MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
茨城・波崎沖 マジ凄い釣果!タイやヒラメ乱舞!SLジギング!

茨城・波崎沖 マジ凄い釣果!タイやヒラメ乱舞!SLジギング!

スーパーライトジギング!ライトなタックルとライトなライン、軽量小型のジグを使い、いろんな魚を狙って釣る!スタイル。関東にも本格上陸!茨城・波崎港の「征海丸」がスーパーライトジギング船を開始。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

どこでも誰でも楽しめて ゲーム性が高くて面白い!SLJにチャレンジしよう!

スーパーライトジギングのタックルセッティング

スーパーライトジギングとは、その名の通りライトなタックルとライトなライン、そして軽量小型のジグを使い、いろんな魚を狙って釣ろう!というスタイル。

タックルやジグが軽いので、子供や女性、年配の方も手軽に楽しめるのが大きな魅力だ。

そして何よりも、使うジグが小さい、ということがこの釣りにおいてはもの凄く大きな意味を持つ。

ジグが小さくなったことにより、従来ジギングで主に使われている100gや150gといったジグにはまったく見向きもしなかった魚たちが、“狙って”釣れるようになったのだ。

実はその代表がイサキ。
スーパーライトジギングでイサキ!イサキ!と騒がれるのはそのためなのである。

つまりスーパーライトジギングは、「イサキがすべて」ではない。

北海道や東北ではサクラマスや根魚を対象としたスーパーライトジギングが大人気だし、北陸などではマダイのスーパーライトジギングも盛んだ。

要は、その場所その時期に釣れる魚すべてがスーパーライトジギングのターゲットなのだ。

さて、そんなスーパーライトジギングで使用するタックルだが、まずはラインについてだ。

スーパーライトジギングでは、PE0.8号が基準となっている。

もちろんそれよりも細い0.6号を使っても問題はないが、小さいジグは小さい魚だけがヒットするわけではなく、大きな魚もかなりの確率でヒットする。

細すぎるラインはトラブルも多い。かといって、ラインを太くしてしまっては使うジグが大きく重くなり、スーパーライトの意味がなくなってしまう。

つまり、最もバランスに優れた太さが0.8号というわけである。

リールのサイズやロッドはそれに合わせたものをセレクト。

とくにロッドについてはこのブームもあって各社から専用モデルが発売されているので、それを選べば間違いないだろう。

リールはベイトとスピニングがあるが、最初の1タックルはスピニングをオススメする。

この釣りはジグが軽いため水深が浅い場所を攻めることも多く、そんな状況ではジグをキャストして広範囲を攻めることが有効となるからだ。

ジグについても各社から専用モデルが発売されている。

ウエイトは30〜60gをメインに、100gまで用意すれば大半の場面で通用するだろう。

同じタックルで 魚を釣り分けられるのが凄い!

次は簡単ではあるが釣り方を紹介したい。

この釣りが凄いのは、同じタックル同じジグで、誘い方を変えるだけで魚を釣り分けられるということ。

上のイラストのように、今回実釣した波崎沖には生息していないが、スーパーライトジギングの代名詞ターゲットであるイサキは中層をフォール中心で誘う。

イナダやワラサ、そしてヒラマサといった青物はボトムから中層を速めのアクションで、マハタやカサゴなどの根魚はボトムを中心に3〜5m以内をネチネチと誘ってみるとよいだろう。

ただ、根掛かりには十分注意したい。

マダイは海底から中層までをただ巻きで。
ジグをあまりアクションさせないのが定番攻略法だ。

こんなことができる釣りは、このスーパーライトジギング以外にはない。

ぜひこの機会にチャレンジしていただきたい。

あまりの面白さにハマること間違いなしだ!

高級魚のオンパレード!! SLJ波崎沖釣行レポート

スーパーライトジギングのファイトはロッドを立ててしっかり曲げるが基本。
ライトラインでも確実に魚にプレッシャーを与えられる

青物ジギングではなく、スーパーライトジギングでこのサイズが難なく上がる。ラインは0.8〜1号。面白くないわけがない!

モーリスのテスターを務める“さぁや”こと蒼井さやさんはこんな大判ヒラメをなんと2枚も!
ラインはもちろんバリバス10×10、フックはバリバスの新作SLJ専用リトルモンスターだった

まさに座布団級の大型ヒラメ!ロッドはゼスタのSLJ専用スクランブルスーパーライトスペック、フックとラインはモーリス。こんな魚がPE0.8号で上がっちゃうんです

「あとはマダイが釣れれば完璧ですね〜」と皆で話していた沖揚がり直前、なんと本当に大ダイがヒット!ジグはデュオのドラッグメタルマダイのマダイカラーだった。SLJ恐るべし!

特大ハナダイもSLJで!

マハタも登場!ここでもゼスタのスロービーSLJやデュオのドラッグメタルが活躍!

超高級魚で知られるクエも登場!ジグはゼスタのスロービーSLJ!

「こんなサイズ絶滅したと思ってた…」と船長がつぶやいたほど貴重なサイズのアイナメもSLJで!

オオニベもヒット!

これは嬉しいサゴシ。もちろんSLJでヒット。ジグはゼスタのスロービーSLJだ

デュオの萩原徹さんはドラッグメタルで良型メバル!

こんなサイズがいるんだね…と皆が驚いた良型カサゴ!

イシナギ(右)やソイ(左)も登場。いったい何魚種釣れたことか…SLJの威力は本当に凄い!

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「征海丸」

九州や北海道、東北、中部など、いまや全国各地に広がり、大いに盛り上がっている「スーパーライトジギング」。

スーパーライトというだけにタックルもジグもライトなため、これまでのルアーには見向きもしなかったような魚までもがヒットし、しかも誰でもどこでも手軽に楽しめて、そのうえゲーム性も高いとくれば、単純に釣りとして面白くないわけがないのだ。

ところが関東にはそれを楽しませてくれる船宿がないからなのかその原因は不明だが、いまひとつ盛り上がりに欠けていた。

それがこのたび、ついに、ようやく、関東にも本格上陸! 茨城・波崎港の「征海丸」が、スーパーライトジギング船を開始することとなったのだ。

今回はそれに先駆けて、「ゼスタ」「デュオ」そして「モーリス」のスタッフやテスターたちを講師に迎え、釣具店「キャスティング」のルアー担当者たちを対象にスーパーライトジギング講習会が開かれた。

結果、大ダイ、大ヒラメ、ワラサ・イナダ、サワラ、大ハナダイ、カサゴ、マハタ、イシナギ、クエ、メバル、アイナメ、ソイ、オオニベなどと、なんとゆうに10魚種を超えたのだった。

この釣果、マジで凄くないですか?スーパーライトジギングは本当に面白い。

このブームに乗り遅れるな!

以上の記事は「つり丸」2019年10月1日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
良型中心、だがテクニカルな攻略が必要とされる。そんな状況が続く東京湾のタチウオジギング。「静かなジギング」をキーワードに突破口を探ってみよう。
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
最新記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル