MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
伊東沖(たか丸)で狙う大アカムツ釣りの仕掛けと釣り方

伊東沖(たか丸)で狙う大アカムツ釣りの仕掛けと釣り方

東伊豆伊東港「たか丸」はほぼ周年、中深場の根魚釣りで伊東沖周辺に出船している。そのメインターゲットはアカムツ、しかも「大アカムツ」だ。とにかくおいしい超高級魚だけに30cm級でも釣れれば大喜びだが、「たか丸」では40〜50cmクラスがアベレージ、50cmオーバーが上がることも珍しくない。大きな期待を胸に、いざ釣行だ。

8人中7人が本命を釣り上げた。1匹釣れれば満足というサイズのアカムツだけに、数のほうも「爆釣」といっていい

なんと53㎝と47㎝の大型アカムツの一荷!!

産卵前のでっぷり太ったアカムツ。脂が乗って最高の食味が味わえる。刺身、塩焼き、煮付け、どんな料理にしても、超高級な味わい!

大型をタモに収めて一安心していたら、その下にさらに大きなアカムツが掛かっていた。大型一荷に歓声がわいた。

この日は船中8人で11匹のアカムツが上がった。ほとんどが40〜50cm級の大型で、1匹でもお土産十分。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・伊東「たか丸」。

伊東港「たか丸」はほぼ周年、中深場の根魚を狙って出船しているが、そのメインターゲットは「大アカムツ」だ。
現在、伊東沖周辺の水深300m前後のポイントを狙っているが、釣れるアカムツの型はアベレージで40㎝台後半から50㎝級。50㎝オーバーも少なくない。まちがいなく〝大〟アカムツ狙いと言えるだろう。
「時期によって釣り場は変わりますが、常に大型狙いのポイントを探るようにしています」と話すのは、「たか丸」高瀬健太郎船長。
その言葉通り、取材日最初のアタリは、なんと53㎝と47㎝の大型アカムツの一荷!! その後もコンスタントに大型が食ってきた。
結局この日は船中8人で11匹。ボウズがひとり出てしまったものの8人中7人が本命(しかも大型)を釣り上げた。1匹釣れれば満足というサイズのアカムツだけに、数のほうも「爆釣」といっていいだろう。
型、数ともに期待十分の東伊豆のアカムツ釣り。「周年狙えますが、10月ごろは食いも活発で、食味もバツグンです」とのこと。ぜひ兆戦を!

「たか丸」のアカムツ仕掛け・アカムツの釣り方

ロッドは胴に乗るタイプのやや軟らかいものがオススメ。ワンピースのライト泳がせ竿などを流用するひとが多い。

オモリは200号を使用する。

エサは頼めば用意してくれるが「各自持参」が基本。ホタルイカやサバの切り身、冷凍イワシなど。

エサも色々試してみよう。イワシエサには大型のクロムツが食うことも。

ポイントの水深は300m前後が中心。PE5号以上、400m巻けるリールを。

底に着いたらオモリを1〜1.5m巻き上げて待つ。まめな底ダチの取り直しが好釣果につながる。

以上の記事は「つり丸」2013年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読