MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【福島・小名浜沖】乗っ込み開幕&大型乱舞!アカムツ完全攻略!

【福島・小名浜沖】乗っ込み開幕&大型乱舞!アカムツ完全攻略!

福島県・小名浜沖は2シーズン目を迎えるアカムツの高ポテンシャルフィールドだ!ぜひあなたの腕試しの場に!ポイントの状況、小名浜アカムツタックル、仕掛け、エサ付け~釣り方まで完全攻略法を紹介!

小名浜沖 秋シーズン開幕中

今期で2年目を迎える福島県小名浜沖のアカムツ。

比較されるのが茨城県の波崎沖や高萩沖だが、ポイントの状況はほぼ同じと考えてよい。

昨年は、8月ごろから開拓、ぼちぼちと釣れはじめポイントが水深130m前後から始まり、年末には水深200m前後に移し年明けに終了した。

もともとアカムツは回遊魚だが、この海域も波崎沖カンネコ根と同じくシーズンがずれると1匹残らずアカムツがいなくなってしまう。

しかも魚探反応が出ない魚なので、船長たちにとってはかなりやっかいなターゲットでもある。

今期も同様にシーズナブルな釣れっぷりが予想され、ここ小名浜沖の年末ぐらいまで楽しめるだろう。

明らかに処女地であった昨シーズンとは異なり、いまのところ、群れの固まり具合はよくないが、釣れすぎだった昨年との比較なので、一般的には十分な釣果がのぞめるだろう。

そんなこともあり、今期はプレッシャーが入りやすい茨城県海域と同様な釣り方が有効な傾向が高くなっている。

つまり、釣り人のテクニックで釣果に差が出やすくなっているのだ。

とはいうものの、まだまだ未開のフィールドなのでポテンシャルの高さが最大の魅力だ。

他のフィールドではなかなか味わえないような大釣りも期待できる。

そして、個体の状態はお墨付き。脂たっぷりのメタボなアカムツばかり。

アカムツ釣りに自信がある人は、このフィールドに来たなら腕試しを、ビギナーなら基本釣法を忠実に行いまずは貴重な1本をゲットしよう。

使用オモリは150号もしくは120号。仕掛けは2本バリで

さて、小名浜沖でのタックルだがまずは仕掛けについて。

ポイントの水深が140m前後なのでオモリはいまのところ、150号を使っている。

群れがもっと浅場に固まるようであれば、120号に変更することもあるという。

仕掛けは波崎沖カンネコ根と同じく2本が主流。

昨年は3本バリが活躍した状況もあったが、この秋は2本バリで十分。

理由はアカムツが単発でヒットすることが多いことと、サバ避けのため。

カンネコ根ではサバが多いときは2本から1本バリにして釣ることが多い。

だから、ハリ数は2本で十分なのだ。

仕掛けのバランスは好みになるが、ハリス5〜6号50㎝、幹糸8号1m、ステ糸5号1m〜1.2mのいたってシンプルなものでよい。

ハリはホタ16〜17号、またはムツ17〜18号。

浮力系アイテムであるマシュマロボールのカラーも好みでよく、サバが多いか少ないかで使いわけるとよいだろう。

つまり、サバが多いときはグローやイエローなどアピールカラーではなく、オレンジやレッド、ノーグローのものを使用。

マシュマロボールの数は1〜2個。

フロートパイプを入れてもよいが、ケイムラカラーはサバにかなりアピールしてしまうことも覚えておこう。

仕掛けの投入後、フォール中にサバに掴まってしまうときは、思い切ってアピールアイテムは外してしまおう。

エサはサバの切り身とホタルイカゲソの組み合わせ

エサはホタルイカとサバなどの切り身の組み合わせ、いわゆる基本形でOK。切り身は緑や赤、青に染めてみるのもよい

エサの選択はかなり重要だが、まずは基本形であるサバの切り身とホタルイカのゲソの組み合わせで十分と理解しておこう。

サバの切り身は、エサ持ちのよさを期待したもの。

だから、サケ皮やヒラメ皮、メバル皮などもオーケーだ。

使用するときに注意したいのは、アカムツが吸い込みやすいように、切り身なら身をできるだけ削ぎ薄くすること。

魚皮はすでに薄いのでそのままでよい。

これにアレンジを加えるなら、魚皮染めだ。緑や赤、青などが実績があるが、絶対コレという色はないので、いろいろと試してみるとよい。

ホタルイカは、エンペラの筒の部分とゲソを分離させゲソの目と目の間にハリをさす。

集魚効果があるのは肝なので、かならず肝が外れないようにハリ付けすることが大切だ。

中オモリの使用も好みでよい。

使うなら5〜10号オモリ。道糸と仕掛けの間に接続する。

手持ち竿で静かに誘って エサのフォールでアピール

釣り方は茨城海域と全く同じ。ポイントの底は泥地。

根と根の間を攻めることとなり、起伏は少なく根掛かりもほとんどない。

仕掛け投入後はイカ釣りのように竿先を下にむけ一定のテンションで仕掛けをフォールさせる。

こうすることでかなりの確率でサバ避けになる。

オモリが底に着いたら、すばやく糸フケをとりまずゼロテンションでアタリを待つ。

アタリがなければ、50cm〜1mほど竿先を海面に送り込みタルマせる。

道糸が張るまで静かに待つか、意図的に張ってやり再びゼロテンションでアタリを待つ。

これでもアタリがなければ、オモリを移動させるために竿を静かに聞きあげてゆっくりと竿をもとに戻し底ダチを取り、再びゼロテンションでアタリを待つ。という一連の動作を繰り返そう。

この動作により仕掛けが水中でどのような動きをしているかを理解することも大切だ。

これらの動作はエサの落下とエサの静止状態を作るためだ。

アカムツは落下してくるエサに強い興味をしめし、静止したときに捕食する。

その習性を利用してアカムツのバイトまで持ち込むのだ。

この一連の動作でアタリがないときや道糸は斜めになりすぎたときは、リセットするためにいったん回収してエサを付け直して再投入しよう。

アタリが出たら一呼吸おいてから聞きあげてみる

アタリは竿先に明確に出ることが多い。
だが即アワセは禁物だ。

そのまま、アタリが出ている竿先を静かに眺め一呼吸おいてから竿をゆっくりと聞き上げよう。

テンションをかけてズッシリと重みを感じたり、グングングンと引くようなら、聞き上げの頂点で電動スイッチオン!中速程度で手持ち竿のままで巻き上げよう。

聞き上げ中にあまり変化がなければ、再び誘い動作を継続する。

ヒットしたときは本命アカムツなら回収距離が残り100mを超えたあたりからガクガクガクと引くハズだ。

そして、残り10mぐらいで再び引く、そうなればさらに本命である確率がアップ。

海面では必ずタモ入れをする。

海面でのひと暴れもしくはテンションの変化でポロっとハリ外れすることも多いからだ。

海面に浮上したアカムツ。ハリ外れはこの状態でも起きる

高ポテンシャルフィールドの小名浜沖!大型アカムツ釣行レポート

大型アカムツ乱舞!ポテンシャルの高さを体感する

この日の使用オモリは150号。軽量で軟らかめの竿が流行りだ

アカムツ釣りのレジェンド、栂安さんは、テクニックを駆使して見事50cmの大型アカムツをキャッチ!

このサイズを1本捕れれば大満足だが、これが複数本釣れる

メタボなアカムツが浮上中。食も抜群だ

久喜市のアカムツ名人、遠藤さんも45㎝の良型をキャッチ

小名浜沖といえどもタックルは普段使い慣れたものでよい/遠藤さんの釣果。堂々7本キャッチ

2本バリの上バリに水面でシイラがヒット。下バリにはしっかりと大型アカムツが付いていた

栂安さん絶好調!後半連続ヒット中

これが名人の実力だ!!

小名浜沖で今シーズン、誘いテクニックを駆使し結果を導いた栂安名人、さすがだ

この日の最大は50cm。ヒゴイのようだ

この日の乗船者は全員ヒットでボウズなし

今回、取材にご協力いただいたのは、福島・小名浜港「第八龍神丸」

アカムツは乗っ込みシーズンに突入中。

アカムツフィールドの太平洋側の最北にあたるのは福島県小名浜沖だ。

福島県海域には広範囲でアカムツが釣れることが近年確認されているが、良型がまとまって数釣れる実績があるのがここだ。

「今年で2シーズン目ですが、9月になってようやくアカムツの群れが固まり始めたようです。昨年は10月から12月がよかったので、今年も期待してます」とは、小名浜港「龍神丸」の佐藤忠年船長の弁。

小名浜港から約17マイル沖の水深140〜150mの根と根の間の泥地がポイント。

「メバルやアジのように魚探反応を出さない魚なので、本当に手探り状態です。昨年は群れにあたると誰にでも簡単に釣れましたけど、今期は上手に誘わないとなかなか釣れませんよ」と、佐藤船長が話すように、ポテンシャルの高いこの海域も茨城海域と同じように“誘い重視”、つまりテクニックで釣果に差が出るようになってきている。

茨城県の波崎沖や高萩沖で釣るスタイルとほぼ同じと思ってよい。

9月初出船日に最大50cm、良型ばかり8本のアカムツをそろえたアカムツ釣りレジェンドの栂安政信さんは、このポイントを10年前のカンネコ根のようだと話す。

シーズンは始まったばかりでこれからますます良型狙いができる小名浜沖。

今後も大注目のフィールドだ。

以上の記事は「つり丸」2019年10月15日号の掲載記事です。

関連記事
日立久慈沖のテンヤマダイがおもしろい!乗っ込みの大型が顔を出し、青物や各種根魚といった多彩なゲストも!取材後の5月22日には、4.5㎏の大ダイ&2㎏の中ダイと3〜7㎏のワラサ・ブリも取り込まれている。
茨城・日立エリアの夏の風物詩的な存在のターゲット!ムラソイ!究極のスーパーシャローフィッシング!海底が見えるような超浅場で超スリリングなゲームを堪能あれ!
6月1日に銚子・飯岡沖のヒラメ釣りが解禁!夏ビラメはピンポイント流しに有効なライトタックル釣法がおススメ!! 今期はライトで気軽にヒラメ釣りを満喫してはいかが。
初夏の数釣りを楽しむならコレ!東京湾のシロギス!明確なアタリと元気な引きが楽しくって夢中になってしまう!!数釣りシーズンはビギナーにもオススメ!
剣崎沖のイサキは6月から開幕!釣れるイサキは極上の美味魚で、ジャンボサイズもまじる!ウイリー仕掛けを使ってシャクって食わせよう!!
最新記事
日立久慈沖のテンヤマダイがおもしろい!乗っ込みの大型が顔を出し、青物や各種根魚といった多彩なゲストも!取材後の5月22日には、4.5㎏の大ダイ&2㎏の中ダイと3〜7㎏のワラサ・ブリも取り込まれている。
茨城・日立エリアの夏の風物詩的な存在のターゲット!ムラソイ!究極のスーパーシャローフィッシング!海底が見えるような超浅場で超スリリングなゲームを堪能あれ!
なかなか釣りに行けない今こそ、魚のさばき方を勉強しておきましょう!! 今回は「平べったい系」の代表、ヒラメを5枚におろします!
6月1日に銚子・飯岡沖のヒラメ釣りが解禁!夏ビラメはピンポイント流しに有効なライトタックル釣法がおススメ!! 今期はライトで気軽にヒラメ釣りを満喫してはいかが。
巣ごもり企画として展開するアシストフックの作り方講座、短期連載の2回目は、ツインタイプのアシストフックの作り方を紹介しよう。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読