストするのが理想。

キャストする距離が短いとカーブフォールさせられる範囲も狭くなってしまう。

テンヤが着底した後は、1回シャクってアタリを待ち、再度シャクってアタリを待つ。

2回シャクってアタリがなければ、回収して再投入する。

魚礁周りに大型魚の反応!

強気のやり取りで記録物の大型を!!飯岡沖大型マダイ!釣行レポート

朝イチに大型ヒット!

梅花政輝船長がタモのアシストをしてくれる

取材当日の最大は4.3kgだった

こちらはキロオーバー

アベレージサイズがヒット

当日はキロ前後のサイズが数枚まじった

この日はトップ3枚

カサゴは定番ゲスト

巻き上げ途中にワカシがヒット

サワラも掛かった

ヒラメもヒット

マハタもまじった

9月1日の午前船は大ダイ連発!(船宿HPから)

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「梅花丸」

飯岡沖のテンヤマダイは、7月後半ぐらいから魚礁周りでコンスタントに大型が取り込まれている。

「昨年も夏から大ダイがアタるようになって、しばらく続きましたからね。
今年も長く続けば、冬前ぐらいまでは楽しめそうですよ」と話すのは、今回取材した飯岡港「梅花丸」の梅花亮佑船長。

取材は8月後半。この日の午前船で大型マダイと思われるヒットは2回。

朝イチのヒットは4.3㎏が取り込まれたが、その後のヒットは惜しくもラインブレイクとなった。

ポイントが魚礁周辺なので、走られて無駄にラインを出すとバラシの確率が高くなってしまう。

そこで梅花亮佑船長がススめるのが、1㎏以上のドラグ設定と太めのライン(PE1〜1.5号にフロロ3〜5号の組み合わせ)。

これで強気のやり取りが、今の飯岡沖の大ダイを取り込むコツだ!

以上の記事は「つり丸」2019年10月1日号の掲載記事です。

関連記事
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
駿河湾・沼津沖のタチウオゲームが面白い。タチウオの群れは濃い!夕マヅメから楽しむゲームはいろいろ。ジギング、エサ釣り、テンヤサーベルテンヤなんでもOKだ!
相模湾の定番メニューになりうる、タチウオゲームのタックルとは!?ロングランで楽しめている相模湾のタチウオジギング。エキスパート2人のタックルセレクトを中心に紹介する。
絶好調の湧きをみせる東京湾の美味しいマダコ。テンヤと餌木のどちらもOK!本牧港「長崎屋」のマダコは年内いっぱい狙う予定。お正月用のマダコを釣りに行こう!
茨城エリアのテンヤマダイがベストシーズン!アタリ多く数釣りが楽しめ、良型&大型もヒット!青物や根魚などゲストも豊富!タックルやラインシステムは万全の態勢で!
最新記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル