MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大アカムツ確実釣果宣言・能代沖編【秋田県・能代沖】

大アカムツ確実釣果宣言・能代沖編【秋田県・能代沖】

秋田の沖釣りでは、アカムツは根魚釣りでのマレな嬉しいゲストであった。それを近年のアカムツ人気の高まりで、釣り方、仕掛け、ポイント探索を進めて、専門に狙うようになったのである。能代沖のアカムツは、6月頃に始まり11月あたりまでがベストシーズン。新たなポイントが開拓されて、さらなる好釣果が期待できるだろう。

アカムツは誘いに敏感に反応する。だから、エサ、仕掛けを効果的に動かすことがキーポイントになる

アカムツ釣り初めての三浦さんに来た!!

仙台の釣り師、田村さん(左)が見事良型のアカムツをキャッチ。

「これでも小さいほうですよ」と盛岡から来た熊谷さん。良型がつ抜けすることもよくあるという。

朝日が美しい世界遺産の白神山地。その沖がアカムツのポイントだ。

能代港からアカムツ釣り場までは約1時間半。ベタ凪ぎの海を快走して到着する。

水深は120〜140m。人気のメバル釣りから派生のため、使用オモリは200号がご当地流。150号でも十分可能だろう。

オモリ200号だが、手持ち竿で誘うと高アピールする。

常連田村さんの仕掛け。ホタバリにフラッシャー、フロートパイプ、ビーズを組み合わせたもの。サバがいないので目立つ仕掛けがいい。

日本海の透明度の高い水中から深紅の魚体が浮かび上がった。

オニカサゴはテンビン仕掛けで専門に狙う。地元ではあまり市場価値は高くないが、釣り人には人気だ。

田村さんの釣果。高級魚がそろう。

「幻の高級魚ノドクロ」と呼ばれるアカムツが、秋田県の北部エリア能代沖で釣れている。
能代沖は根魚の魚影濃く、特に秋田でテリと呼ぶウスメバル釣りが盛んで、嬉しいゲストとして、まれにアカムツがまじることが知られていた。近年のアカムツ人気の高まりでターゲットとして注目されて、能代港から専門の乗合、仕立の出船が増えてきている。
初夏から晩秋が盛期で、能代北沖から青森県境沖の120〜170mダチを中心に、オモリ200号で釣っている。仕掛け、釣り方はさまざま試されているが、茨城エリアと同様に、胴付き仕掛けで誘うことで良い釣果が出ている。
取材日も、タナを探るように仕掛けを動かして、注目を高める組み立ての二人に本命が連発。アカムツは誘いに敏感に反応するので、エサ、仕掛けを効果的に動かすことがキーポイントになるのだ。能代沖はサバなどの妨害が少ないので、アピールグッズも効果的に使える。
ゲストにウスメバル、ムシガレイ、そしてアラも釣れてくる。捨て糸を詰めて、または片テンビン仕掛けで、合間にオニカサゴを狙ってみるのも面白い。釣趣と食味が楽しめる秋のシーズン。釣行はお早めに!

以上の記事は「つり丸」2013年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連するキーワード
関連記事
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
東京湾のアジは早春から絶好調だ。浦賀港「前田丸」では周年アジを狙って出船し、連日トップの釣果は70〜80匹前後。サイズは20〜37㎝級。場所は航程10分程度の浦賀沖。水深は70〜90mだ。コマセが効けばタナを取ってから数秒以内にアタリが出る!
更新: 2019-03-19 07:00:00
最新記事
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読