MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大アカムツ確実釣果宣言・波崎沖カンネコ根編【波崎沖カンネコ根】

大アカムツ確実釣果宣言・波崎沖カンネコ根編【波崎沖カンネコ根】

今年、茨城海域でいち早く始まった波崎沖カンネコ根のアカムツ釣り。7月に開幕し、8月は小康状態。9月になって乗っ込みの群れがようやくカンネコ根に入ってきて、安定した釣果をたたき出すようになった。

9月から乗っ込みが本格化するのは例年どおりだ。12月いっぱいまで楽しめるぞ

アカムツ釣り名人“鬼攻め釣法”栂安正信。

アカムツ釣り名人“今期も後半ダッシュ型” 三沢育正。

アカムツ釣り名人“スローな誘いで攻略する” 泊政彦。

土日ともなれば、大人気のアカムツは満員御礼状態。だが、釣り座に関係なく釣れるのもこの釣りの魅力のひとつ。誘いがカギだ。

小さなアタリを捉える、感度よい穂先のロッドが活躍する。

置き竿ではなかなか釣れないアカムツ。混雑した船の胴の間でも誘いを駆使すれば、必ずアカムツはヒットする、腕の差が出る釣り物なのだ。

今期は数もさることながら、大型が多いのが特徴だ。

圧倒的な数をタタキだした栂安名人。攻めのスタイルは変わらない。

後半スパートタイプの三沢名人。しっかりと数をそろえる。

シケのなか、ダントツの釣果で竿頭の泊名人。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎「信栄丸」。

いまや関東のアカムツ釣り場の代名詞となっている波崎沖カンネコ根。
7月から始まったここのアカムツ釣りだが、9月に入ってようやく大きな群れが回遊してきた。
「今期、8月中はさっぱりだったけど、9月半ばにようやく大きなアカムツの群れが入ってきましたね。昨年、一昨年と絶好調だったので、あまり釣れてないイメージがありますが、9月から乗っ込みが本格化するのは例年どおり。12月いっぱいまで楽しめるでしょう」とは、波崎沖のアカムツ釣りに精通している波崎「信栄丸」の浮島和雄船長。アカムツのサイズが平均的に大きいのでこれからますます期待大と太鼓判を押す。
今期の特徴を聞くと、アカムツの群れがあまり浮いてないという。だから、ボトムから1mの範囲を仕掛けを上げ下げして丁寧に誘い続ける人に釣果が出ているという。
カンネコ根アカムツの攻略のカギはまさに“誘い”だ。アピールグッズと併用して、貴重な1匹を確実にものにしよう。激うまアカムツが待ってるぞ!!

アカムツ名人のタックルはこうだっ!

「信栄丸」で配られるエサはコレ。使う分だけ、手元に出しておいて、残りは鮮度を保つためにクーラーに入れておこう。

解凍したてのホタルイカが一番鮮度がよく釣れる。

エサはサバの短冊とホタルイカのゲソの抱き合わせが定番。

以上の記事は「つり丸」2013年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
いよいよ夏本番。走水沖ではブランドの夏アジが絶好調!連日30cm前後のジャンボサイズ主体に、束釣り(100匹)を達成して早揚がりもある。別格な美味!走水沖のビシアジは初心者や夏休みのファミリーフィッシングにもオススメだ。
更新: 2019-08-17 07:00:00
新子安恵比須橋の「だてまき丸」マゴチが宿の看板。一年の多くの期間をマゴチ乗合で出船しており、今シーズンも好釣果を出し続けている。これからの照りゴチシーズン!パワフルな夏マゴチの引きが堪能できるぞ‼
更新: 2019-08-15 12:00:00
平潟沖のアカムツ五目は、比較的浅場をライトなタックルで狙う波崎沖寒猫根と同様の、かなりお手軽カンタンなスタンスのアカムツ釣りだ。マゾイやアラなどプラスアルファも魅力!この夏はお好みのターゲットにチャレンジ!
更新: 2019-08-15 07:00:00
今夏は東京湾のマダコが絶好調。小柴沖のマダコは場所により小型もまじるが、2kg以上も多く、連日3〜4kg級が上がっている。最大は5.8kg!久々の爆釣シーズン!伝統的な手釣りはシンプルでビギナーにもチャンス大!!
更新: 2019-08-14 07:31:22
最新記事
極上美味ターゲットアラの釣り場は全国各地に点在するが、5㎏以上の「大」サイズは簡単には姿を見せず、「幻」と称されている。近年そんな大アラをエサ釣り、ジギング双方で高確率に「現実」に変えたのが、新潟間瀬港「光海丸」の小林聡船長。
更新: 2019-08-23 07:00:00
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
相模湾のコマセカツオ&キハダが8月1日に開幕。今シーズンはかなり良さそうだ! 開幕当初こそコマセにつかなかったが、「思った以上に湾内に魚が入っています。今年は期待できますよ」と小坪港「洋征丸」の高木洋征船長。
更新: 2019-08-21 07:00:00
「2019ダイワ カワハギオープン全国大会一次予選」(主催:ダイワ)が10月6日(日)~17日(木)(関東地区)に久比里地区、勝山地区で開催される。
更新: 2019-08-20 12:00:00
人気の高い東京湾のタチウオジギング。7月下旬現在、長浦港の「こなや」では、湾口部の大貫沖、富津沖、走水沖、観音崎沖、猿島周りといったメジャーポイントを中心に転戦中。F7=指7本という大型が連日のようにキャッチされている。
更新: 2019-08-20 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読